FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

夢の中の街  

PA250121.jpg


夢の中でだけ 会う人 夢の中だけで存在する街 そーゆー類ないですか。
僕には 夢の中だけで存在する街が二つあるのですよ。

一つは 中世の城塞都市のような感じで 街には四つの塔があって その街の地図が描けるほど
その街について知っている 忘れた頃に その街の夢を見る。

もう一つは アメリカのド田舎の様な感じで かなり現在に近い感じなのですが 五十年から百年程度昔って感じで…
建物が低くて まばらで そして 郊外の店の駐車場が馬鹿でかくて…
オーダー式でサンドイッチを作ってくれる店があって…

何処から こーゆー夢の中だけで存在する街を どんな切っ掛けで作って夢をみるのだろうと
結構 不思議なのですよ。
スポンサーサイト



category: 雑記

コメント

子供の頃(せいぜい10代くらい)の方がちょっと不思議な夢を見たと思うのよ。
どんな夢かはもう忘れたけれど・・。
未来にとても期待していたのかしら?
20才を過ぎてからは、なんかこう・・夢もあまり見なくなったわ。
最近なんて全然ね。
でも、知らない土地の夢なんてサイコー☆ね。
なんか前世の記憶なのかしらね・・?
前世は、どうして居たのかしら?

URL | ペチュニア #-
2014/10/31 06:49 | edit

ペチュニアさん へ

 こんばんは。
ああっーー そんなものなのですね 十代の頃って 少し不思議な夢をみるのですね。
うーーん 十代って脳も忙しく混乱しているのかな…

不思議な事に 中世の城塞都市の夢では 僕は青年なのですよ。
そして ド田舎の夢では なんと女性なのですよ!!!!!
凄く不思議です。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/10/31 18:41 | edit

06:41 に拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
小説に書くか… 結構大変そう…
ド田舎の方は まだ書き易いかなぁ。
うーん そのうち 頑張って挑戦してみようかな。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2014/10/31 18:46 | edit

あ!

このねこさんですか! 確かに何となく似ていますね!
何だろ、ちょっと凛々しい感じのたたずまい?? ちょっとがっしりした足とか。
夢の中の街、ありますね~
最近は見なくなった夢ですけれど。実家の畑の周りの景色ではあるけれど、パラレルワールドみたいな世界、よく夢に見ました。いつもそこが舞台で。そこで何故かショッカーと闘ったり(^^)
もうひとつはロシアっぽい感じの街で、科学者だったりする続き物の夢があったり。
夢って現実の出来事を整理しているというのなら、何を整理していたのかしら???
ウゾさんの街は、きっと小説の世界そのままなのかも。そういうところに自分の書くものの原点があったりするのかもしれませんね。

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2014/10/31 22:41 | edit

大海彩洋さん へ

 おはよう御座います。
そう 此の街の夢 長々と見ているのですよね…
小学生の頃から 忘れた頃にふっと… ああっ あの街の夢 みたいなぁと思っても 其の夢を見れるわけではなく 偶にふっと見るのですよね。
現実を整理して 覚えて置くモノ忘れるモノの選択をして…

うん 何なのかな…何を整理しているのかなぁ 僕の脳…
中世の夢では 石畳の道に 妙な溝があって 何かなと思っていると 人が建物の窓から水を捨てていて 石畳が穿たれて溝が出来ていた…
妙に細かい夢だなぁ…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/11/01 08:49 | edit

21:58に拍手コメント頂いた方 へ

 おはよう御座います。
うん 結構長い期間みている夢だから 僕の中の もうひとつの住んでいる街のような感覚で 偶に その街の夢をみると少し嬉しかったりするのですよ。
自分の中の 色々なモノが混ざり合って創り上げたモノなのでしょうね。
どうして 城塞都市とド田舎なのか… 面白いなぁ。

うん やっとゆっくり出来るよ 此の休みで冬の靴と服を買いに行く予定だよ。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/11/01 09:14 | edit

02:35に拍手コメント頂いた方 へ

 おはよう御座います。
うん 完璧にノラだと思うのだけど カメラを向けると 少しの間 立ち止まってポーズをとってくれたよ。
其の後は 動物を入れるなと看板の立っている公園の中へと 悠然と消えていったよ。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/11/01 09:18 | edit

何度も同じ、見知らぬ町が出てくるのは不思議ですね。
・・・かく言う私も、見知らぬ街同じ街を何度も迷ったことがあるのですが。
もしかしたら、祖先のDNAの記憶が見せる幻影だったり・・・。
(でも私のは、現代日本なんだけど^^)
なんだかウゾさんは夢の中までおしゃれで趣があって、羨ましいです。
なんで私のは、ゴチャゴチャ生活感にあふれた下町なんだろう><
(夢に不満)

URL | lime #GCA3nAmE
2014/11/01 09:23 | edit

lime さん へ

 こんばんは。
いえいえ まったくお洒落感ないですよーーーー
中世城塞都市は 迷路の様な狭い石畳が入り組んでいて迷子になりやすいし…
生活感 凄くありますよーー 何処かでパンを焼いていたり…
ド田舎の方は ほんとに建物が疎らなため 何処かに行こうとすると凄く遠い。
開店しているのか 既に潰れてしまっているのか よく解らない本屋もあるし…

うん 夢ってやはり不思議ですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/11/01 21:36 | edit

夢にあるものを叶えるのも建築家の仕事なんでしょうが。
そういう自由な発想が建築には必要であるのでしょうね。
私が書いているファンタジー小説も
夢で出てきたのが発端ですし。
そういうのは多いですよね。

URL | LandM #-
2014/11/02 14:30 | edit

LandMさん へ

 こんばんは。
確かに 夢って脳のタガが外れているのか 起きている時には思いつけない様な 奇想天外な発想ありますよね。
ああっーー ファンタジーには丁度いいですね 少し常識から外れた発想って案外難しいですからね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/11/02 21:13 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/1051-bb124fba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)