百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

年末…  


PC290003.jpg

   弟と大阪に遊びに行ってきました。
   まず ロシア料理屋にいって ランチを食べて…


PC290004.jpg

PC290005.jpg

   弟は肉料理を 僕はロシア料理名物のボルシチを…
   そして ロシアンティーを… イチゴジャムとバラのジャムで 熱いお茶はとても美味しかった!!!


PC290006.jpg

   地下鉄の通路が まるで美術館のように 絵画を飾っていた。
   もちろん贋作だが けっこういい雰囲気で… 惜しむらくは 額縁が新しすぎる
   もう少し 古めかした額物に入れて欲しかったかな。

   後は ガンダムとガンダムガンダムと… まぁ そう言う事です。



スポンサーサイト

category: 雑記

あっーーー パソさんご機嫌ななめです。  

PC230177.jpg


今日の朝から パソコンさんがご機嫌ななめ状態に突入しています。
昨日の寝る前は 普通に使えたのに… 何故か朝になって ネットに繋がらない
繋がっても不安定といった感じで…

おそらく セフーティーネットの何かが反応している様なので 数日で治す事が出来るとふんでいる。
あっーーー 初期化するかなぁ…
其の為 あまりブログ訪問も パソさんのご機嫌をとりつつ…なので あまりできないのですよ。
蜜柑色の扉と 探偵もどきの最終話は パソ嬢のご機嫌が直ったら 載せる予定。
予定は未定の友達とも言うが…

取り敢えず 上の写真にスズメは何羽いるでしょうーーーー

category: 未分類

猫劇場 サンタさんを待ってみた  

PC240180.jpg

  いいこの所には サンタさんがプレゼントを持ってきてくれるらしいよ。


PC250181.jpg

  サンタさん 暖かいこたつ♡


PC250184.jpg

  サンタさん 美味しいごはん


PA200068.jpg

  平穏で静かな日常!!!!!!!! 


PC200023.jpg

  サンタさんのいじわる 寒い寒い雪を持ってきたよ…


PC100172.jpg

  取り敢えず 炊飯器の上は暖かいです サンタさん ありがとう

category: 猫劇場

tb: 0   cm: 9

蜜柑色の扉  

PC100068.jpg

寒い 寒いですーーーーー
今回は途中です 上下 二回に分けます。
と言うのも 一度終わりまで打ちこんだのですが ネットの線が外れかけていて 
後半部分が 消えてしまった…
もう一度 打ちこむ気力がわかなくて 今回はここまでです。

下記からどうぞです。
-- 続きを読む --

category: 色とモノ

おそらく 見てはいけないもの…  

PC190174.jpg


近所の駅で 歳末助け合いの募金活動をしていた。
珍しいのが 信貴山の修験者の方々が募金活動をしているらしく 
坊主の薄い装束 手には何か鐘とか鳴らしながら 読経をしていて…
募金をするとお札を 宜しければどうぞと手渡された。


僕の住んでいる場所が田舎の為か… 此の冬場や 夏の暑い時期には 修験者の方が
各 家々を門づけしながら歩くのですよ。
だから へぇーーーーと思いつつも まぁ 納得と言うか…

其の後 コンビニの入口付近に立って タバコをふかしている修験者の方が…
おそらく 交代で休んでいるのだろうと思うのですが
何かね 見てはいけないモノを見てしまった気分です。
年老いた僧侶が 悠然と煙草を楽しんでいるのは 絵になる だが…
妙に若い修験者がコンビニの入り口で立ったまま タバコをのむ
なんかね 大学の新入生が ぎこちない手つきで いや 違うな。
うん 何だろう 個人的我儘としてみたくなかった。

あっ そう言えば 以前京都に行った時は 落ち武者のような衣装の方が 
コンビニで雑誌を立ち読みしていた。
うーーーん 映画村 近くはなかったはずなのだが…

category: 雑記

tb: 0   cm: 9

冬のミステリー  

P2060006.jpg


僕の祖父が子供の頃の 祖父の住んでいる村であったミステリー。
いまだに よく解らない…

一人の十代後半の女性が失踪 其れも 雪がシンシンと降り積もった昼間に…
村だから 結構簡単に探せるし 外部に通じている道も数本だから 簡単に封鎖できるし…
だから 簡単に見つけ出せると思っていたのですが 見つからない。
村総出で探したが… 見付からない。
此れは 駆け落ちかと でも そんな噂になる様な人物いたかと 納得できないが
女性一人で 村人総出の捜索を突破できるだろうかと…
徐々に捜索を広げていったのですが 見付からない。

そして 日数は曖昧なのですが 一週間とか 二週間とか経った頃に 見付かりました。
村の共同の納屋のような場所で 裸足で 外套もない状態で
唯 その女性は 其の間の記憶を失くして そして 言葉もなくした。
どこで如何していたのかよく解らないのだが…
村の中から出ていない そして 村人総出ですからねーーー おそらく 一人だったのか…




category: 雑記

tb: 0   cm: 9

幽霊を待ち侘びて  

PC300019.jpg


続きです。
下記からどうぞです。
-- 続きを読む --

category: 幽霊を待ち侘びて

tb: 0   cm: 7

十一月の検索結果ですーーー  

P4020022.jpg

十一月の検索結果ですーーーーーー

「 ぬこ nnn 」 「NNN 猫」 「NNN 陰謀」
  相変わらず NNN は元気よく活動中です。

「amazon 未発送のまま」 「アマゾン 未発送」 「アマゾン 在庫あるのに未発送」
  アマゾン… ここも相変わらず 電気です

「ディデュマのアポロン神殿」 「ギリシア メデューサ」
  地味にいつもある遺跡系…

「ポーランドボール 日本 猫耳」 「ポーランドボール ネコミミ 何故」 「日本 ネコミミ ネコ尻尾」
  猫耳も勢力拡大中

「奈良 海の日 天皇陛下」 「海の日 川の日」
  此の類 数件ある… 何故?????

