FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

やはり 凝り性で職人気質なのか そして ランボー  

P3090013.jpg


P3090014.jpg


ドイツのロマンチック街道 なのですが…
看板が 妙に 芸が細かくて 凝り性。
やはり ドイツ人って 職人気質ですか????

そして 話変わって 偶然 見つけたのですよ 
八十年代の サントリーの CM なのですが
出来れば 此処に動画を載せたかったのですが 方法解らなかったので…
「サントリー ランボー」と 検索をかければ 出てきます。

凄い 大量のお金を遊びに 注ぎ込む事が許された時代の CM
幻想的 幻影的 白昼夢の様な 眼を開けてみる悪夢の様な…
この後 ガウディ編 マーラー編と 続いているようです。

まぁ ランボーですから… 
また 見つかった 何がって 永遠さ  こんな言葉 書ける人ですよ。
本当に 芸術分野って奴は 努力が才能を上回る事が 決してない
努力は 等しく 報われない分野だなと 
其れを 虚しいと捉えるか だから 面白いと 興味深いと考えるか。

そう考えれば 学校の勉強って 甘いですよね。
基本 等しく 努力が報われる。
天才にはなれなくても 秀才にはなれる。
天から与えられた 常識の柵を易々と超える閃きがなくとも
系統だって学問をする事で 堅牢な思考を手に入れる事が出来る。
まぁ 確かに 家の経済状況が影響するので 等しくとは言えないですけどね。
でも 芸術分野程の 絶望感はないかな。
    

スポンサーサイト



category: 雑記

コメント

確かに、社会に出ると尚更思いますね。
努力しても報われないこと多いし、日の目をみることもない。
でも努力するのも才能であるって言葉もありますね。
好きな言葉です。
その努力が報われなくても、努力した自分の姿が、のちのち自分の糧になってきます。というか、自分の場合はそれだけが手がかりです。
だから自分はこれからも努力すると思います。

URL | NYANKO君 #5p4vzfrw
2012/03/14 14:05 | edit

NYANKO 君 さん へ

 こんにちは。
日本って 特に江戸時代の職人文化とか 努力して技を磨いていくって
ありますよね。
好きでやっていたら こうなった みたいな。
好きだから努力でき 努力が苦にならない 天才系の人は
努力しないのではなく 努力したと思ってないのだろうな。

僕の様な 平凡な人間が努力しないとどうなるか 恐ろしすぎる。
努力が報われる 学問は 努力のし甲斐があるし 頑張ろう。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/03/14 15:02 | edit

こんにちは。

ロマンチック街道ですか……
看板についてはドイツに限らず、フランスなどでも看板職人がいて、結構こってるらしいですが。
アニメですが、「異国迷路のクロワーゼ」なんかは、そんな看板職人と日本人の少女のお話で面白かったです。
人物関係もそうですが、民俗学的にも楽しめる作品だったな、と。

今回はこの辺で失礼します。

URL | ラナフェリア #T7ibFu9o
2012/03/14 17:44 | edit

ラナフェリア さん へ

 こんばんは。
看板職人と少女のアニメ… 何て 隙間家具の様な 意表をついたアニメ
でも 異国迷路と言うタイトルからして 背景に凝ってそう。
看板職人 専門職なんですね うん 少し前までは 日本でも
映画館にかかる 映画の看板を描く職人いたし 今でも 正月に
歌舞伎の看板の文字 ええっと・・・ 勘亭流だったかな…
うん 結構 看板って 専門職なのかな。
調べると 奥深く 面白そうな世界ですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/03/14 18:54 | edit

このCMは心に残っている。
曲が良くてぴったりだった。
しかし、よく探したねぇ〜
残っているのねぇ〜

道化の衣装の中でダイヤの柄。
とても古典的だよね。

一つ思い出した話がある。
ある日、男が精神科を訪ねた。
「何をしても面白くないのです」
「それならどうでしょう、
今流行りのサーカスにグリマルディというそれは面白い道化がいます。
見に行ってごらんなさい。笑い転げますよ」
「私がそのグリマルディなのです」

本当の話らしい。

URL | ぴゆう #-
2012/03/14 19:21 | edit

こちらでははじめまして。

努力とは違うかもしれませんが、いくら才能があっても、

「生活の一部」としてコンスタントに作品を作り残せない人間は芸術の道に行くべきではないと思っています。

「泳ぎのうまい魚は日々泳ぎ暮らして、それを修業とは思うまい」というやつであります。

うむむ。

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2012/03/14 19:44 | edit

のくにぴゆう さん へ

 こんばんは。
偶然 うろついていて見つけたのですよ。
八十年代といえば バブルで 日本が能天気な時代。
CM も 冒険的な 実験的な事が 許されたのでしょうね。
この CM 酒の宣伝と言うより ランボーの宣伝のようで
この CM が流れている頃 ランボーの詩集 売れただろうな…
本屋に 地獄の季節が 山積み シュールだ。

確かに 道化師も コメディアンも 笑ってないですよね。
どちらかと言えば 哀しげな表情で…
人を笑わせる職業は 精神を病むのかな 日本でも ギャグマンガを
描く作家は 悲惨な最期の人が多いように感じる。

コメント 有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/03/14 20:05 | edit

ポール ブリッツ さん へ

 こんばんは。
確かに 物を作る者の矜持としては 現役として 物を作り続けるは
大切でしょうね。
創られたものを楽しむ読者の 立場からすれば 十代で詩を捨ていても
ランボーは 偉大な詩人だし。
最後まで舞台に立ち 笑いにしがみ付いた キートンより さっさと
引退した チャップリンのほうが 評価高いし
芸術作品を作る立場か 楽しむ立場かに拠って 変わるかと。
僕は 芸術家に 職人的な規律は 求めてないですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/03/14 20:29 | edit

お洒落な看板、さいこ~!
見つけたウゾさん、もっとさいこ~(^^♪

URL | チビmomo #-
2012/03/14 22:49 | edit

チビ momo さん へ

 おはようございます。
うん 可愛いでしょう 結構 看板写真撮っているのに ピンボケが
多くて 載せられない…
また 売っていた商品の方 載せるね ディスプレーの仕方も
何か 凝り性なんですよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/03/15 06:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/104-dd26066a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)