FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

幽霊を待ち侘びて  

P3190076.jpg

夕焼けが 見事で… 赤いと言うよりも黄金色で…

久し振りに 幽霊です。

下記からどうぞです。
 

     幽霊を待ち侘びて

そう 私は思っていた 此のいきがった青臭い少年の行動 幽霊の… 転校生の山田君の机を倒し
山田なんて奴はいないんだと 叫ぶ。
其の行動によって 教室の学生たちはパニックにおちいり 
男子生徒達は其の少年を 感情のままに殴るだろうか 女子生徒達は 声を殺して泣くのだろうか。

何も 何も…
クラスの男子生徒達は 無言で山田君の机を元の定位置に並べ そして 机の表面を綺麗に拭う。
そして 数名の男子が 其の少年に小声で もうするなよとか …に謝っとけよとか…
余りにもあっ気なくて
妙な 子供じみた ごっこ遊びに興じる学生達の見せた 醒めた感覚に 私は困惑していた。

そう… 意味を知りたいと足掻いている 遊びに興じる事すらできない私が 一番幼いのかもしれないと
感じていた。 

やがて その様な小さな事件も鳴りを潜め…
そう 受験と言う現実の為に 入れ代わり立ち代わり休み… 殆ど休みのような日々が続き。
いちはやく 私立の高校に決定した者 推薦を受けた者等々 徐々に卒業後の進路決定者が増えていき
最後には 公立の一般受験生だけが残されていた。


「ああーーー 名残惜しいなぁ 今更ながら オレ 此処が好きだったのかなぁ。」
何時もの科学室で寛ぐ 何時もの連中が何時になく 穏やかな瞳で 穏やかに語り合っていた。

ああっ… 終わりが近づいている  
明日 卒業式が執り行われる。


  
スポンサーサイト



category: 幽霊を待ち侘びて

tb: 0   cm: 5

コメント

このクラスの、何気ないけど堅い連帯感のようなものが、いいですね。
ゲームと言うより暗黙の了解。
当然そこに馴染めない、反発するものも自然の確率として出てくるのをちゃんと容認するみたいな、大らかさ。
意味は?理由は?と知りたがること自体が意味のない事なんだろうなあ。
なんて思いました。

URL | lime #GCA3nAmE
2015/03/23 07:21 | edit

lime さん へ

 こんばんは。
結構 意味が無い事って多いのですよね しっかりと理論だった物事の方もありますが 意味のないモノも結構ある。
そーゆー どうしようもないモノを受け入れられるかは 人によって色々ですからね。
此の先生の様に 意味を求めてしまうタイプって確実にいますからね。

後 一回か二回で終わりです やっとですーーーー

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2015/03/24 21:12 | edit

22:35に拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
今日は寒かったよーーーー 桜が咲き始めているのに 雪が舞っていたよ。
うん 凄い夕焼けだったよーーー 赤いと言うよりも黄金色で 輝いている様な感じで 見惚れてしまったよ。
今日も 綺麗な夕焼けだったよ この時期って 夕焼け綺麗なのかなぁー

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2015/03/24 22:11 | edit

こんにちは

学校はやはり閉ざされた特殊な空間なのですね。そこに存在を許されるのは、その年齢の少年少女の特権。彼らにだけしか通じない言葉があり、彼らにしかわからない共通概念があり、一方で彼らにしか演じられない残酷な場面もある。
その緊張感が時間経過の中で変わって行って、卒業で良くも悪くもはじけてしまう。その瞬間まで、何かの結晶の中に閉じ込められているかのようです。
そして先生の立ち位置は……
あと数回あるのですね。どこへ行きつくのかもう少し見守ることにします。

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2015/03/29 15:26 | edit

大海彩洋さん へ

 こんばんは。
そう 凄く閉ざされている空間なのですよね。
その年齢以外の人物がいると 異様に目立つ でも その年齢の少年少女にとっては 周りと同化してしまう。
昼の騒がしさ 夜の異様な静けさ 昼の若くて活気溢れている感じと夜の妖しさとの対比と…
そう 中学生の年齢って残酷なのですよね 他の人に対しても自分に対しても 
何かね 常識とか知識とか経験に縛られて人になる前の 最後の不思議なころって感じますね。
うん そうですね あの音とか その辺りの事ですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2015/03/29 18:54 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/1103-a64a2b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)