FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

桜色大円舞曲 中編  

P4040027.jpg


この写真の海の蒼 何かを思い出すなぁ と
心に引っ掛かっていたのですが 中々 思い出す事が出来なくて…

この蒼は 古びて 日に焼けたカレンダーの色だと思い当たった。
妙なぼやけ具合が 哀愁を帯びているかと。

そして 話し変わって 大学には 哲学科ってあるじゃないですか
前々から 疑問だったのですよ 其の存在意義と言うか 何を学ぶのか。
いえ 哲学の歴史 思考 何を学ぶかは 分っていますよ。
哲学って 如何に深く物事を捉え 如何に深く物事を思考できるかに
行き着くかと 思うのですよ。
学ぶのではなく 方法論 思考方法の確立が目的なのかなと思っているので
哲学書の言葉の分り難さも 手垢に塗れた言葉では表せない もどかしさなのかな
おそらく 表層を学んでも役に立たない学問で 深く学ぶと 色々な意味で危ないかと
結論 哲学科には 近付かないでおこう。

そして 桜色大円舞曲 中編です。
興味のある方は 下記からどうぞ



    桜色大円舞曲 中編

 そう ショパンは祖国を ポーランドを 愛していた。

そうして 其の祖国が ロシアの手により蹂躙され 引き裂かれている時 ……
何も 何も 何も 何も 何も 出来なかった。

彼の ショパンの 唯一の武器は ピアノだった。

ショパンの友人達は 彼のずば抜けた才能を惜しみ
彼を戦乱で 喪う事を恐れ 友人達の手引きに拠り 海外へと 安全な地へと
逃がされる。
ショパンは 病弱な為 自身は足枷でしかないと断じて…
唯々諾々と 友人達の申し出を受け入れ 海外へと落ち延びる。

それでも それでも それでも それでも ショパンは 祖国で 戦いたかった。

ショパンの心は 引き裂かれる祖国の現状を憂い ショパンの心其の儘に 陰鬱な曲を奏で
祖国を愛する心其の儘に 勇壮で情熱的な曲を 高らかに響かせる。

だが ショパンの曲は 受け入られなかった。
華やかで 浮世離れした社交界は 軽やかなステップを踏み 踊る事の出来る曲を求めていた。

ショパンは 仕事と割り切り 一つの曲を創り上げる。
華麗なる大円舞曲 華やかで 軽やかで 沸き立つような曲調
彼の心に叛いた 苦々しい 名曲。

そうして 彼は ショパンは 祖国へ帰らなかった。

彼は ポーランドの革命時 海外にいた為 革命への関わりはない
否 関わることが出来ない…
其の為 革命への嫌疑はなく 自由に 祖国の地 ポーランドへ帰る為の 妨げは 何もない。

だが 彼は 祖国へ 帰らない事に拠り 自らを革命と関わっていたとした。

彼の亡骸は パリの墓地で 永遠の眠りについている。
そうして 彼の心臓だけは 彼の言に拠り 祖国ポーランドへと帰り
ある教会の柱へ 埋め込まれている。

彼は 其の 二度と動く事ない一片に 何を託したのでしょうね。

彼の心の奥底には 消す事の出来ない 哀しみと 激しさが 横たわっている。 
彼は 沸き立つような 心躍るような 単純で 純粋で 無垢な
指先が 喜び 跳ねる様な曲を    創りたかったのでは… ないだろうか…
  

  

   
スポンサーサイト



category: ファンタジー

tb: 0   cm: 6

コメント

学校のクラブの同期に哲学科の人間がいましたが、
何を学んでいたのか、そういえば聞いたことありません。
ちなみに私は国文科でしたが、何を学んでいたのかと聞かれても困ります(笑

URL | NYANKO君 #5p4vzfrw
2012/04/07 10:06 | edit

NYANKO 君 さん へ

 こんにちは。
うん 哲学科って 謎なんですよ… 就職先って 教職程度しか思いつかないし。
同じ穴の狢っぽい 心理学科の就職は まだ何か カウンセラー系???かなと
見当が付くのですが。
やっと 天気安定したかな 昼からは 花見が出来そう。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/04/07 11:05 | edit

これこそポールに訊いたほうがいい質問だにゃ。
そう言えば家庭教師の先生が哲学科だったな。

灰とダイヤモンドという有名な映画があるけど、
悲しみがつきまとう国というイメージがある。
日本でよかったわ。
ショパンの旋律の物悲しさってそんな所為からくるのか。

桜がいいノォ↓
それにもちちゃん。
オッドアイなんだ。
真正面の写真をプリーズ
美しい姫さまじゃのぉ。

URL | ぴゆう #-
2012/04/07 17:19 | edit

のくにぴゆう さん へ

 こんばんは。
うん ショパンって 必要以上に 病弱なイメージを強調されていて
ナヨナヨしている感じが 定着していますが 結構 感情が激しくて
雄雄しいところがある。
ショパン後期の作品は もう ロシアへの呪詛かと言いたいほど
重く 鬱々と…
うん もちの綺麗に撮れている写真載せたいと 挑戦しているのですが
難しくて 上手く 撮れたら また 載せますね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/04/07 19:51 | edit

うん!
いい色だ~。

URL | チビmomo #-
2012/04/07 22:53 | edit

チビ momo さん へ

 おはよう御座います。
よかった いい色と言って下さる方がいた。
何でか ビビットな 綺麗な色にならない 僕の写真…
写真のサイトを 色々と拝見していると ビシッと 綺麗な色なんだよなぁ。
ぼけて ぼやけた写真も 味と言う事で 許してもらおう。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2012/04/08 08:53 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/135-ec0e3c24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)