百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

幽霊を待ち侘びて 6    

P1270027.jpg


 桜の木が 薄らとピンク色に染まっている。
まだ 蕾すらない木の枝状態なのに 霞がかかった様に 薄らとピンク色。
なんかね 此れを見ると ああっーー 春が近づいてきたなぁ 日の光だけが一足先に春に近付いている様な
光の春ってかんじで…
そして ああっー 花粉の飛散が近づいたなぁと現実に戻る。
今年は 結構 飛散量多いといっていたような…

取り敢えず 幽霊続きです。
下記からどうぞです。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 幽霊を待ち侘びて

猫ーーーーーーー  

P1200018_20150122091421dfa.jpg


鳥の写真を載せ乍ら 猫なのですよーーーーー
何回か書いていますが もち姫は結構な大病を患っています。
大きな病気が二つ… 糖尿病と慢性の腎不全と… 何方も治る事のない病気。
人であれば 糖尿病は食事療法とインシュリンとで完治したりするのですが 
猫は… 獣医さんによると 今まで治った猫いただろうかって感じで 発病すると もう治る事のない病気で…
腎臓も 一度組織が壊れると再生する事はなくて 病気の進行を遅らせる事しかできない…

特に もち姫は もう超高齢で… 無理な治療はできない 強い薬を使っても 体が其れを受け入れる事が
できなくて 副作用だけがでてしまう。
だから 治療は基本的に 体が楽で生活の質を保つ事を重点的にしてきた。
点滴とインシュリンの注射を続けていて…

でも 昨年の夏から 医者に行っての点滴治療を絶っている。
何故ならば 夏の暑さが辛いもち姫にとって 点滴の為に出かける事がストレスになっているらしく
夏の間 唯ひたすらに 寝ている様な状態になっていた。
そこで もう 無理をさせたくないと インシュリンの注射だけを続けて 医者に行く事を中断した。
そうすると ストレスから解放されたのか 徐々に元気を取り戻してきて…

そこで 此れから如何したらいいのかと 考えてしまうのですよ。
此のまま ゆったりと生活させてあげるのがいいのか 其れとも 病院へ行く事を再開すべきか…

category: 雑記

紙皿のネックレス  

P1200023.jpg


帰ってから写真を見たら… 猫さんの首に何がついているの??????
ご飯を入れてもらっていた 紙のお皿を突き破って ネックレス状態になってしまったのかな。

偶にいるのですよね 特に鳩 !!!!!!!!
貰った食パンを食べていて 其の儘食パンに穴をあけて 食パンのネックレスつけている鳩が…
うーーん とってあげたいが 近付いたら逃げるだろうなぁ。
紙皿ならば そのうち破れてとれるかなぁ… 気になる。

category: 雑記

其のシチューを 再び味わおうか  珈琲を追加で  

PC290002.jpg


 何となく書いてしまいました… 続きを。
此れは別に 三周年記念提出作品ではないので 断片なのですが 書きたくなったので
追記に収めるほどではないので 其の儘で

下記からどうぞです。





     其のシチューを 再び味わおうか  珈琲を追加で

 … Stand by Me   口の中で小さく呟く。
ふふっ 自然と頬が緩み 笑いが漏れてしまう。
遂に 私は言えた 一人にしないでくれと…
勿論 言いたかったあの人物ではないし あの時でもない 其れでもいい やっと素直に言葉にできたのだ。

セントラルパークの遊歩道をゆっくりと歩く。
人工的に作られた自然ではあるが 広々として… 

 … Darling darling Stand by me Oh stand by me Oh stand now
自然に口遊んでしまって 改めて 歌詞を噛み締める。
そう こんなに簡単な事なのに言えなかった。
若かったのだろうか いや もう 解らない そう 考えても分からない事だろう。

ふっと 上着のポケットに違和感を覚えて 手を突っ込んでみる。
生地が傷み ポケットの底に穴があいている。
やれやれ 小銭が落ちてしまって 道理で食事代が不足していた訳だ。
私は 少し苦笑を浮かべ… 
あの何時も親切に 相手をしてくれるため つい我儘を言ってしまった あのウェイトレスに
次回訪れる時は 五セントのお礼だと言って 黄色いスイトピーを一輪持って行こうか。
フフッ… 何無駄遣いしているの おじいちゃんとか言って 驚くだろうか 其れとも たしなめられるだろうか。
出来れば 素直に喜んでくれると嬉しいのだか。

馬鹿な悪戯心だなと思いつつも 私は 次回訪れる事を楽しみにしている。

category: 贈答

tb: 0   cm: 9

時間がね…  

P1300029.jpg

 

 ネオ Tokyo に 数年前から忽然と君臨する少年王。
彼は 人の欲望を叶える 一時の白昼夢を見せる。
彼の見せる白昼夢の依存し 中毒に落ちていくモノたち。
其の王が手折れた 自らの白昼夢に酔って。

そして 一人の少女の聖母が表れた。

俺が初めて手掛けた 事件とも言えない程度の検案。
親は いや 保護する人物はいないのか… 幼い三人は身を寄せ合って
幼い妹と弟を守る為に 一人 パンを盗み 牛乳を そして 公共のトイレからは ペーパーを両手に抱えて…
唯 守りたかった少年

