FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

星の夢  

PC240050.jpg

ああっーーー 久しぶりです。
今年の初夢は 何というか…
何時もの道を歩いて家路を急いでいる僕 道の端には 大型テレビでも買ったのか言うようなダンボールが…
嫌な予感を感じながらも 中をのぞくと やはり小さな毛玉が。
薄い アイボリーホワイトの様な色合いの毛玉を抱き上げて よく見ると ウサギだった。

NNN も 遂に 搦め手に出たのだろうか…



そして scriviamo! 参加作品です。
探偵もどきが 暇潰しで遊んでいます。

下記から どうぞです。





     星の夢

 「頼まれていたチョコレートだ 態々ローザンヌに立ち寄らせるとは 如何様な要件なのかと
それが チョコを買って来いとは」
アルフレドは 悪態を吐きながら爽やかな微笑を浮かべている リボンで飾られた包を一つ 机の上に差し出す。
「Blondel 此処のチョコレートのファンなだけだよ。」
ハロルドは当然の様に 何が不思議なのかと言った口調でしれっと応える。
金鎚で割られた 大きな一欠けらを頬張り 満足そうに そして もう一欠けらと手を伸ばす。
「相変わらず 絹のような滑らかさ 流石。」
ハロルドは ふふっと 実に気持ち悪い微笑を浮かべている 実に 実に… 気持ち悪い。

ハロルドが何か悪戯を思いついたのか クスクスと嬉しそうに…
比較的大きなチョコレートの一欠けらを翳し 挑発的に 偽悪的に言葉を吐く。
「最後のオランジュだ 此の一欠けらを賭けて暇潰しをしょうか。
アルフレド そして ワトスン君 些細な 実に取るに足らない謎を解いて頂きたい。

実は… 隣りの家が クリスマスが過ぎ 新年を迎え… 其れでありながら いまだに クリスマスのイルミネーションが
毎夜 光り輝いている 何故だ 何が目的なのだろうか。」

オレは 何処が謎なのかと まったく暇潰しにもならないよと応える。
「単に イルミネーションを片付けるのが面倒なのだろう あれだけデコデコと飾り付けたら 
片付けるのも大変だろうから。何処が 謎なんだよ。」

ハロルドが大仰に シェークスピア役者の様に溜息を吐き出す。
「其れならば 何故 毎夜煌々と灯をつけるのだ あれだけ派手にデコデコと… 電気代だけでも馬鹿にならない筈だ。
片付けるのが面倒なだけであれば 電気をつける意味を見いだせない。
其の 釣りの穴場情報で脳細胞が埋まってしまっているのだろうが 脊髄反射で応えている様な回答は
君の品格を疑いたくなるよ。」
オレは不機嫌そうに 特売のパスタの袋を開け 其れでも確かに あれだけデコデコと飾り付けていれば
恐ろしい金額に跳ね上がっている筈だと 納得して… 無心で 鍋のお湯のボコボコ踊りを見詰める。

「家族構成は… お隣の家族構成は如何様なのかな 我らの三流名探偵殿。」
アルフレドが基本情報を開示せよと迫って来た。
「そうだなぁ 例えるならば 下町のカルメンと言った風情の奥さんと痩せすぎのドン キーホーテ そして
咲き誇る花 深き海に抱かれし真珠といった羨望の的になりそうな姉妹。
そうだな 恰も ウッディー アレンの映画を思い浮かべて頂きたい。」
ハロルドは 説明する気があるのかないのか…
要するに かかあ天下で 年頃の娘が自慢の家庭を出来る限り 解り難く説明したようだ。

「では 毎年なのか 其れとも 今年だけの特異なのか 其の電気代大放出は。」
アルフレドは… チョコを食べたいのだろうか 問題を絞り込みだした。
「そうだな 確かに毎年 ささやかなイルミネーションは飾られていた そして そそくさと片付けられていた。
其の点では 電気代大放出は今年だけだな。」
ハロルドもまた 暇潰しを最大限に楽しんでいるのか 公平無私に情報を開示する。
オレも何か悔しくて ぼこぼこと煮立ったお湯に 特売品のパスタをパラパラと手慣れた手つきで放り込み
無心に脳細胞を酷使する。

