FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

蜜柑色の扉  

PC100068.jpg

寒い 寒いですーーーーー
今回は途中です 上下 二回に分けます。
と言うのも 一度終わりまで打ちこんだのですが ネットの線が外れかけていて 
後半部分が 消えてしまった…
もう一度 打ちこむ気力がわかなくて 今回はここまでです。

下記からどうぞです。
 

   蜜柑色の扉 上

 地面が暖かい。
日の光を浴びて ゆっくりと目覚めの時を待っているようだ。

私は 一歩一歩と足の裏に 地面を 土の暖かさを感じながら歩く いや 小走りで…
私は何処へと向かっているのか 知らない筈の地なのに 確信をもって目的地を指し示せる。
あの 蜜柑色の扉のある あの場所。

何時の間にか 私は全力で走っている こんなに爽快な風を切る感じは 小学生の時以来だ。
無駄な贅肉を削り落とし 濁った血液を濾過し 脳髄に住み着いた鬱々とした感情を投げ捨てて…
背中に大きな翼がはえたように 軽々と地面を蹴り 飛び上がる。

此れは 夢なのか。
私は 惰性で辞める事の出来ない 辞める勇気もない仕事から帰り 
殆ど会話のない家庭で 義務的に食事をとり 
そして 唯一の楽しみとなっている たった一つの自由 睡眠を貪っている筈だ。
其れでもいいと 自分を言い聞かせて 此の惰性を壊す勇気が私にはなかった。

爽快だ 足の裏に感じる土の暖かさ 頬を撫でていく風 青草の噎せ返る様な熱。
私は 夢の中でありながら 生命の美しさを感じていた。

はたして 私の確信は 当然の様に姿を現す。
風にあおられ 波をつくる背の高い青草 何処までも何処までも 渺々とした風景の中に 
ぽっんと 懐かしい様な…
子供の頃 絵本で見たピーターラビットの風景 イギリス湖水地方に似つかわしい様な 素朴な扉が立っていた。
私は 流石に夢だ 自由自在に思いを描き出すと 妙な感慨に囚われていた。

其の蜜柑色の扉の横には 此れはまた… 見知らぬような よく知っている様な 懐かしい様な 
若い様な 幼い様な 年老いている様な 男の様な 女の様な 何方でもあり何方でもない様…
私の記憶のなかにある 様々な人物をすべて混ぜ合わせた様な人物が 極上のベルベット地の椅子に
腰をおろしていた。

  
スポンサーサイト



category: 色とモノ

コメント

おはようございます

なんと、途中までしか保存できなかったのですか。
コメントでも時々、どこかのキーを押してしまって、全部消えちゃう時がありますが、小説は更にショックですよね。

今回はみかん色なんですね。
暖かくて心地よさそう。オレンジよりもみかん色。
この男の人は、夢を見ているんでしょうか。
続き、こんどは保存しながら描いてくださいね^^
(私は仕事の癖で、5分ごとに保存してしまいますw)

URL | lime #GCA3nAmE
2014/12/23 07:39 | edit

あら

そんな残念なことが……でもわかります。私もよくやっちゃうんですよね。そしてもう何もやる気がなくなる……わかります。
一度やると、しばらくの間は保存をこまめにするけれど、また忘れちゃう……のど元過ぎれば、なんですよね。

さて、今回はみかん色。
何だろ。上下篇に分かれたおかげで、ドキドキが増しちゃいましたよ。イメージはピーターラビットの絵の感じでいいのですね? イギリスの草原の光景と蜜柑色の扉。確かにどこでもドアじゃなくて、ピーターラビットですね(^^)
消えちゃったデータ、残念ですが、気を取り直して続きを書いてくださいね。でも、気を取り直したら、話が変わってしまったりすることってありません? 私、データを消しちゃった後、書き直したらラストが変わったりすること、よくあります(^^)

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2014/12/23 10:24 | edit

味噌ちゃんの寝顔が愛らしいです♪

つづき・・どうなるんだろ・・・。
なんかワクワクするわ〜。
私もほとんど惰性でお仕事しているしー。
自分と重なる所あるかな・・・。

URL | ペチュニア #-
2014/12/23 21:12 | edit

lime さん へ

 こんばんは。
そうなんですよね… 何時もは ある程度書くと 送信前にコーピーをとってから送信するのですが…
今回は その手順を省いてしまって そうすると此れですよ。
何とも 慢心は怖しです。

そう 蜜柑色です 暖かくて柔らかい 蜜柑の色。
そんな扉が 何処でもドアのように立っている風景です。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/12/23 21:19 | edit

大海彩洋さん へ

 こんばんは。
そうなんですよね… 忘れた頃にやってしまうのですよね。
特に 長々と書いた時や おおっーーー 今回はいい感じに書けたと思った時に消してしまうと もう… がっくりです。

うん どこでもドアが 背の高い草が一面にはえている草原に ぽつんと立っているイメージです。
あります あります 特にどうしようか迷っている話の場合 頭の中にある時と 実際に書いた時では ラスト変わってしまいます。
反対に ラストだけ決まっている話も 偶にあるけれど…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/12/23 21:31 | edit

ペチュニアさん へ

 こんばんは。
寒いですからねーーーー 猫達は炬燵と布団でまったりしています。
うん 惰性になるでしょうねーーー あまり 神経質になって 力入れ過ぎると 日々辛いだろうし…
仕事って 丁度いい程度と言うのがむずかしいでしょうね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。  

URL | ウゾ #-
2014/12/23 21:44 | edit

20:14に拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
そう 凄く虚しくなるのですよーーーー 逃がした魚は大きい状態。
時間もだけど 何か再び書く気力がなくなるのですよ。
せっかくのクリスマスなのに 風邪が悪化していて咳がつらくて… 眠れなくて…
ああっーーー 弟と大阪に遊びに行く予定があるから 其れまでには治したいのだけど…
猫たち 仲良く炬燵で丸まっているよ。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/12/25 21:19 | edit

05:15に拍手コメント頂いた方 へ

 メリー クリスマス ですね。
昨年のクリスマスの時 レジの女性たちがサンタコスになっていたスーパーが近所にあるのですが…
今年は レジに男性もいるしどうするのかなぁと思っていたら
今年も サンタコスしていました。
ただし 男性はトナカイになってましたね。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/12/25 21:22 | edit

惰性を辞めることができないのはもっとも。
私もそれに引きずられそうに何度もなります。
それでも書いているのですから、やはり書くのが好きなんでしょうねえ。お互いに。。。となんとなく小説を読んでいて思った。

URL | LandM #-
2014/12/27 09:28 | edit

LandMさん へ

 こんばんは。
ああっーー そうですね 惰性に引き摺られてってありますね。
小説かぁーーー 確かに惰性で陥って 新しい挑戦を怖がっている処あるなぁ…
新しい年は 何か挑戦するかな。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/12/28 22:52 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/1075-d8971482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)