FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

豪華客船の旅 イニシエノコトバ 8  

豪華客船の旅 最終回です。




 
豪華客船の旅  イニシエノコトバ
…… それでは いいかな。
ワタリガラスの男は 人形に出掛けるよと外出を促す。
…… それは 以前話してくれた招待状の送り主なの。
人形はワタリガラスの男に 小さな質問を呟き そして 立ち上がりワタリガラスの男の手に 
そっと手を滑り込ませて絡める。
…… そう 古い古い知己。
ワタリガラスの男は人形の絡めてきた手を 軽く繋ぎ 夜の豪華客船をゆっくりと歩く。
華やかなロビー 賑やかな談話室 。そして 何時もお茶会に参加していた甲板 夜遅くまで人で賑わい 騒めいている。
明りが華やかに甲板を飾り… 海にポツンと浮かんでいる筈の船でありながら星が見えない。
人形は 一瞬… そう一瞬の感覚の後には 明らか変わっていた。
降るような星空 そして 時間が遡ったかのように雰囲気が変わり 人で賑わっていたはずの甲板には誰一人としていない。
いや ただ少女が一人立ち上がり 甲板に用意されていたお茶会に手招きしている。

… お招きいただいて ありがとう 久しぶりだね フランシーヌ。
ワタリガラスの男は その少女の前で歩みを止め 挨拶を口にする。
… ほんとに久しぶり 来ていただけて嬉しいわ。
そのフランシーヌと呼ばれた少女は 言葉を返す。
ひと時の雑談 そう フランシーヌが自ら言葉を言い出すことが出来るように ほんの少しの…
ワタリガラスの男は フランシーヌの言い出すであろう言葉が 何故 態々招待状を送ってきたのか 
凡その見当はついていた。
そして フランシーヌは 普段は出不精であるワタリガラスの男だが 招待の意味を悟って招待に応じてくれるだろうと
確信していた。

フランシーヌは 曇りのない明るい笑顔で切り出す。
… 私 再び海の底で眠る事にしたの この豪華客船で世界中を旅したけれど もう どこにもD はいないの。
  分かっている すでに Dはいないって それだけではないの もう 誰もD について語らない
  Dの書物も何処にもないの。
  D のいない世界は いらない…
フランシーヌは ゆっくりと空に腕を伸ばし 何かを掴むように掌をきつく握る。
… あの時 私が船から投げ捨てられた時 あの人は何て叫んでいたのだろう あの人の最後の言葉が分からないの。
  あなたは 知っている ふふっ 知っている筈ないわよね。
フランシーヌは いたずらっぽく笑って 海へと歩みだす。

人形が 髪に飾っていた例のガラスの髪飾りを手に取り フランシーヌの髪に飾る。
… あのね この髪飾りはとっても素敵な人から プレゼントされたたモノなの 日にあたるとキラキラするし
  水のように少し冷たかったり とっても綺麗なの。
  この 髪飾りの人とは再会できて お話もすこしだけどしたの。
  あなたとも また会えるかな。
人形は 少し笑いかけて 言葉を待つ。
… D のいない世界を受け入れる事が出来ればね  ではさよならではなく またねと言っておくわね。
フランシーヌは 人形に答える。
… 絶望的だな…
ワタリガラスの男は 小さく嘯く。
そして 再び感覚が歪み 賑やかで華やかな豪華客船の甲板に立っていた。
… いいのかい お気に入りだったのだろう あの髪飾り。
ワタリガラスの男は人形に 聞く ほんとに良かったのかと。
… うん せっかく頂いたのに あげちやった… アンジェリカ気分悪くしちゃったかなぁ…
人形は 空を見上げて呟く。
… 星 見えないね。
ワタリガラスの男は 腕を伸ばし 何かを呟く。


「生きているか ワトスン君。」
ハロルドの懐かしくも 聞き飽きた陰険悪辣な声が聞こえる。
「ワトスン君…」
ゾーラさんが 感極まったかのように言葉が続かないようで。
そして このオレ ワトスンは無事に救われたわけだが 小さな悪戯を仕掛けておいた。
あの間違い探しのような あの埃っぽい事務所を模した部屋のオレの机の奥底に退職願を入れておいた。
オレの小さな嫌味 オレへの理解が足りないぞと…
嫌味… オレ… ひょっとして 陰険雇い主と貯金箱に毒されているのか…