「…… そう 人の目だ イルミネーションをド派手に飾り立てる事に拠り 其のイルミネーションを見ようと
人が訪れる。
其れに拠って 何時でも 人に監視されている状態で…。」
オレは自分で言っていながら 混乱して訳が分からなくなってくる。
「人の目にさらされたい理由は まさか 露出狂の変態とか言いださないよね 親愛なるワトスン君。」
オレは先にグッサリと釘を刺されて まさか此の陰険雇い主は オレの思考パターンを知り尽くしているのかと
背中に嫌な感覚を覚えて 頭をぶんぶんと振り回して其の思考を振り払う。

「あははっ まさかそんな訳ないだろう… えっ…と… そうだ きっと 借金取りに命を狙われていたんだよ。
其の為 イルミネーションで飾り立て 人の目が常にある状態にして 身の安全を計っていたんだよ。
うん きっとそうだ。」
オレは苦し紛れに 口から出まかせの理論を捲し立てる。

「借金取りに追われている人物が 電気代大放出 整合性に無理があるかなぁぁぁぁ。」
貯金箱と陰険雇い主が 仲良く声をそろえて なんて嫌な光景だろう。
「其れならば 花の様に美しい年頃の愛娘の彼氏との駆け落ち計画を知った親父が じっとりと邪魔をしている。
此の方がロマンチックで暇潰しの話題には丁度いい。」
ハロルドの口から ロマンチックなどと言う単語が放たれるとは 悪夢のようだ。

オレは 取り敢えずしっかりとじっくりと茹で上げたスパゲティーを皿に盛り 塩とケチャップを横に添えて
そっと テーブルの上に並べる。

「イルミネーションを毎夜 続けていると言う事は いまだ 目的が達せられていないと言う事で。」
アルフレドは当然の様に 自分専用の塩を懐から取り出し 優雅な手つきでスパゲティーに降り掛ける。
ハロルドは どういう事だと言いたげに 無言で続の言葉を促す。
「星へ行く為に イルミネーションでコンタクトを取っていると言うのは 如何かな。」
ハロルドは如何言う積りなのか いいねと言って スパゲティーを一口 頬張る。

オレは納得できなくて 其れならば オレの借金取り案の方が いいだろうと言い返す。
「そうだ 隣りの家の庭に会った ゴツゴツの岩が 綺麗に 庭の隅に片付けられていた。
おそらく 借金取りから逃げる時に怪我しない様に 片付けたんだ。数日で結果が出る筈だ。」

「そうだな 庭にゴツゴツの岩があったら 迎えの乗り物の離発着に困るな。」
こいつらは… 二人そろって オレをおちょくりだした 確かに暇潰しなのだが 憮然として無言で一口 二口。

「今夜は 流星雨が降るらしいよ。電気代的にも そろそろ限界だろうからな。」
ハロルドは空になった皿に 再びスパゲティーを盛る。


そして 隣りの家はもぬけの殻となった。

ハロルド曰く
「借金取りに追われながら 美しい姉妹は彼氏と駆け落ちし 白く輝く五十個の星の何処かに行ったのだろう。」
賭けられていたオランジュは アリアさんに拠って綺麗さっぱり処理された。 
 
 
スポンサーサイト

category: 探偵もどき ショート

コメント

わ〜い

新年の第一作でご参加いただきましてありがとうございます。
それに、大好きな探偵もどきたちの再登場ですね。
わざわざスイスの「Blondel」を取り上げてくださったのですね。
私自身が知らなかったので、サイトで見てきました。うむ。これは美味しそうです。
ウゾさん、いつもながら博識。

そして、これは可愛いミステリーです。
いったいどうしたのでしょう。
もしかしてハロルドとアルフレドの二人がワトスン君をからかっているのかしら。
一番得したのはアリアさんかもしれませんね。

お返し、しばらく考えますので、少々お待ちくださいね。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2016/01/04 05:32 | edit

