FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

烏羽色の帽子  

PA240016.jpg

まぁ… 後篇です。

下記からどうぞです あっ 暗いですよ!!!!!


       烏羽色の帽子

 「わたしは あんたとは関係ないの わたしはあんたとは他人なの だから わたしの行動を邪魔しないで。」
妖子は そう言って 私の手を振り払い笑った。

陽子の中には 以前からの人格に一番近い 妻 双子の母としての陽子 
生まれる事のなかった 幼い姉妹 ようことヨウコ
そして 全ての顛末を 子供が生まれなかった事も 陽子が子供が生まれなかった事を否定している事も
自分自身が 現実の悲しみから逃避した陽子の代わりに 全ての苦しみを負う為に生み出された幻である事も…
全てを理解している妖子。
此の四人の人格が表れていた。

陽子は妖子の存在を知らなかったが 妖子は陽子を知っていた。

「わたしは あんたとは結婚してないの あんたはわたしの夫でも恋人でもないの 
なんで わたしの行動を邪魔するの。」
妖子は 至極当たり前の事だと言いたげに 夜の街に繰り出そうとする。
私は 思わず陽子の… 妖子の… 腕をつかみ 困惑しつつ 弱々しげに言葉を吐きだす。
「確かに そうだが… 体は陽子の 私の妻のモノだ 後で妻が泣く様な事になったら私は君を許さない。
私の理性を壊さないでくれ。」

妖子は 無邪気な瞳で… 陽子の面差しと重なる表情で 私を挑発してくる。
「あーあー 詰まんないの。 こんな美人を家に閉じ込めておくの。
わたしだって恋人が欲しいのに。

其れとも あんたが わたしの恋人になってくれる。」
私は 困惑して動けない。

妖子は 小さく溜息を吐き出して 幼い子供を宥めすかすように話し掛けてくる。
「わたしの恋人になる覚悟もないのならば わたしの行動を邪魔しないで どうせ あんたもわたしが消えるの
待っているのでしょ。」
妖子が 陽子の声音で 陽子の口唇で… 陽子が 妖子が泣いていた。
私は思わず 妖子を 陽子の体を陽子としてではなく 妖子として抱き締めていた。

「あんた 浮気だよ わたしは陽子ではないよ。」

私は陽子を愛していた いや 愛している。
では 妖子を愛していたのだろうか 憐れんでいたのだろうか。
結局 私は自分の心も解らなかった 唯 私は卑怯者なのだろう。
陽子を傷つける事も 妖子を消す事もできなくて 私は逃げて 現実から逃げて。

陽子の体を壊した 殺した。

私にとって 陽子を傷つける事無く 妖子を消す事なく 全てを元に戻すたった一つの方法だった。

私は四人 殺しました。 私は極刑でしょう。
夢の中で笑って 待っていると言ってくれたのは 陽子でしょうか それとも 妖子でしょうか。


 
   
スポンサーサイト



category: 色とモノ

tb: 0   cm: 7

コメント

多重人格って本当に難しいですよね。
精神病の一つですね。
ああいえば、こういう・・みたいな・・。
少し、この主人公の男性も精神を蝕まれている感じがしますね。
仕方無いです、多重人格者の奥さんとずっと過ごして来たのだから・・。
彼は、極刑で「死刑」を望んでいるのかもしれません。
陽子、妖子どちらが待っていてくれているのか確かめる為に。

URL | ペチュニア #-
2014/10/19 09:29 | edit

ペチュニアさん へ

 こんばんは。
そうですね この男性も 徐々に病んできているのですよね。
健康で強い精神を持っていても この環境では病んでしまうでしようね。
彼は誠実であろうとして 苦しんでいる。
うん 極刑を望んでいるのも 自分から逃げるためで 自分で何かを決める事ができない 人の手で自分の罪を計って欲しいと思っているのかな。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/10/19 18:45 | edit

うーん、結局、この男性は、人格分裂者の妻を、丸ごと包んであげられるほどの包容力が無かったのでしょうね。
看病疲れの人が陥る病のようなもので。
仕方ないですね、人ってそんなに強くないから。
でも、この男性が、陽子はちゃんと守った・・・と、思ってるところがもどかしいです。
やはり、結局は陽子も含めて、消してしまったのですから。

悲しいのはやはり、人の弱さ、ですよね。

URL | lime #GCA3nAmE
2014/10/20 07:27 | edit

21:16に拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
うん この公園は車が余り通らない道に面した 小さな公園で…
人が何時もいない 錆びれた公園なのですよ。
ハトが数匹 スズメが数匹いる程度で ぼっーーとするのに地用土いいのです 凄く静かで…

今ね 雨が降って来たよ 凄く霞む様な雨。
秋だなぁって感じだよ。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/10/20 18:06 | edit

limeさん へ

 こんばんは。
うんそう 平常な平和な頃であれば 誠実で優しい人物で いい夫だと言われる人物なのですよ。
でも 何かが崩れた時に 全てを受け入れる事が出来る様な器はなくて…
其れでも 何とかしたいと奮闘していたのですよね。
この男性にとって 一つ一つ妻の病気に向き合って すべて受け入れるか 全面的に治療を受けさせるか そーゆー選択が出来なかった。
結局 逃げたのですよね…
この男性 優しすぎて 妖子を消す事が出来ないし。
でも 弱すぎで 全てを受け入れる事も出来なかった。
陽子もだけど 此の男性も病んでいるのですよね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/10/20 18:16 | edit

自分の行動は誰であっても妨げであってはならない。
それが離婚の原因でもありますしねえ。
私も配偶者であっても自分の人生の妨げであってはならないですね。
それでは結婚できないか。。。

URL | LandM #-
2014/10/22 21:40 | edit

LandMさん へ

 こんばんは。
そうですねー― ある程度の束縛を楽しめる程度の余裕がないと 結婚って息苦しくなるのでしょうね。
うーーん 束縛 それ以上の何かがあるから 人は結婚するのかなぁ…
他人同士が一緒に暮らすのですから 色々あるのでしようね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/10/23 19:23 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/1045-4938cec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)