FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

こだわりですか…  

PA140054.jpg


最近あちらこちらのブログで 「もの書きブログテーマ 設定のこだわり」と 自身のこだわりについて
語られているので 其れではと 僕も振り返ってみたのです…
で 僕のこだわりは 凄くこだわっている個所ってあまりなかった…
此処で 話が終わってもあれなので 少し拘りって程ではないが 気を使っている個所についてです。

僕の書くモノって 現実半分 ファンタジー半分って言うような まるまるファンタジーではないが 
何処か少しファンタジーぽさがあるような作品が多いのですよ。

そこで 書きだす時に決めるのが どの程度非現実的にするかですね。
大きな嘘を仕掛ける為に小さな真実を積み重ねるか 嘘を嘘で塗り固めるか…
又は その真ん中あたり 嘘も方便程度にするか。

何方かと言えは 前者 小さな現実を積み重ねる方が多くて まるっきり 嘘を嘘で固めようとしたのは
ワタリガラスシリーズ程度かな。
分り易く書けば 前者の食事シーンでは ありふれた小花模様の皿に春の薄緑色のアスパラガスを乗せるが
後者になると もうね… 朝露に濡れた少女の苦い秘密を そっと味わうとか 食事が食事でなくなってるし。

前者の場合は いかに 如何にもありそうと思える様に書くか しかし 後者は 如何に現実からかい解離するか。
うーーん この程度かなぁ あまりこだわりないようです 僕…

スポンサーサイト

category: 雑記

tb: 0   cm: 9

コメント

おおっ

こんばんは。

ウゾさんにも拾ってもらえたのですね。ありがとうございます。

ウゾさんは、もっといっぱいこだわりがあるのかと思っていました。
でも、それはもしかするとウゾさんにとってはとても自然なことなのかも。

どのくらい非現実的にするか、ですか。
確かにウゾさんらしいこだわりです。
ワタリガラスの男ぐらい大きな非現実的はもちろん、いかれた兄ちゃんの非現実的なのか現実的なのか謎な部分も、ワトソン君の妙に現実っぽい非現実っぷりも、ウゾさんらしさ満載ですよね。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2015/10/15 06:02 | edit

八少女 夕さん へ

 こんばんは。
そうですねーーー こだわり あまりないようです…
ブログ上とはいえ 公開しているのだから もっと読む方の事考えた方がいいのですが 好き勝手ゆっていますね。

うん ワタリガラスシリーズは とことん言葉遊びと 何処まで浮世離れできるか挑戦しているような作品ですからね。
書いていて楽しいのですが 妙なテンションにならないと書けない…
ワトスン君は お遊びのなんちゃってミステリーですから 深刻になり過ぎない ある程度フワフワしている感じを目指していますね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2015/10/15 19:55 | edit

おはようございます

ああ、そうですよね。
ウゾさんの物語って、現実的な部分と、非現実的な部分が、不思議な感じで混ざり合っていて。
そこがウゾさんの物語だな~ってイメージがあります。
ジャンルでもハイファンタジーと、ローファンタジーというジャンル分けがあるみたいだけど、ウゾさんのはどっちでもないウゾファンタジーな感じです。
ウゾさんの美学とこだわりが、いろんなところにあって。
これからますます洗練されて、さらに独自の世界観を持っていくんだろうなと感じます。
不思議な世界観の中に、妙にリアルでコメディタッチな会話をする、ワトスン君たちも、とても好きです^^

URL | lime #GCA3nAmE
2015/10/16 07:11 | edit

lime さん へ

 こんばんは。
そうなんですよーーー 凄く中途半端なフワフワしているようなモノが多いのですよ。
剣と魔法の世界と言えるほどファンタジーではないし でも 現実そのままって言えるほどでもいし…
うん こだわりってほどよくあれば いいアクセントですが こだわりが強すぎると 読者置いてけぼりにしがちですからね… なるべく拘りは少なくと思うのですが 好き勝手に書きたいし… 其の塩梅が難しいですね。
ワトスン君自身 いまだに水道工事の事務所に就職したと拘っていますね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2015/10/16 21:04 | edit

こだわりにこだわるのも変な話ですからね。
私も気が付いたらこういうところは共通点であった。。。
みたいなところはあると思いますけどね。
まあ、その作品作品でテーマを決めていますから、
そこに対しては私もこだわるかな。。。

URL | LandM #-
2015/10/16 21:25 | edit

LandMさん へ

 こんばんは。
そうですね 拘りに囚われてしまっては 元も子もないって感じですよね。
僕は 好き勝手してしまう方なので ある程度拘りと言うか ある程度の決め事がない纏まりなくなりそう…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2015/10/17 19:27 | edit

21:20に拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
僕も風邪 すっきりと治らないよーーーー いまだに咳でてるし 偶に頭痛するし…
薬飲むと 其の時は治るんだけどね… いまいちだよ。

うん 写真ってこだわると 奥が深そうだよねーー まずカメラと言う道具へのこだわりもあるだろうし…
凄く 長い年月日 遊べる分野だよね 大人の趣味って感じがするよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2015/10/17 19:47 | edit

遅ればせながら

コメに来ました~!
そうかぁ、ウゾさんの場合は、何となくこだわっているというよりも、書いていたら自然にウゾさんワールドになっているのだと思っていました。だからある意味、私の感じたのはそのまんまだったんですね。でも、それでも改めて考えてみたら、そう言えばここはこだわっているかもって部分があるってのも、うん、何だか分かります。
ウゾさんの世界は独特ではあるけれど、ちゃんと世界観があって、そして本当にしても嘘にしても何か底に流れているものは同じなんですね。非現実感の中に現実があったりして、まるで能の中の一部分に存在する「狭間」の世界みたい。
でも、この世界はウゾさんにしか描けないです。
これからもウゾワールド、楽しく読ませていただきますね。

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2015/10/25 13:22 | edit

大海彩洋 さん へ

 こんばんは。
そうなんですよねーーーー 改めて考えると たいして拘りなかった…
だから 此処で拘りと書いていても 他の方にとっては 凄く基本的な事だと思える程度で なんだかなですが。
うん 凄く嘘で固めて現実的な部分を捨てて 如何に浮世離れするか そーゆー方向を目指しているのかなぁ… 改めて自分の書いているモノは何を目指しているのか 考えてみる機会になったようです。
ああっーー確かに 狭間は目指しているのかな 色々意味で。
小説の内容的な狭間 そして 軽く箸休め的な小説を書いてみたいとも思うし…
うん 楽しいモノ 書きたいですーーー

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2015/10/25 21:36 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/1150-ed6a31f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。