FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

英雄の躯の話を 裏切り者の魂が語る  5  

P6290089.jpg


訪問者数 10000 を突破致しましたーーー。
辺境の 細々と好き勝手やっているブログに 思いのほか 多く訪れて頂き
感謝 感謝です。
そのうち お礼の気持ちを込めて 何かやろうとは考えているのですが…
あれ 何もやらないなぁ… という時は 何も思いつかなかったと 


今日は オッサンの続きです。
今日のある方は 下記からどうぞ。



    英雄の躯の話を 裏切り者の魂が語る  5

 あの時 あの時だ。

オレは 何故 無理矢理にでも 王女をさらわなかったのか。

此の国は 静かに 静かに 穏やかに 内側から崩れ落ちていった。

敵国は 婚姻を結んだ友好国として 約束通り 手厚い援助を惜しみなく 送ってくれた。

 … 穀類 砂糖 嗜好品 子供達には 甘いお菓子も必要ですね。
 … 高齢者には 寒さが 何よりも辛い 燃料 其れに 暖かい衣料が
 … 先の大戦で 人材も多く失った事でしょう 弱った者の為には医者を
   新鮮な水を そして 技術者を

此の国は 敵国から 毒々しい色彩の 甘い甘いお菓子を与えられ…
そう 文化も 文明も 敵国は 何も奪った訳ではない 唯 人から 思考を奪い去った。

オレは 敵国から与えられた 仮初の穏やかさを 薄氷一枚の上で 踊る道化師の様だと
酒浸りの 濁った思考で 自嘲し 頬を濡らしていた。

民は 先の大戦から解放されたと 笑い…
カラッポの 機械仕掛けの様な 何の感情も伴わない 乾いた笑い。
此の国が 追い詰められ 困窮している時の 朗らかで 明らかな笑い声とも違う。
そう… もっと   哀しい 
人の 自身のプライドを砕かれ 奪われた 人としての思考を 自ら捨て去った笑い。
自嘲ですらない 感情のない笑い。

王女を 一人の王女を守れなかった  此の国のプライドを守れなかった者の笑い。

オレは あの時 こう言いたかった こう言うべきだった。
「王女、此の国は負けます。其れでも 貴女を敵国に 渡す訳にはいかない。
此の国の終わりとなるであろう 戦いを 逃げも 隠れもせず 共に戦って頂けますか。
共に 滅びて頂けますか。」

何時しか 此の国は 何を奪われた訳でもないのに 友好国と言う名の傀儡に成り果てていた。    
スポンサーサイト



category: 英雄の躯の話を 裏切り者の魂が語る

コメント

訪問者数10000人、突破おめでとうございます。

日記、写真、小説全てが好きです。
これからも、素晴らしいブログを楽しませてください。

URL | ASA #-
2012/06/30 05:37 | edit

うわ……。

これは痛い。大きな戦争でポロボロになるより、ずっと痛い。
それを、当事者として見なくてはいけなかった彼には
たまらないことですよね。
ううう。

10000Hitおめでとうございます!
これからも素敵な作品と、写真と、それから記事を楽しみにしています。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2012/06/30 06:17 | edit

ASA さん へ

 おはよう御座います。
過分の言葉 有難う御座います。
此れかも 好き勝手で 何の役にも立たない文ばかりを書き散らすようなブログになると思いますが
暇な時に 暇つぶしにでも 立ち寄って頂けると 嬉しく思います。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。
 
 

URL | ウゾ #-
2012/06/30 07:27 | edit

八少女 夕 さん へ 

 おはよう御座います。
次回で 最後です。
オッサンでは 如何にも出来ない事だし 王女が自ら オッサンの手を否定したのだから
オッサンのできる事は 極少しなのだけど…
オッサン 悔やみ 落ち込む…
次回は 二日か 三日後ぐらいに載せます。

そして お祝いの言葉 有難う御座います。
たいした 記事も 小説もないですが とりえは 全般的に短い事なので
暇潰しにでも訪問頂けると 嬉しく思います。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

 

URL | ウゾ #-
2012/06/30 07:38 | edit

一万ヒットおめでとうございます。
学生さんが勉強の合間に小説の創作したり写真の整理、コメントの記入と毎日大変だと思いますが、事も無げにこつこつと積み重ねられていく仕事ぶりに人柄が滲みでて、いつも感服しています。
更新を楽しみにしている者の一人として、これからも末永く、無理せず続けていただきたいです。

