FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

百花繚乱の終焉  

P7310001.jpg


初夏かぁ… まだ梅雨だけどね。
初夏ってなんか 好きだなぁ 色々とワクワクするよ 
お祭りの始まる前 地図をみて路線図をみて旅行の計画を立てている様な期待感。

夏は 何故か妙に大作の本を読みたくなる。
ジリジリとした暑さに 麦茶の氷の爆ぜる音 ゆっくりと傾く日差し 濃い陰。
暑さで脳も溶けているのか 妙に書物に入り込めるような気がする。

そして 百花繚乱 続きです。
下記から どうぞです。





      百花繚乱の終焉   シラサギの女

 「妖精が死んでしまったのよ。」
今だ幼さを残す 十代前半とおぼしき少女が空蝉に手を翳し 何かを探している。
探している… と言う事は 空蝉に直接アクセス出来ると言う事を意味するのだが。
此の少女は使われし者なのだろうか 使われし者 個別認識番号を持たない者 前文明の残り香 古代種…
そう 此のネオ東京の暗部 公に語られる事のない歴史の主人公。
此のネオ東京は 前文明 東京を喰らい付くし崩壊させ その上に成り立ったモノである。

直接手を下したのか 其れとも あの集団で崖から転がり落ちる あの小動物の様に 東京は自ら滅んだのか。
其の辺りを知る者は既になく いや ワタリガスの男だけが 時間と空間を質に取られていると言う特異上
知っていると噂されているのだが 黙して語る事はない。
此の小さな鈍色の機械 空蝉も前文明の残り香 其の為だろうか 残り香にアクセス出来る者は
同じ 前文明の残り香である古代種 使われし者だけなのだが。

ただ女性で使われし者は 唯一人 シラサギの女のみ。

目の前の少女は 巷で流布する 煽情的で残酷なシラサギの女のイメージとは違う。

夜闇の様に深い黒に 紋様化された鮮やかな揚羽蝶が舞う 豪華絢爛な 
そして 既に誰も身にまとう事がなくなり久しい振袖を 纏っている絡繰り人形は 少し困惑を覚えた。

そう 妖精は死なない 壊れるだけ… 其の絡繰り人形は 瞳をゆっくりとふせる 薄藤色の翳が頬に落ちる。
そして 理解した。

目を離した刹那に 其の少女の記憶が薄れ 輪郭がぼやける。
ああっ… その様な理由で…
おそらく シラサギの女は 関係性を質に取られている。
誰の記憶にも残らない 目を離した刹那にシラサギの女に関する記憶が消えていく。
そう 毎日会っていても 延々に初対面であり 親しくなったとしても其の場限りであり 縁が結ばれる人は事はない。
其の為だろう 巷にとって耳目を集めやすい 衝撃的な伝聞だけが流布している。
そう 掻き消される記憶 シラサギの女の正体を確かめる術は封じられているのだから。

もう一人の使わされし者 ヤタガラスの男は記憶を質に取られていると言う事だし…
ワタリガラスの男は 黙して語らないだろう。
そう 此のままでは シラサギの女は永遠の孤独 其れが質なのだろうか。

絡繰り人形は 暫しの思考の後 既に消え去ったシラサギの女を探し 視線が彷徨う。

妖精が死んだ…
如何言う事だろうか 妖精は死なない 壊れるだけ。
妖精も 前文明の残り香 機械仕掛けの高度の絡繰り人形から 電池で動く玩具まで 
人型の機械仕掛けで動くモノを 此のネオ東京では 理解出来ない不気味で神秘的なモノと言う意味を込めて
「妖精」 と呼んでいる。
スポンサーサイト

category: 百花繚乱

tb: 0   cm: 1

コメント

20:41に拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
そうそう 暑い暑い夏の日差し 炭酸飲料 蝉時雨…
去年の夏って 七月は暑かったけれど 何か涼しくなるのが早かった感じで あまり暑さを満喫できなかったような…
今年は だれる様な暑い夏 期待したいなぁ。
此の 夏が始まる少し前って 凄くワクワクして 好きだなぁ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2015/06/21 20:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/1126-7800cc21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。