八少女 夕さん へ

 こんにちは。
そうですね 狭苦しい部屋に むさ苦しい男たちがグダグタと話をしているだけの掌編になりました。
うん Blondel 此処のチョコは ほんとに美味しいですからねーー 機会があれば一度。

まぁ 暇潰しのお遊びですが… ハロルドの最後の言葉 白く輝く五十個の星と 題名の 星の夢から ある程度は解るかな。
アリアさんは おいしそうーーとか言って 食べてしまうのだうなぁ。
そして おそらく ゾーラさんは ちゃっかり 兄からお土産として チョコ詰め合わせを貰っているだろうな。

うん 楽しみに待っています。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。
 

URL | ウゾ #-
2016/01/04 12:41 | edit

21:33に拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
うん 抱き上げて 連れて帰ろうとして まじまじと見たらウサギで…
丁度 其のところで目が覚めたのですよ。
うん 怖い夢は嫌だなぁーー 追いかけらる夢とか 妙に疲れるし。
楽しい夢がいいよね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2016/01/05 18:16 | edit

ハロルドたちの暇つぶし……いや、かけ事は、ロマンチックでミステリーじみてて、いいですね。
でもこの謎解き、
答えはハロルドのみぞ知る?

ウゾさんも夕さんのscriviamo!にこれで参加なのですね。
夕さんのお返しも楽しみです。

URL | lime #GCA3nAmE
2016/01/06 06:57 | edit

lime さん へ

 こんばんは。
そうですね 凄く些細で身近で 凄く如何でもいい程度のことで…
日常の 一寸したことを書いてみたくなったのですよ。
此の答えは ズバリ 星の夢です。
白く輝く五十の星が知っているかな。
此れ以上書くと 八少女さんのお返しの幅を狭めてしまいそうなので この程度で。

うん どのような返し方がくるか 僕も楽しみです。

URL | ウゾ #-
2016/01/06 18:37 | edit

明けましておめでとうございます~~!!
(´▽`*)

って、大分挨拶が遅れましたね。。。
申し訳ありません。

お久しぶりですね。
初夢を見たんですね。
もう初夢を気にするような年齢でもなくなったじぇ。。。
今年もよろしくお願いします。
(/・ω・)/

URL | LandM #-
2016/01/07 20:11 | edit

LandMさん へ

 おめでとうございます。

そうです 久しぶりに初夢みました というか 覚えていました。
微妙な内容ですが…
もう少し めでたい内容ならばよかったのですが ウサギ…
初夢的には 如何なのでしょうね ウサギって。

此方こそ 今年もよろしくです。

URL | ウゾ #-
2016/01/07 21:46 | edit

お久しぶりです。

ウゾさんのところでは久しぶりのコメントになります。サキは書くのが遅いので、たくさんの方のブログにコメントを残すことが出来ないんですよ。自分の作品を書く時間がなくなってしまいますので。

うむむ・・・ウゾさんの書かれる文章はやっぱり深いです。
さて、今回の物語では不思議な光景が描かれています。近所でもクリスマスイルミネーションをたくさん飾っている家をあちこちで見かけますが、クリスマス以降に点灯しているところはありませんね。LEDもあるとは言え、電気代は半端ないようですし、近所からも色々言われるのかも・・・。
サキが考えるのはその家の中には死体が転がっているんじゃ?(タイマーで夜間だけ点灯している)くらいです。でも、それじゃ消灯しておけばいいじゃん?と言われれば、ひとたまりもありません。
ということでサキはハロルドの意見に賛成です。
そして、推理と会話を楽しみながらそれと平行して描かれる登場人物の動作がいいですね。美味しそうだなと思ってしまったり・・・。
夕さんはどのように帰されるのかな?これから読みに行こうと思います。

URL | 山西 サキ #0t8Ai07g
2016/01/17 12:03 | edit

山西 サキ さん へ

 こんばんは。
そうですよね――― 最近 僕忙しくて ブログを書くスピード 大幅に遅くなっています もう少し書きたいのですがなかなか…

そう あの電飾って 家一軒飾り付けると 凄い電気代がぶっ飛ぶようですね。
あまりの電気代の高さに 今までは一か月点灯していたのが クリスマスの三日間だけになり 最近は 時間を決めての点灯とか…
徐々に点灯時間が短くなっていったり…

