百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

薄幸の美少女ではなく 醗酵の親父 虚しい…  




此れは トルコのトプカプ宮殿だったかな…
此処に掲載している写真は 既に写真しか残っていなくて データーがないので
写真を再び デジカメで撮って 載せています。

下記からは 探偵物 続きです。
興味のある方は 下記から どうぞ
「ナァァァ がぁーなぁーん」
鏡餅が 舞い踊っている。
閑古鳥は 既に堂々と 事務所の一角を占拠し 営々と 建国に勤しんでいる。

僕は 何故 こんな所で バイト君をしているのだろう。
自問自答… するまでもない 単純明快 此れこそ正義 バイト代が良かった。
札束で 頬をペシペシとされ 愛人になれと 口説かれる 美少女の様な境遇。
普通 此処で美少女ならば キッと瞳を上げ お金では 私の自尊心は買えないとか
言うのだが…
所詮 醗酵… 失礼 薄幸の貧乏学生 たかが はした金で バイト君に成り下がる。
そう 詮方ない事情が迫る 学費滞納 家賃滞納…

全ては ネンキンの為…
因みに 粘菌であって 年金ではありません くれぐれも誤解無きよう 御願いします。
そうです 僕は 粘菌を研究しているのですよ。
可愛いんですよ 粘菌 すっごくすっごく 訳分らなくて 動物なのか植物なのか
曖昧だし… うねうねして どっかに勝手に行っちゃうし 凄く 魔性の小悪魔の美女みたいで…

すみません この様な話を延々として以来 女友達と疎遠になってしまいました。
やはり 粘菌はだめでしょうか。
女の方には ロマンチックな話の方が いいのでしょうか。
例えば ブドウ糖とか 炎症反応とか… 是非 率直な意見を御聞きしたいのですが。

「おーい 件 バイト君、 隣町まで行って 新聞を買ってきてくれ 全種類だ。
くれぐれも 隣町だ 近所で買うな。」
一応 僕の雇い主である夜雀 バイト代を払ってくれる ありがたーい人物
変人だけど 変人だけど 変人だけど…

僕は 愛する粘菌の為 そして 学費 家賃の為 路面電車に乗る
気分はすっかり ドナドナ…  
 
スポンサーサイト

category: ギャグ

tb: 0   cm: 8

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2017/03/18 03:43 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2017/03/20 15:33 | edit

コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
何時も丁寧に読んで下さい 其れに加えて 丁寧な感想 有難う御座います。
そううですね 読者の方との距離は遠いかもしれませんね。
いい意味でも悪い意味でも…
ブログの中でも書いた事あるのですが 僕が一番初めに作品を書き出した所は 作品を書いている者同士の交流がほぼなくて 一方通行で 作品の感想を頂けることが 凄く稀だったのですよ。
其の為 読者がいるかどうか分からない状態が常なので 自分の好き勝手に書いていたので 今でも 其れが続いていますね。
うん そうですね 洒脱 軽みで遊びを目指している作品は書いていて 楽しいですね。
コメント ありがとね。

URL | ウゾ #-
2017/03/20 19:03 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2017/03/24 01:53 | edit

01:53 にコメント頂いた方 へ

 こんばんは。
そうですね ワタリガラスの男シリーズは 僕の好き勝手我儘の塊のような作品達ですね。
基本的に僕の作品は初期から いい意味でも悪い意味でも詩的 そして分りにくいと言われ続けています その中でも 解り難さ極まりがワタリガラスシリーズです。
それでも このシリーズは読者が一人もいなくていい 自分だけが読者でいいと言った感じで 我儘を押し通していますね。

花粉症は薬を飲んでいるのですが 最盛期は辛いですね。

ははっーーー プロフィールですか あの絵は そう言えばプロフィールがないなーーと其の場で適当に書いたので 後々数回書き直そうとしたのですが あの絵可愛いよと言って下さる方が多々…  其の為未だに あの一筆書きのような絵を使っているのですよ。
何時も 丁寧なコメントありがとね。

URL | ウゾ #-
2017/03/25 18:18 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2017/04/19 00:19 | edit

コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
僕は 親からの干渉が少なかったですね。
あまり教育熱心でもないし… 僕が何か参考書のようなモノが欲しいと言っても 親が買い与えるのではなく 自分で選んで買って来いですね。
僕は 神よりも人を信じたいですね。
誰かと言った 個人としての人ではなく 人と言う種を信じたいって感じかな。
人は 死んでしまった後は言葉になると思っています。
死んでしまった人の事は ある一定の時間は鮮明に覚えていますが 徐々に顔立ちや声をおぼろげにしか思い出せなくなる。
そして最後は あの人は優しかったとか あの人はよく笑う人だったとか。
言葉になっていく。
人は頭の中で想像できる事しか 言葉を作り出せない 其の限界のある人という種が考え表す言葉の神とか永遠とか…
いや 反対なのかな モノや現象があって言葉をつくりだすのか…
確かな事は 人の思考は言葉に囚われていて 其の柵から中々抜け出して思考する事はできないかな。
コメント ありがとね。 

URL | ウゾ #-
2017/04/21 20:09 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2017/04/23 21:47 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/12-b7a8f5d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)