FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

俺達に赦されし地 赦されし永遠  中編  

P5040007.jpg


ホテルの庭師が 摘み取った花を 花束にして 手渡してくれた。
其の時は 単純に 喜んで受け取っていたが…

話変わって 最近 のめり込む様な小説に当たらない。
適当に 本屋に行って 適当に買う… 適当過ぎるのだろうか。
あっ 池澤夏樹の キップをなくして は面白かった。


ますます 解らない域に突入致しました ワタリガスの男。
僕は 何が書きたいのか 何がしたいのか 既に 皆目見当が付かない
此れでいいのか 僕 そして 弟は 宿題をしろ 兄ちゃん手伝わないからな。

其れでも いいと仰る 数奇者は 下記からどうぞ。



第3回 短編小説書いてみよう会投稿作品

    俺達に赦されし地 赦されし永遠  中編
 
  鈍色にけぶる雨に鎖された 無優宮 エデンの楽園 其の東の広がる 失楽園
  茫々と 茫々と 風が吹き荒ぶ 逃れし地 

  … おーーーい そろそろ 会議 始めるぞ。

  誰かが 俺の名を呼び 夢から呼び覚ます。

  雑然たる 小さな隠れ家 俺達の最後の砦 俺達の最後の抵抗

  俺達は 失楽園は 無優宮 エデンの楽園の独裁者 神に拠る 専制的支配を否定した。
  知恵を放棄する事に拠り 与えられる永遠を拒否した。
  超え太った家畜として 従順に永遠を生きる事を …

  俺達を 家畜の群れ 群蓄と呼ぶ神に 吐き気のする嫌悪を覚える。

  そうして 俺達は 営々と続く 独裁者 神 に 反旗を翻し
  俺達は 有限の 限られた短い時を 選択した。


  俺は 書き綴る。
  後世に 俺達の主義を 意義を 行動を 伝える為に
  後世の公平な審判に 俺達の罪を 委ねる為に


コマドリは 其の胸の羽を赤く染め 茨の棘を抜き 続ける。

ワタリガラスの男は 茨の冠を ゼンマイ仕掛けの時計草に 耳を傾ける。

ポラサラ ペリカラ サラカラ サラカラ ……
零れ落ちる 棘 棘 棘
一隅の砂 一陣の風となりて消え逝く 泡沫を聞き取る。

黒猫のシロフクロウが 甘く 甘く 熟れ爛れた 甘い 甘い 罪をもぎ取る。
白い 白い人形は 其の罪に 口づけを落し
そして ワタリガラスの男は 此の 甘い罪を そっと 地にかえす。

甘い 甘い罪は 崩れ落ち 

トラサラ カラリラ カラリラ ……


  突発的に 流される 一つの映像 繰り返される 一つの言葉
  
  緑滴る 美しい地 咲き誇る 色取り取りの花々 柔かく微笑を浮かべる人々
  … 認めなさい、神との距離に置いてのみ 幸せになれるのだと

  繰り返し 繰り返し 繰り返し ……
  波状的に 多量の情報を流し 人から思考を奪い 感覚を麻痺させ 洗脳し 支配し。
  家畜の群れ 群蓄と 我々を呼び捨てる 神の提示する 幸せ

  無優宮 エデンの楽園のプロパガンダ。


  其れでも 俺は 皮肉にも 此の 緑滴る地を 夢に見続ける。


そして 一片の微笑が 銀色の糸に浸り 

ワタリガラスの男は 今は 総てが無に帰した 無優宮 エデンの楽園
古い 古い 栄華の跡に降り立つ。

サラカラ サラカラ カラカラ カラカラ 

銀色の糸が ワタリガラスの 闇色の羽を濡らし 壊れ掛けた 簡易ソファーが濡れそぼる
人形は そっと ワタリガラスの男を 手招きする。

沢山の 沢山の 叶えられなかった夢 引き裂かれた思い 

ワタリガラスの男は 其の 簡易ソファーに そっと横たわり 其の 双眸を鎖した。   
 


  
 

 
スポンサーサイト



category: 俺達に赦されし地 赦されし永遠 

tb: 0   cm: 8

コメント

ふふふ。

庭師の行動、あとは想像できるよ(笑)
ウゾさん、かわいいから大変だったね~。

写真の場所はオープンカフェみたいなところかな?
窓?の花模様とか素敵だね~!