 
 
    
スポンサーサイト



category: 探偵もどき ショート

tb: 0   cm: 8

コメント

完結、おめでとうございます。

そうか、招待状の送り主は、他の人たちとは違ってさまよえるフランシーヌだったのですね。
このフランシーヌは、以前お船から突き落とされた人形ですよね。
Dという元の持ち主(?)のストーリーは、わからないのですけれど、ワタリガラスの男の口ぶりからだと、時空を超えて生きられるタイプの人ではなくて、もう永遠に去ってしまった人なのかな。

アンジェリカから渡された髪飾りは、フランシーヌに渡ったのですね。
心から大切に思う人へ大切なものをプレゼントするという人形の思いは、きっとアンジェリカなら理解できると思います。

人形にはワタリガラスの男(とシロフクロウ)がいるけれど、フランシーヌはこれからもひとりぼっちで世界を彷徨うんだって思ったら、きっと居ても立ってもいられなくなったのでしょうね。人形の優しさにほろりとします。

そして、ワトスン君も無事に戻り、よかったです。それに、ささやかな抵抗もしてみた模様。グッジョブですが、届くのかな? でも、ハロルドと貯金箱に毒されすぎませんように!

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2019/11/08 03:41 | edit

八少女 夕さん へ

ありがとうございます。
そうです 水兵によって悪魔の人形とか魔術道具とか言われて 海に投げ捨てられた あの人形です。
もとの持ち主 D はデカルトがイメージなので デカルトとデカルトが溺愛したフランシーヌ人形ですね イメージは。
うん ごく普通の人物です 凄い偉人ですが 特殊な能力を持っているわけではないので。
うん フランシーヌは海に投げ捨てられたのち D を探し続けた そして 何処にもいない そして 人々はD について語らない そして D が生きてそこにいた痕跡もどんどんとなくなっていく。
そんな世界はつらくて 再び海の底で眠る事を選んだ。
海の底で眠る前の 最後のお茶会にワタリガラスを招待したって感じですね。

あははっーー ワトスン君の嫌味は届かないでしょうねーー
ワトスン君は二人に毒されても 根本が真面目ですからね 大した事にいですよ。

URL | ウゾ #-
2019/11/08 21:19 | edit

完結、お疲れさまでした。

ワタリガラスの男への招待状は、フランシーヌから、でしたか。彼女は、この不思議な船で旅をしていれば、あるいはDに再会できるか、そうでなくてもDの消息や痕跡を見つけることができるのでは、と考えたのでしょうね。そして、彼女がワタリガラスの男を呼び出したのは、自身の選択と結末の未届け人としてだったということでしょうか。
世界に絶望して、また海の底に戻って眠りにつく、というフランシーヌの決断が切ないですね。

アンジェリカとの出会いを通じて人形が持った無邪気な希望を、否定することなく逝ったフランシーヌ。でもそれはかなわないことだと、ワタリガラスの男は見抜いている。
この別離のシーン、とても幻想的で美しいシーンだと感じました。

ああ、ワトスンくん、その退職願はきっと届かない。届いても、完全にスルーされそうな予感しかしません。あるいは、無人島サバイバル慰安旅行の開催とか(笑)

不思議な感覚の物語と文章、楽しませていただきました。

URL | TOM-F #V5TnqLKM
2019/11/09 19:57 | edit

TOM-Fさん へ 

ありがとうございます。
そうです フランシーヌからでしたーー 
フランシーヌは Dとの再会までは望んでいなくて もはや会える事は無理だと理解しているが 人々がDについて語っている 図書館などにD の書物がある その様な事に喜びを感じ 安心していた。
でも まぁ… 哲学ですからねーー あまり語る人いないでしょうからね。
フランシーヌ 寂しいのでしょうね。
うん ワタリガラスも古い知己として フランシーヌを止める事はできないと理解しているが 招待に応じ 見届けたって感じでしょうか。

ワトスン君は… 退職願 スルーされるなぁーー 綺麗に完全無欠に…
紙を無駄使いするなとか 字が汚いとか言われて そのまま 綺麗な弧を
描いてゴミ箱に捨てられるのだろうな。

URL | ウゾ #-
2019/11/09 23:22 | edit

こんばんは

ばらばらに読んでいたらつかめなかったことが、通して読んでやっと確認できました。うう。デカルトかぁ。さすがウゾさん。フランシーヌと人形のシーンは美しいですね。それにアンジェリカの髪飾りがシーンに光を添えていました。
途中、ちょっと山内が登場しておりましたが、なかなかいい感じで絡んでいて良かったですね~

