FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

好きなのだろう  


P4030103.jpg

P4040104.jpg

脈絡もない写真ですが 撮ったまま放置していて 此のままお蔵入りしそうだったので 救済です。

まぁ 何となく雑談でも…
誰でも 好きな作家っていますよね 
その時々で好きで作家から 色々と手を出しても結局帰ってきてしまうような作家まで。
僕の場合 小説家では 何故か内田百閒さんが 何時までも好きで 手の届くところに本を置いている。
何というか… 漱石の弟子で 芥川と結構仲良くて…
六十歳を超えてから鉄道にはまり 「何も用事はないけれど 汽車に乗って大阪に行ってこようと思う」とか言って
ふらふらと… 自由過ぎる阿房列車シリーズが始まって
六十代後半には 猫にはまって ノラやを書く。
猫好きには バイブルのような書物ですよ 愛猫ノラ そして 其の後 現れたクルツ。
うん 凄く感慨深いのですよ 此の百閒先生の処女作が 冥途で 此の作品は 死者を存在を感じながらも
会えない。
そして 最後の作品が 猫が口をきいた で…
病死してしまった クルツの存在を クルの通い路 で感じていたり。

頑固爺で 我儘で 凄く可愛い 学芸院会員に推薦されても イヤダカラ イヤダ といい 八十一歳で老衰する。
ふっと 読みたくなるのですよねーーー

スポンサーサイト

category: 雑記

tb: 0   cm: 7

コメント

ああ~この写真、どちらもいいなあ^^
醤油ちゃん、びしっと空中で固定されてるみたいで面白い^^

心底惚れられる作家さんがいるというのは、素敵な事ですよね。
もう亡くなってて、全作品読み終えてしまうのは寂しいけど。

私も尊敬する作家さんはたくさんいるんだけど、作品の中でも好きなものと、そうでないものがあって、作家さん自体を好きになることはあまりないかな・・・。ウゾさんがうらやましいです。

余談ですが、先日夢にウゾさんが出て来て、貧乏な学校の資金集めのために、学園祭で一生懸命たこ焼きを焼いていました。
ちょっとワトスン君っぽかったです(笑)

URL | lime #GCA3nAmE
2016/04/12 07:23 | edit

lime さん へ

 こんばんは。
ああっーーー 確かに 箱浮いている様に見えますねー

うん 随分ではないけれど昔の作家ですからねーー 現代進行形で醜聞が出てくる事がないですからね。 
今活動されている作家ならば 突然嫌いになる事ありますが いい意味でも悪い意味でも 既に完成されていて新しい横顔がでてくる事 あまりないですから 突然嫌いになる事ないのかな。

あははっーー 誰だったかなーー 別の方にも 僕のイメージはワトスン君だと言われた事ありますね。
なんか あの苦労性のイメージなのかなぁーー
でも確かに 僕も幾人かの方は 其の方の書かれている小説の登場人物イメージあります。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2016/04/12 21:04 | edit

私も、なんか味噌くん(味噌くんですよね?)、手品に参加してるみたいと思っていました(^^) 丁度棚がいい具合に見えないのですね。
河原の夜桜、いいですね。もうすっかしはげ坊主になりましたが、次々と花の咲くいい季節になりました。

内田百閒氏、なるほど、ウゾさんらしいなぁと思いました。と言っても、ノラや、しか知らないのですけれど。
私、文学的なものは自分で探してくることはなくて、予備校の教科書とかで知った作家さんも多いのですが、内田百閒もその一人かも。でもそんなところで知って、嵌った作家さんや詩人もいます。そんなふうにして知った詩人が、自分の入った大学の卒業生(文学とは何の関係もない学部)だったこともあったりして。
うん、私も作品全部好き、ってことはあまりありませんが、ある程度は読み続けるかなぁ、で、いくつか読んだら、もうういいかな、と思ったりして。きっとある作家についての卒業論文、とかになったら途中で飽きちゃうんだろうなぁ。

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2016/04/13 07:14 | edit

大海彩洋さん へ

 こんばんは。
うん そうです 茶色の方が味噌で黒色が醤油です。
棚があるのではなく 本が丁度いい具合に支えになっている様です。
言われるまで 手品っぽくなっていると気付かなかった…

桜 散るの早かった… 今の時期の桜 凄く微妙な状態。
おそらく 一人の作家にはまり込んで 其の人ばかり読むのではなくて 色々な作家に手を出すけれど また ふっと帰ってきてしまう その様な感じかな。
勿論 作品は好きなのですが 作品の醸し出す雰囲気が好きなのかな。

ノラや いいですよねーーー 小さなノラ猫がいなくなって 毎日泣き続けて 食事もろくにとれなくなったり…
猫を飼った事のない人にとっては へぇ???って感じでしょうが 猫を飼った事がある者にとっては 気持ちが解り過ぎて 一緒に泣きそうになるのですよーー
ああっーーー ノラや いいですよーー

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2016/04/13 20:54 | edit

21:08に拍手コメント頂いた方 へ

 おはよう御座います。
うん 凄く好きで好きでと言うのではないのですが なんとなく好きで 何となくいつまでも手元に置いている。
そうして 好きな作家は誰と問われると 色々と考えて 此の人なのかなぁとなる。
呼んだすぐは どうこう思わないのだけど… 何となく…

桜 今年は散るの早かった… すっかり葉桜 八重の桜だけが今 花盛りだよ。
桜が終わって 此の通りも人通りが何時もに戻ったよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2016/04/14 06:06 | edit

素晴らしい写真!!
\(◎o◎)/!

醤油がアマゾンのダンボ―ルから覗いている姿とは。
これほど愛らしい写真もないほどですね。。。

URL | LandM #-
2016/04/17 15:04 | edit

LandM さん へ

 こんばんは。
猫と箱って 凄く相性がいいのですよーーーー 
子猫から でかくなった猫まで 須らく箱が好き。
子猫は無条件に可愛いですが でかい猫も また可愛いものです。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2016/04/18 21:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/1185-b6054dcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。