「うりざね顔・富士額」
  … いまいち書いた覚えがないのだが…

「アンカレッジ空港 うどん のれん」 「イグノーベル賞 授賞式 紙飛行機」 「クッキー缶 罠」
  はいはい 書いた書いた!!!!!

「キャラ 頭に葉っぱ」
  ふなっしーの事でしようか…

「コミルフォ 意味」 「白い人形」 「ワタリガラス 人形 イラスト」
  小説の断片かなぁ… そして イラストは無理ですから!!!!!

「二上山 鬼」 「百鬼夜行 鬼美人」 「江戸時代 オカルト」
  偶に 不思議系引っかかってますね…

「冬の主菓子」 「ブログ通信簿 性別 基準」 「猫 劇場」 「山田 章博 画集」 「男子 シンクロ」
  … 微妙なあたりが… 特に 冬の主菓子 ロシアからの検索だよ…

category: 雑記

tb: 0   cm: 5

幽霊を待ち侘びて  

P1040025.jpg


遂に題名決めました。
シンプルに 「幽霊を待ち侘びて」です。

下記からどうぞです。
-- 続きを読む --

category: 幽霊を待ち侘びて

tb: 0   cm: 9

何となくの雑談  

PB300166.jpg


自分の作品の登場人物のイメージを表してみようと言う事で…
遊んでみました。

殆ど唯一のヒロイン  ゾーラさん!!!!
イメージカラーは 灰色がかった銀色  よく見ると端正な華やかさって感じですね。
霧雨かなぁ… 細い銀色の雨粒が落ちてくるイメージ 

そして ハロルドは… ド派手な赤系のイメージもあるし 反対にモノトーンのイメージもあるし…
雪混じりの雨 霙のイメージだなぁ 冷たい冷たい雨…

ワトスン君は… 蒲公英色ですねーーーー 明るい暖かい黄色系
甘雨かなぁ 優しい雨ですね。 

アルフレドは… 江戸納戸 抑えた紫系 ハロルドとはまた違うが 色々とね…
時雨ですね 秋の終わりから冬の初めに降る 冷たい 降りやまない雨

アリアは 赤です 其れも 一本百円の安っぽい薔薇の赤です。
夕立 スコールですねーーー  元気よくざっばぁぁぁぁと降ってくる夏の雨ですね。

ワタリガラスの男は… 烏の濡羽色にしておきます… 黒系しか思いつかない
そして 天泣かなぁ 狐の嫁入りですね。

人形は これは 白磁かなぁ これは此れで 白系しか思いつかない。
淡雪かなぁ 儚げで 何処までも綺麗で そして 消えてしまう。

いかれた兄ちゃんは…瑠璃紺 兄ちゃんは宇宙を目指すって感じで…
俄雨  まぁ きまぐれですから…

category: 雑記

tb: 0   cm: 7

十一月に書いた小説まとめ  

PB210159.jpg


ああっーーー 無事に はやぶさ2 打ち上げられましたね。
軌道にも乗り 重要機器も正常に動いていると確認され 初めての映像も送られてきていた。
取り敢えずは 順調かなぁ。
地球に帰った来るのは 約六年後 2020 年の末予定だとか…
其の頃は どの様な時代になっているのだろうか…
六年って時間は遠く感じられるが 結構近い 
そして 近いと思っていても 確実に色々と時代が変わったと感じられる 絶妙な時間の長さ。
僕は 既に二十歳を超えていて 何を思い描いているのか…
六年後は いい酒でも飲みながら 此の打ち上げられた日の事を思い出し こーゆー記事を こーゆーブログを
やっていた事を思い出したい。


と言う事で 十一月に書いた小説の纏めです。

猩々緋 の秋
  色とモノシリーズ 燃える様な赤色ですね。

華麗なる大円舞曲  魔女は料金分働く
  シンデレラの王子様視点からの話です 思いっ切りギャグです。

鈍色の断片
  断片です まだ熟していなくて頭の中で転がし中です。

ペールオレンジの少女
  色とモノシリーズ 肌色ですね 少し恋愛モノかなぁ。

題名未定の学園モノ 1  
  ホラーでも SF でもなく学園モノ そして少し昭和初期の怪しさを目指している。



category: まとめ

tb: 0   cm: 5

寒い。  

P9050049.jpg


寒いーーーーーー
取り敢えず 名前のない あやつの続きです。
下記からどうぞです。
-- 続きを読む --

category: 幽霊を待ち侘びて

今年もそろそろ  

PA250097.jpg


そろそろ年賀状の準備をしなければ不味いのだが…
毎年 限界になってから書いていたりする ここ数年 余裕をもって書いていない。
でもね 何というか… ある程度はと…
偶にね 裏は市販品を買ってきたモノで 表はパソコンか何かで住所を打ち出して印刷したって感じで…
いただいても 本人が書いた部分が一切ないってモノもがあったり…
あの類は 僕はいまいち嬉しくないので 僕はある程度は差し出す個々人に合わせて 年賀状を変えている。

そして 親には友人から送られてくる 子供の写真入りとか ペットの写真入りとか…
あれも微妙だと思うのは 僕が子供だからなのか…
あった事もない子供の写真入り年賀状って おそらく親戚とか両親用に作ったモノの使いまわしなのだろうが
うーーん せめて 凄く日常的なモノではなく せめて めでたい感じにするとか…
あの子供の写真入り年賀状って微妙だと思うのだけどなぁ…

category: 雑記

tb: 0   cm: 9