URL | NYANKO君 #5p4vzfrw
2012/06/30 11:24 | edit

NYANKO 君 さん へ

 こんにちは。
お祝いの言葉 有難う御座います。
好き勝手 やってますからね…
大変だ 苦しいと思うようであれば 止めてしまいますよ。
無理なく 適度にとやっていますから 大丈夫ですよ。
此方こそ 日々 きなこさんの美猫っぷりに癒され 目の保養になっています。
それでは よろしくお願い致します。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/06/30 12:41 | edit

こんばんは。

ついに10000HITですか。
大台に乗りましたね。
いつも楽しませてもらってますし、ここらでなんかしようかな、とも思うのですが……
なにがいいですか?

さて、おっさんの話も佳境ですかね?
内側から溶かされていくという恐怖。
それに対して何もできないという歯がゆさ。
間違ってはいなかったかもしれないけど、正しくもなかった王女の決断。
胸に迫るものがありますね。
どういう最後を迎えるのか。
楽しみにしております。

URL | 栗栖紗那 #T7ibFu9o
2012/06/30 17:43 | edit

昨日を読んで今日のを読んだ。
う~ん、難しいね。
王女の気持ちは決まっていたんだろうし、それでも男は逃がしたかっただろうし。
国民の生活を守るという事では成功したんだろうけど、支配されたってことだよね。
どうなるのかな~。

10000突破おめでとう!
これからもマイペースでがんばってね~♪

URL | チビmomo #-
2012/06/30 18:28 | edit

栗栖 沙那 さん へ

 こんばんは。
うん 何かしょうかな と言って頂けるだけで 結構嬉しいので…
何か 時間のあるときで良いので。

おそらく 後一回で 終わるかな。
最後は 若い男の目的の話です 悲惨な終り方はしないので 綺麗にオトしたいと思っています。
勘の良い方なら 薄っすらと解っているかな…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。



 


URL | ウゾ #-
2012/06/30 18:41 | edit

チビ momo さん へ

 こんばんは。
うん おそらく 王女の婚姻を拒んだら 徹底的に叩きのめされて
過酷な植民地支配を受ける事になるだろうな…
その意味では 王女は 婚姻を選ばざるを得ない。
支配を受けたと言うよりも 少数民族が 手厚い保護を与えられて 酒浸りになる
あのような状態が近い。
自尊心を叩き潰されて ものを考えなくなって 流されている状態。
支配されたのであれば 解り易い敵がいる状態だが 其れがない。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。


URL | ウゾ #-
2012/06/30 18:51 | edit

こんばんは

おっさんのお話のこのくだり・・・
<此の国は 敵国から 毒々しい色彩の 甘い甘いお菓子を与えられ…そう 文化も 文明も 敵国は 何も奪った訳ではない 唯 人から 思考を奪い去った。>
ここは何だか象徴的です。
その国古来の伝統や風土がいつの間にか消え去ってゆく寂しさが感じられて・・・。王女がその心の最後の砦だったのかな。
滅びるよりはマシなのかしら。考えさせられました。

ところで、ウゾさんはいつ寝てるのお?
私なんか仕事中眠くて眠くてねー。
だってウゾさん、学校の勉強もあるでしょうし、当然テストもあるでしょう。
まあ、ウゾさんなら特別必死で勉強しなくても理数系得意とのことだし、文章力・読解力は言うまでもないから大丈夫なのでしょうが・・・うちのあほあほマンたちに爪の垢でも煎じて飲ませてやってちょうだい~~~。

どうも母の目で見ちゃうのが悪い癖です。ごめんなさいよー。



URL | aries327 #-
2012/06/30 22:33 | edit

aries327 さん へ

 おはよう御座います。
大丈夫ですよ。
テスト前の頃は 暇な頃に作っておいた ストックの記事を活用し 予約投稿で 入れておく。
写真も 暇な時にファイルを作っておく 妙に季節感のない
如何でもいい事を書いているなと言う時は ストック記事ですから。
其れに おそらく 他の小説ブログの方に比べて 一回の記事の量 小説の量 かなり少ないですから…
成績維持は 子猫を飼う条件ですからね 落しませんよ。

人が残ったのだから良いと考えるか 実質的には 国は滅びているし…
後 一回で 此のオッサンの話も 終わりです。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。


URL | ウゾ #-
2012/07/01 05:41 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/232-ac98c013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)