あははっーーー チョコレートは本当に美味しいですよ スイスの老舗店ですからね。最近は銀座だったかな… に支店ができて通信販売もやっていますね。
スパゲティーは何というか… 小麦粉に戻っていますから…
うん 流石 夕さんですよ 洒落たお返し掌編でした 夕さんの引き出しの多さに脱帽です。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2016/01/17 18:03 | edit

うむむ

こりゃ難しい。ウゾさんのこちらを拝読→夕さんちを拝読→ウゾさんち再読→夕さんち再読……と往復してしまいました。夕さんがまとめてくださったので、その部分は「これでよし」なんだけれど、いったい、庭の石は何? 大海としては一番石が気になってしまいました(^^)
どのくらいの大きさの石なんだろう? 大きそうにも思うけれど、石って重たいから、大きいと動かせないし……いや、ごつごつなら、もしかして軽石系? あるいは張りぼてで何か隠されているのか……
でも、お正月から探偵もどきの皆さんにお会いできてよかった(*^_^*)
ちなみにうちの近所も最近は少しトーンダウンしましたが、一時は○○ルミナリエと呼ばれる区域でした。聞くところによると、12月の電気代は5万円プラスだったそうです(デコレーション並みの電飾の御家)。LEDになって、かなり安くなったんだとか。

NNN、ついにウサギも手掛けるようになったのかな? でもそうなると、NNUN? あ、遅ればせながら今年もよろしくお願いしますね!

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2016/01/19 02:51 | edit

大海彩洋さん へ

 おはよう御座います。
ああっーーー いい所突いてますよ 庭の石。
ある程度の大きさの石が幾つかって感じでしょうか。
庭先のあちらこちらに散らばっていたのを 纏めて一か所にした 何故か。
何かを埋めているのですよね 其の土を掘り起こしたのを隠す為であり 第三者が 再びそこを掘らないため。
ある意味 この何かがキーですね。
まぁ… 死体系ではないので。

僕の方でも 一時は見物人が出るほどデコレーションしている一角があったのですが 最近はすっかり大人しいですね。
NNUN… 恐ろしいーーー ううっーー 幅広く多角経営って 纏めて色々と… ああっーー 偶にある 猫とひよこが仲良しとか異種間の動物が仲良しになっているのは NNN の新しい戦略かーーー
いえいえ 此方こそ 宜しくです。

コメントありがと絵御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2016/01/19 06:07 | edit

はじめまして、こんばんはm(^0^*)m

いつもご訪問どうもありがとうございますm(^0^*)m
初コメントで失礼致します~~m(_ _)m

軽妙なやり取りが楽しいお話ですね~~~!!!

特別の塩で頂くパスタはどこかのおうちの
イルミネーションみたいにごてごてしてなくて
シンプルでかえって美味しそうです!!!
実は、先日1回拝読させていただき・・・・・・
ものすごくパスタが食べたくなって
その日の晩御飯はパスタになりました(爆)
ちょっと、ごてごてしちゃいましたけど(^0^;)\(笑)

なかなかコメントに踏み切れなくて
すみませんでしたm(_ _)m
これからも末永くよろしくお願いいたします(^^*)

URL | かじぺた #-
2016/02/03 01:55 | edit

かじぺたさん へ

 こんばんは 初めまして。
僕も こっそりと訪問させて頂いています。

うん 此の探偵もどきシリーズは 言葉遊びをくどいほどにって感じなので。
ワトスン君の茹でるパスタは 何時もうどん寸前 小麦粉へ原点回帰しています。
イメージとしては 場末の喫茶店のパスタ 箸で持ち上げるとプツリと切れて落ちる様な。
此のワトスン君 初登場からパスタを茹で続けているのですが まったく上達しない…

いえいえ 此方こそ 僕 ずっと読み逃げしていましたからね…
此方こそ 宜しくです。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2016/02/03 17:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/1163-0f9c9291
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。