FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

あなたへの蜂蜜色の薔薇  

P9080083.jpg

色とモノシリーズです。

下記からどうぞです。





      あなたへの蜂蜜色の薔薇

 「ゼロの概念 時間の概念 そして 宇宙の発見 此の三つが…
人にとって いえ 私にとっては悲劇。」

ボクのママ ボクを作った偉大な博士の口癖だった。
ボクは ママが時間と技術を贅沢に使い 作り上げた たった一つのママの息子。
其の為 ボクの記憶チップと電子回路 集積回路は 恰も目の前にママがいるかのように 
ママのホログラムを映し出す。

ボクは… ボクたちは ママのたった一つの星 ブループラネットが 何時か壊れる時の為に
移住先の星をテラフォーミングする為の先達として送り込まれた。
自分で考え 自分で問題解決する為の学習機能を持つボクと…
ボクの手足となり 働く ボクたちと…

ママは言った。
「あなたの手足となって働くモノは あなたの言い付け通りに動き働くわ そして とても脆くて 壊れやすい。
でも あなたが壊れると とても困るから あなただけは 決して壊れない様にとても丈夫にできているの。

でも…    」

ボクとボクたちは長い眠りに付き そして ボクとボクたちが移住先の星で目覚めた時には
既に ママはいない。
ボクの何かが モヤモヤとした 解明できない 些細な不具合が発生した。
其れでも ボクのシステムは優秀で 殆どママの敷いた計画から外れる事無く 順調にテラフォーミングを
進める事が出来た。
水 そして空気の発生 空気濃度の調節 成層圏の形成 無機物から有機物へと…
そして 順調に ママの計算通りに ボクたちは壊れて動かなくなっていった。

ボクたちが動かなくなって どの程度経ったのか ボクには解らない。
ママの考えによって ボクの人工知能にはゼロと時間の概念が入っていない。
でも… もういいよね。

ボクは ママと一つだけ約束があった。
移住先の星が十分に成熟して 既に 悪影響を及ばさないと判断できたならば 此れを植えて欲しいと…
小さな薔薇と言う植物 黄色い花を咲かせ ピースと言う名だと。

「此の薔薇は 昔 大きな とても大きな争いが終わった時に 名付けられたの。
そうね 過去のブループラネットから 何時かの未来のブループラネットへの贈り物。
フフッ… 少し感傷的すぎるかしら。」

ボクはママとの約束を守ったよ だから もう いいよね。

「でも…

あなたに感情が芽生え 寂しいと感じたのならば…
此のプログラムを発動させなさい 環境に影響を与える事無く あなたが壊れる事ができます。」
此れは ママボクの秘密 ボクたちも知らなかったこと。

水を作り 空気の濃度を調節し… 既に 植物と小さな生物が環境の一部として機能している。
ボクはもう必要ないだろう。

ボクはプログラムを発動させる。
ゆっくりと動き出す 電気信号… 

「とてもよく頑張りましたね。 あなたを抱き締める事ができなくて… ごめんなさいね。」
ママの姿が映し出され ママの声が聞こえてくる。
ママの柔らかい歌声 ボクは壊れてもいいのですね。
スポンサーサイト



category: 色とモノ

tb: 0   cm: 7

コメント

おぉ

ウゾさん、これは名作ですね。物語というのか、詩というのか、とても素晴らしい小品です。
私の大好きな、竹宮恵子さんの『ジルベスターの星から』(短編の傑作)や昔好きだったいくつかのSF小説を髣髴させます。
ハードなるものとソフトなるもの、その境は案外薄いのですよね。人間の脳だって、複雑そうに見えて所詮はシナプスの繋がりの中で生まれてくる感情などなどのブラックボックス。コンピューターも複雑化すれば……
でも、不合理を受け入れられるかどうかは、少し疑問ですよね。このボクは不条理・不合理を受け入れて、ラストに至ったのでしょうか。
最後に表れるママのポログラムが、物語の深みをぐっと増しているように思いました。

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2015/02/14 08:51 | edit

壊れていくことの大切さを教えてくれたような気がします。
永遠ない。それは永遠の苦しみに似たようなものであり。
ちょっと宗教に関係しているようで、良かったです。
医療関係の職業柄、死に触れることが多いのですが。
ちょっと、この小説を読んで救われたところがあります。
ありがとうございます。

URL | LandM #-
2015/02/14 15:07 | edit

私もこれ、とても好きです。
とても残酷だけど、とても優しい、本当に人間の存在そのものの様な。

この人工知能に寂しいとか恋しいという感情が芽生えたのは、ママの思惑だったのか、失敗だったのか。
その辺もとても気になるところです。
いずれにしても、
思いがけなく心を持ってしまった人工知能が、愛と幸せを感じることが出来ていたなら、それが一番のハッピーエンドだと思うのです。

URL | lime #GCA3nAmE
2015/02/14 21:43 | edit

大海彩洋さん へ

 こんばんは。
うん ハードなものとソフトなもの 凄く近いのに…
所詮 脳なんて刺激物質と電気信号でてきているのに… 人の作ったモノには魂と言うか心は宿らない…
ではと フランケンシュタインを作ったとしても 心は発生しない。
やはり 不思議ですね。

単に 黄色い薔薇の話が… 何故か妙な方向になってしまいました。
うん ボクはゆっくりと星の歴史を繰り返していて ボク自身もゆっくりと人の成長を繰り返しているのですよね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2015/02/14 21:50 | edit

LandM さん へ

 こんばんは。
そうですね 終わりがあると言う事は 救いになったりしますからね。
永遠なんてものは 人には扱えない 人の心では耐えられないモノのような気がしますね。
医療も正解が解らない 中々難しいモノですからね…

ああっーー 宗教的な所あるかもですねーー 僕では ハードな話は書けないですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2015/02/14 22:00 | edit

limeさん へ

 こんばんは。
うん 此のボクは 凄くママが好きなのだけど 其の感情は よく解らない不具合と思っているのですよね。
最後に 自分から壊れる事を選ぶのも 寂しいからと言った はっきりとした感情がある訳ではなく よく解らないのだが もう 壊れてもいいといった感じで…
最後に壊れる機能を付けたのも ママにとっては杞憂であって欲しいがと… ひょっとして感情を持ってしまうかもと言うのは ママにとっては憂い 残酷な 恐れていた事でしょうね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2015/02/14 22:07 | edit

17:23に拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
うん 偶に晴れた夜空は 星が凄く綺麗だよーーーー
見惚れてしまったよ そして 風邪悪化…
咳がなかなか治らない… でも 随分と明るい時間が伸びて なんとなく春っぽい日射しの日もあるよ。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2015/02/16 21:11 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/1093-8222186a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)