ワタリガラスはちゃんと読ませてもらってるよ(*^^)v

URL | チビmomo #-
2012/05/06 07:41 | edit

おはようございます。
うーむ、確かに面白い小説に当たるのは難しいですね。
私は最近専ら随筆とか紀行文ばかり読んでます。
まどろっこしくないところが良いです。
小説では後輩に勧められて読んだ「壬生義士伝」が良かったです。
好き嫌いはあるかと思いますが・・・。
本読んで、涙がこぼれたのは、初めてだったかも。

URL | NYANKO君 #5p4vzfrw
2012/05/06 08:08 | edit

チビ momo さん へ

 おはよう御座います。
うん エジプトのホテルの玄関 エジプトは 影に入っていると 結構
気持ちいいから ぼーーーーと 涼んでいる。

偶に 書いているけど 僕は もう一つ 別のところでも小説書いているのですよ 三年以上…
でも 其処は 公式なため 縛りがキツイ 小説か 感想のみ 雑談はダメ 
そのため 小説を書いても 感想を頂ける事は 滅多に無い。
そこで 普通ならば 皆に 読んでいただけるものを書こうと思う所を
僕は 誰も読んでない 好き放題やるぞに 走ってしまって…
其の癖が抜けない… 

URL | ウゾ #-
2012/05/06 08:57 | edit

NYANKO 君 さん へ

 おはよう御座います。
本屋で どれだけ 騙されたか。
表紙に騙され 題名に騙され 紹介文に騙され…
買った本は 意地でも最後まで 読むのですがね。

最近は あまりにも 外ればかり買ってしまうため 諦めて 有名所
読んでます。
新しい 好みの作家 発掘したい 最近は 此の人の作品は 文句なく買うと云う様な
作家名だけで 買う人がいなくて 少し寂しい。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです

URL | ウゾ #-
2012/05/06 09:04 | edit

うぅんと、私がお勧めする小説は、
マドンナ・ヴェルテ(海堂尊)
ですかね、これは面白いですよ
呼んでいると結構悩みます。

思ったけど、庭師の人
君の事女だと思っていたんじゃないのか!?

URL | Fランナー #V8uOUIPU
2012/05/06 16:58 | edit

F ランナー さん へ

 こんばんは。
代理母の話なんですね 難しい問題ですよね。
論理感に 医療の問題 海外では 宗教の問題でもあるし。
何故 養子ではダメなの 遺伝子を残す事に拘らなくてもと思ってしまうのだが…
ダメだから 敢て やるのだろうけれどね。

うーーーん おそらく そうなのかな…
エジプトでは 水が凄く貴重で 其の水が大量に必要な植物は 贅沢品だからね。 

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/05/06 18:08 | edit

こんばんは。

庭師さんナイス! と言っておく。

面白い本か……
著者としては「高里椎奈」さんと「島田荘司」さんを挙げる。


小説自体としては「境界線上のホライゾン」かな……
歴史の新解釈とバトルだけに傾倒しない交渉の描写が好き。
まあ、若干変態ネタに走っているのが難。

エデンの園か……
造物主としての神はしかし、万能ではなかったということだよね。
なにせ、蛇は神が生んだ存在ではないんだから……
神話は面白いけど、それ以上に面白いのはその解釈だと思う。

URL | 栗栖紗那 #T7ibFu9o
2012/05/06 19:14 | edit

栗栖 沙那 さん へ

 こんばんは。
いや ナイスっではないから!!!!!
島田荘司 面白いですよね 最近の作品は 何か 謎の方向に走っているようで 読んでいないが…
初期は 面白かった 占星術殺人事件 とか 異邦の騎士
短編でも 御手洗潔の挨拶とか よかったな…
高里椎菜さんは 結構 人気作家ですよね 

ワタリガラスの男は 好き放題 やりたい放題 個人のブログなんだから
少々 いや 大幅に 謎の方向に走ってもいいよねと
自分でも 解らなくなってきた…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2012/05/06 19:41 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/167-9d22bb80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)