FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

真っ赤な嘘  

P3300098.jpg

エイプリルフールと言う事で 何か 其れっぽいモノ書きたかったのですよ
でも 奇抜なアイデアはなくて…
そこで 嘘で掌編を書いてみました うーーん 仕掛けのあるモノ書きたかったのですが
時間がなくて 極々普通のモノになってしまった…

下記からどうぞです。

     真っ赤な嘘

ボクは 夢見がちの少年で… 長い間 魔法使いになりたかった。
授業中に ぼんやりと誰もいない運動場を見詰めて 虚空を切り裂いて空を飛ぶ感覚に浸っていた。

「嘘を吐いてはいけないよ 其れは 他の人だけではなく自分をも傷つけるのだからな。」
嘘を商売にしている お父さんの言葉だった。
お父さんは 何時も何時も 自分に嘘を吐いていた。
必要だからとか言って 何時も何時も… 何処かに行ってしまって 何時も何時も 家にいなくて…
必要だからと…
ボクは 寂しいと おいて行かないでと言いたかったけど 言った事は一度もない。
お母さんは 台所の隅でゴシップ記事の載った週刊誌を握り締め 何でもないのよと言って小さく微笑んでいた。
ボクも 嘘を吐くのが上手になったのだろうか。

そして 私は父と同じように 何時しか嘘を商売としていた。
唯 私は 父とは違い 自分自身に嘘を吐いていた父とは違い 自分には嘘を吐かなかった。

私は 自分の欲望を 魔法使いになりたかった願いをスクリーンに描き出し 
現実にはあり得ない 嘘満載の世界を作り続ける…

古びたフィルムに映し出された 若き頃の父の横顔が 
真っ赤なマントを翻し 鮮やかな手口で夜の帝都を走り抜ける怪盗
崩れ落ちそうな身体を引き摺り 失われた歴史を語る 名もなき男…
そして そして そして そして…

そして そして …… 幾枚もの父の横顔 千の仮面を持つ男と持て囃された… 

父は 此のスクリーンの世界に生きていたのだろうか 父にとっては 現実こそが嘘だったのだろうか

… 父さんは 嘘を吐くのが下手くそだなぁ と 私は嘯いていた。 
スポンサーサイト



category: 色とモノ

tb: 0   cm: 7

コメント

優しい嘘ですね

こんばんは

人びとに夢を見てもらうための嘘。
嘘をつく商売か……。自分の好きなことをして、そしてそれが誰も傷つけないならば、とても素敵な仕事ですよね。

なくなったお父さんは、妻であるお母さんと我が子と自分自身とを欺き、幸せではなかったのかもしれませんね。

エイプリルフールにふさわしい、優しい掌編でした

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2015/04/02 04:33 | edit

八少女 夕さん へ

 こんばんは。
うん おそらく 此の父親と子供は似ている。
何方も 現実世界が嘘でスクリーンの世界でこそ 自由で息が出来るような。
母親は 薄らと 此の父親の一番にはなれない事を感じていたのかなぁ。
父親も 何となく 罪悪感を持っていたのかなぁ。

もっと仕掛けのあるモノ書きたかったのですが 思いついたのが遅かった…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2015/04/02 21:35 | edit

19:51に拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
うん 嘘が上手な方って どのような生き方をしてきたのだろうと 考えてしまうよ。
グーグールのマップでもエープリールフールやっていたよ。
実際の地図でゲームができたよ。
ユーモアのある 誰も傷つけない 楽しい嘘ならばいいよね。
うん 昨日は嘘だってわかっているからね でも 嘘って難しいからね 気の利いた嘘は言えないよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2015/04/02 23:19 | edit

嘘を商売か。。。
人だからこそできるものですね。
嘘で人が幸せになるなら、それはそれでよいのですがね。

URL | LandM #-
2015/04/04 11:35 | edit

あぁ

なんかチャップリンの世界だなぁ。あるいは『ニューシネマパラダイス』。
まさに映画が銀幕、と言われた時代のイメージですね。
この業界に生きる人というのは、嘘をついてるのか、もうそれは現実なのか、自分でも区別がつかなくなっているのでしょうね。それでこそ、観る人に何かを伝えることができる。
この間久しぶりに『Wの悲劇』を見たら、嘘を喋っている途中から、自分の語る偽りのエピソードに泣く薬師丸ひろ子さんが、演技力がどうとかいうのはなかったかもしれないけれど、オーラが半端ないと思いました。そんな世界なんですよね。
どちらが真実かもう分からなくなる境目に名作が生まれてくるのかなぁ。
面白く拝読いたしました(*^_^*)

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2015/04/05 10:01 | edit

LandMさん へ

 こんばんは。
そうですね 嘘は 人だから吐けるのか…
人以外が嘘を吐く事が出来るのか…
みえみえの嘘 ほら話に 気持ちのいい程のだましに 嘘も色々ありますね。
大きな嘘を書く場合は 小さな真実を散りばめたら それっぽくなるとか 難しいですね 嘘って。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2015/04/05 22:24 | edit

大海彩洋さん へ

 こんばんは。
そう 少し昔 キネマとか言われていた時代のイメージです。
浮気や放蕩は芸の肥やしとか言って 堂々と遊んでいた頃ですね。

僕も最近 昔のドラマ 濱マイクシリーズを見たのですが 一話ごとに監督が違って 凄く贅沢なドラマだなぁと…
こーゆー実験的な事って あまりやらないですよね。

うん 俳優さんとか女優さんとか ドラマとか映画で夫婦とか恋人を演じると 今まで何とも思っていなかったのに ほんのり好きになって 役柄に引っ張られたりするらしいですからね。
理性と感情と バランスが崩れると実生活が危うくなる 因果な商売ですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2015/04/05 22:38 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/1106-3959ebfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)