FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

幽霊を待ち侘びて  

PC300019.jpg


続きです。
下記からどうぞです。



      幽霊を待ち侘びて  5
 
 単なる記号であった筈の 「山田君」 が徐々に色付けされていく。
私は つぶさに其の過程を感じ取り 
存在しない筈の山田君を 一人のクラスの生徒として気に掛けている私自身の変化に驚いていた。

「幽霊が復活する」 言い得て妙だと 今更ながら感心していた。

単なる 「山田君」 であった 存在しない転校生には 数日のうちに 「山田 尚樹」と呼ばれる様になり…
得意な学科は歴史で コーヒー牛乳が好きで 子供の様にいまだに ピーマンとにんじんが食べれなくて…
まるで 期限のない伝言ゲームのようだと感じていた。


「あっ先生は 醤油ときなこ どっちがいいですか。」
科学部の何時もの輩は 正月で食べきれなかった餅を持ち寄って 部室でグダグダと焼いて食べていた。
まだ 三学期が始まって間もないため 授業は半日で終わる 
其の為か 昼食代わりに餅を焼いているようだ。

「砂糖醤油で 二個だな。」
私は 適当な湯呑にお茶をいれ…

「あっ 先生 オレもお茶ください。」
学生が ごそごそと実験器具を並べている棚から ビーカーを取り出し 此処お茶をいれろと…
「どのような実験に使ったのか どのような薬品を入れたか解らない様なビーカーだぞ 止めて置け。」
私は 確かあったはずだと 紙コップを取り出し 熱いだけがご馳走と言った感じの 出涸らしのお茶を注ぐ。
「あははっーー 先生 考えすぎ。 たかが高校生が授業で扱える程度の薬品には 劇薬はないよ。」
明るく 他愛のない雑談 
体つきや顔立ちは青年らしさを纏い始めているのだが まだ蒼く堅い少年のように 人とは違う何かの匂いを放つ。

「でっ そろそろ教えてくれてもいいだろう 熱いお茶を御馳走したのだからな。
お茶一杯分の ヒントを与えろ。」
私は 少し強引だなと自嘲しつつも 好奇心に素直で…

「また 先生 飲んでからいうーー 相変わらず酷いなぁ。」
既に お茶を三杯も飲んでしまったと ふざけつつも 幾つかのヒントを思わせぶりに教えてくれた。

「ほら クリスマスの夕方 先生も早く帰らされて 学校空っぽになっただろう。
あの時間に 理科準備室に置かれている 例のホルマリンの瓶詰 
あの 「山田君」 と 「桜木さん」とラベルが貼られている。
学生が 誰にも見つからない様に 出会わない様に ラベルを剥しに来る。
そして 剥した奴のクラスに 剥したラベルの「山田君」 なり 「桜木さん」なりが転校生としてやってくる。
ほらっ 掲示板に 張り紙があったり 転校生の机が用意されていたりしただろう。
其れが 剥した奴のやらなければいけない事。
剥した奴は 転校生の一番の友達であり 転校生自身でもあるわけだよ。

一応の暗黙のルールとして 剥していいのは 三年生だけ 
そして 大人になっても けっして誰にも 剥した事を話してはいけない。
一生の秘密ってわけだよ。」

粗方の説明で私は なんとなくおぼろげ乍ら 生徒たちがしようとしている事柄が見えて来た。


私を悩ませていた 存在しない部屋から聞こえる ぴちゃぴちゃとした水音 扉を引っ掻く様な音が
三学期に入って 消えていた。


   

スポンサーサイト



category: 幽霊を待ち侘びて

tb: 0   cm: 7

コメント

こんばんは

あ、そうか。
クラスのみんなが一緒にやってるんじゃなくて、誰がやったのか、本人以外の生徒たちも正確には知らないのですね!
そして、新しいラベルはまた用意されるのか、それともストックがなくなったらもう幽霊は転校してこなくなるのかしら?

でも、音が消えたのはどうして? っていうか、もともとなぜそんな音がしていたのだろう?
氣になりますね。
次回もまた楽しみにしています。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2014/12/16 05:46 | edit

ああ

これも一つの生徒たちの余興なのですね。
そう思うと合点がいきました。
でも面白い。実際にこんな伝統があってもいいですよね。
部室で餅を焼きながら雑談。いいなあ~。
中学も高校も、化学部なんて洒落たクラブはなかったし、健康なものは運動部にしか入れてもらえず。
不満の残る中高時代でした。
ああいいなあ。この学校に行きたい。

URL | lime #GCA3nAmE
2014/12/16 07:03 | edit

八少女 夕さん へ

 こんばんは。
まぁ 此のラベルも 卒業式が終わると もう一度貼られるのですけどね…
生徒の遊びのような行事ですからね 誰もラベルを剥しに行かなかったら その年は幽霊復活行事ができないですからね 
綱渡り状態での行事 学校って多人数ですから 誰かがはがしにいくと言った感じで続いてきた。

此の音は この話の中の数少ないホラー要素です。
話自身にはあまり関わらないですが…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2014/12/16 18:46 | edit

limeさん へ

 こんばんは。
そうですね 生徒たちの遊びですね。
まぁ… けっこうノリノリで遊ぶ生徒と冷めた態度の生徒では 隔たりありそうですが…
取り敢えず こーゆー類は 思いっきり遊ぶ方が面白いので 生徒たちも それなりに遊んでいると言う事で。

あははっーーー この学校 伝統はあるが古くて そして ホラー要素ありですからね。
あっ でも 学校ってどこでもホラー要素ありですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/12/16 18:51 | edit

名前も暗号ですからね。
・・・というのもアレですが。
ラベルというのも言い得て妙ですね。

URL | LandM #-
2014/12/17 21:47 | edit

21:25に拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
寒いねーーーー ほんとに寒いよ。
風は凄い音がして 電線が唸るような音たてているよ。
雪がね サラサラと降っていたり… 一日中荒れた天気だったよ。
昼は 頭が痛くて… でも帰って来て炬燵に潜っていると治ったよ。
単に寒かったのかなぁ…
取り敢えず 寝る前には風邪薬飲んで寝るよ。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/12/17 21:53 | edit

LandMさん へ

 こんばんは。
確かに 某推理小説で 名前を 風呂屋の番号札と一緒だと言った類の事を言っている探偵がいたなぁ…
まぁ 幽霊の名前ですからね… いいかげんですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/12/18 20:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/1072-de95d694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)