こちら、ワタリガラス組のシーンと違って、相変わらずコメディな5人組。あ~あ、うちのタケルは彼らの正体を分からずに雇っちゃったのですね(と勝手に、設定している^^;)。でも、あの人、根が単純なので、面白い連中は好きっぽい。
半にゃライダーのポスターの謎は解けたような、まだそのままのような? なので、ちょっと絡ませてもらおうと思いました。マコト、ゾーラさんの記念撮影会に絶対混じりたいに違いない。
そして、ワトスンくん、十津川警部よろしくいつも辞表を忍ばせて事件に挑んでいる(つもりはないけれど事件の方から、じゃなくて、陰険*2から絡まれて)のでしたね。でも、引き出しの中、きっとしれっと鍵掛けられて終わっちゃうような。
沢山遊んでくださってありがとうございました!
あ、もう一言書きたかったけれど、事情があって、うちのを発表してから書きます! ひとつ分かったことは、どうやらウゾさんとはやっぱり、発想の方向が似ているらしいと言うことでした。

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2019/11/11 19:04 | edit

大海彩洋さん へ

まぁ 船という事で思いついたのがフランシーヌで… もっと人形とフランシーヌと交流させようかとも思ったのですが それでは密室劇になってしまうので 最後だけです。

五人組はお笑い担当ですからねーー あははっーー雇われていたのかぁーー ハロルド 相変わらず折り目のついた水回り工務店の名刺使ってそう。
半にゃライダーのポスターの落書きは… 強いて言えば 博士から協力者への情報共有 および 博士の自己主張って感じでしょうか。
五人組って 結構かたまって動いているので ほかの方からすれば絡みにくいかなーーと そのため ポスターの謎は雰囲気づくりと絡みやすいネタって感じですね。
ゾーラ 今回は マコトに動くぬいぐるみに 可愛いもの満載で 超ゴキゲンかと。

あははっーー そうですよね なんか似てますよね 好きになるモノ似ているしーー
クリスマスだったかな 大海さんがどのように纏めるのか 楽しみに待っています。

URL | ウゾ #-
2019/11/11 23:44 | edit

完結、お疲れ様でした。

あまり言葉多いと陳腐になってしまいそうなのですが、
本当に大切な人がいない世界で存在し続けなければいけないって、
寂しく、苦しいことですよね。
それは、普通の人間であって、限りある寿命が尽きるまでだとしても。
フランシーヌさんは今回の結末を決めるまで、
どれだけの思いを抱えて来たのでしょうか。
そしてそれを見届けることしか出来ないワタリガラスの男さんも。

髪飾りは人形さんにとって大切なものだと感じていたので、
こちらでも少しキーアイテムとして扱わせていただきましたが、
最後にこんな使われ方をするとは。
海の底で眠りに着くフランシーヌさんに、素敵で優しいプレゼントですね。

ワトスン君は退職するつもりが表面上は兎も角、
本心では全く?無いように見受けられるのですが、気のせいでしょうか。
そういう意味では華麗にスルーされても問題ないのかな…

雰囲気の異なる2つの話の同時進行、たいへん楽しませていただきました。
今回は色々とありがとうございました。

URL | 志士朗 #yl2HcnkM
2019/11/13 00:03 | edit

志士朗さん へ

ありがとうございます。
そうですね 忘れて前を向けるといいのですが…
時間が傷を癒すこともあれば 時間と共に傷が膿んでしまって悪化することもあるからね。
癒すことができないのであれば いっそ傷と共に沈んでしまおうかな。
うん ワタリガラスの男は基本的に 物事に関わらない見守り記憶しておく
それ以上にはならない。
時間 空間の旅人って感じですね。
髪飾り 最後にフランシーヌに渡す事は 凄く悩みました。
せっかく似合うといってプレゼントされたものを 別の人物にあげてしまっていいのだろうかと。

ワトスン君はねーー 結構 それなりに気に入っている職場なので…
まぁ 絶対に何があっても 気に入っているとは言わないですけどね。
いえいえ こちらこそ 楽しませていただきました。

URL | ウゾ #-
2019/11/13 21:53 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/1247-f3ab147a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)