そして 何もできない少女は 唯 慰めのの為に歌を歌う。

そう もう一人いた 何も知らない 無垢な幼い弟は…
あの三人を施設に送り付けたのが 五年前。

あの事件は まだ続いていたのか… 


最近 頭の中に転がっている物語です。
少し廃頽し 薄汚れた近未来の雰囲気で… 少しファンタジーで 少しミステリーで…

幽霊ものと探偵ものと それに 飲んだくれピアニストと… 書きたい物が多すぎて…時間が足りないよ。

category: 雑記

tb: 0   cm: 9

蜜柑色の扉  

PC310007.jpg

久し振りの最新もち姫ーーー
毛布に潜ろうかと思案中。

蜜柑色の扉 続きです 何かね 時間が空いたためか 一回目書いた時とは微妙に変わってしまったよ。

下記からどうぞです。

-- 続きを読む --

category: 色とモノ

tb: 0   cm: 9

友人 A  

P3260160.jpg

友人A が 暇過ぎて… 妙な方向に走っている。
そう 冬場の大イベント バレンタインディー 日本では 女性が男性に贈るか
又は 女性同士で友チョコとか言ったり…
基本形 女性が中心のイベントで 甘党の男性にとっては 何となく甘いモノが買い難くなる期間であって…

そこで 友人A が… 以前 其れとなくというか 正々堂々というか 好みの男性はと聞いたら
スナフキンと応えられた女性に…
まだ 諦めていなかったのかと そっちの方でも驚いたのだか…
手作りのチョコを作って贈るという 逆バレンタインを考えているとか。
僕は 止めた方が せめて 手作りではなく市販品の方がいいと思うのだがと止めているのですが…

うーーむーーー 如何なのだろう 止めて置けと考えてしまう僕が保守的で硬いのか
それとも 友人が型破りなのか…

 

category: 雑記

十二月に書いた小説 まとめ  

P1200019.jpg


 何といいますか… 色々とあって中途半端になってますねーーー
まず 中途半端になっている 幽霊と探偵と蜜柑 終わらせますね。

 幽霊を待ち侘びて 3    
  そろそろ勘のいい方は どのような方向へ進むか見えてきたかなぁ…

 蜜柑色の扉 上
  色とモノシリーズ 今回は蜜柑色 向日葵色よりも 少し薄く明るい色です

 

category: まとめ

tb: 0   cm: 5

其のシチューを 再び味わおうか  

PC290001.jpg

今回は 八少女さんのブログでの 三周年企画 「scriviamo! 2015」 への提出作品です。
昨年書いた マンハッタンの安食堂の片隅に座っている老人 
あの人物の 横顔の様な短編です。

それにしても… 自分のブログの三周年 十二月だった…
忙しさで忘れていたよ… なにかしようかなぁ いまさらかなぁ…

下記からどうぞです。
-- 続きを読む --

category: 贈答

あけまして おめでとうです。  

P1210021.jpg


   あけおめ だぜぇぇぇぇぇ べいべぇぇぇぇーーーー 本日の提供は 以下略だぜぇぇぇぇ

   えっ もう二日だよって そこのすぅいぃぃぃぃとなエンジェルちゃん
   つれない事いわないでょ べぇべーー 
   まぁ 色々と 年末から忙しかったんだよ 何言っているだ 弟と遊びに行っていると言ってなかったかって

   まぁなぁ 確かにあそびにいったぜぇぇぇ 其の後だ 怒涛の年貢の納め時が来たってわけよ
   まず 麗しのパソコン女史がご機嫌ななめで 数日 オレ様猫撫で声でご機嫌伺いを繰り返し 
   そして 年末差し迫った頃には 親戚にどうたらこうたらが発生してだなぁ
   とどめはオレ様 元旦には急性胃腸炎で倒れていたぜ。
   一応 救急医療にかかろうかなぁと 自転車で十分程度の年末年始の救急医療を
   のぞきにいったんだぜぁぁぁぁ。
   あっああああ のぞきといっても疚しい気持ちは一切ないからなぁ オレ様は純粋無垢な人でなしなんだよ。
   ああっーーそうそう 雪が舞い散るなかをーーー
   受付すら始まってないのに 四十人程度の人混みが オレ様 そっこうに帰って 炬燵で寝たぜぇぇぇ。

   今年の予定は ああっ 確かに予定は未定の親友というからなぁ ああっ 聞いた事ないだと。
   残念だ 実に残念だよ ベエベェーーー 此処 百五十年 プロポーズの言葉 第二百五十八番目に
   愛されている言葉だ。
   勿論 たったいま オレ様が 即興で作った悪ふざけだ。

   取り敢えず 途中で放置している 探偵もどきと 蜜柑色の扉  
   そして 幽霊話を仕上げる事にするぜぇぇぇ。

   あああっーー そうだなぁ 期待しないで待っていてくれーー
     
   其れでは 最後に 何時ものいっとくかなぁ 
   ハロー ハロー こちとらブループラネット  愛しているぜぇぇぇ ベェイベェェェーーー

 

category: 未分類