FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

ボクの夏  

P6290092.jpg


夏になると 思い出す 僕のよく分らない不思議な体験。
僕の家の近くには 狐の文字が付く 御陵があるのですが…
夏の夜 其の前を通ると 其の御陵に一直線に 並ぶように 提灯の様に
灯が並んでいた。
僕は 夏なので その時は 夏祭りなんだと思って まったく違和感を覚えなかった。

しかし 家に帰って 考えて見ると 何処から電気を引いているのだ
電気を引き入れる場所がない。
其れでも 僕は その時は 誰かが何か 悪戯をしているのだろうかと考えて
次の日 其の御陵に 一人で入り込んで 其の仕掛けを知りたいと思った。

当然 電気を引き込めるような場所はなく…
唯 小さな 狐を祭った 小さな祭壇の扉が開けられていて 中の狐が 転がり落ちていた。
ひょっとして 原因は…
走って逃げましたね ひょっとして 元に戻して欲しくて呼んだのだろうかとも 思ってしまう。
未だに 何を見たのかよく分らない不思議。

そして 今日の掌編は カッパです。
夏らしい ほのぼのとしたものを書こうとして…
白いワンピースの少女ではなく カッパ… 僕 やはり 小説書くの向いてないのかもしれない。
 



    ボクの夏

 そう ボクが まだ幼い 子供の頃の話しだ。
ボクは ほんの一時 カッパと一緒に 住んでいた事がある。
ボクの家の 古井戸にカッパが住み着いたのだ。

まだまだ 子供のカッパらしく なにやら 台風の影響で 川が氾濫し
流れてきたらしく…

夏休みに ボクは 学校のプールから帰ってくると ひよっこりっと 古井戸から
カッパが 顔を覗かせていた。
何処か 遠くの匂いがした。

流石に 犬や猫の様に 隠れて飼うなどと言う事は 出来なくて 暫く呆然と
其のカッパを見詰めた後に 親を呼んだ。
「おかぁーーーさん カッパがいる。」

動物園でもないし 水族館だろうか
希少動物 伝説上の生物 間違いなく 死ぬまで閉じ込められ 自由にはなれない
いや 死んでも 剥製にされ 自由にはなれないだろう。
ダメだ そんな事は 嫌だ。

其れならば 帰る水辺が分るまで 思い出すまで 古井戸にいろと きゅうりや すいかを
井戸に投げ入れ カッパを説得した。

井戸さらいの日には タライを用意して 其処に カッパを移動させた。
夏の畑は 一緒に出かけて 日の匂いのするトマトを 一緒に食べた。

そう ボクの麦藁帽子もあげた 喜んでくれた。

そうして 唐突に…
次の台風が来た時 また 何処かへと 流れて 消えてしまった。
何処へ行ったのだろう 帰れたのだろうか。

もし この夏休みに 麦藁帽子を被ったカッパに 出会ったのならば どうか
いじめないで下さい。

こいつは 良い奴だから。
こいつは ボクの友達だから。


 
スポンサーサイト



category: ほのぼの

tb: 0   cm: 6

コメント

とても不思議な体験ですね。
虫取りグループが懐中電灯持って散策してたとか・・・、
それだったら、わかるかな。

河童のお話、良かったですよ。
とても爽やかで、優しいお話です。
気がつくと過ぎてしまっている夏そのもののようでした。

URL | NYANKO君 #5p4vzfrw
2012/07/06 08:00 | edit

NYANKO 君 さん へ

 こんにちは。
本当に よく分らない… 宮内庁の管轄地だから あまり 人 入らないと言うか
柵があるから かなり入りにくい…

いや 数が 20以上 30以下程度の 本当に丁度 ちょうちんの様な オレンジ色の灯が
一列に並んで あまり 動かずに…
この状態を見たのが この一度きり 再び見る事ができれば 何か分るのかな…

何か 夏は 不思議な事が近付くような気がして 日本の妖怪は ユーモラスで可愛い
次は お化け屋敷に住み着いた幽霊とか 伝説扱いされて困っている狸とか 楽しいもの書きたいな。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/07/06 10:19 | edit

こんばんは。

不思議体験は、純粋な心だと感じることができるらしいよ。
ウゾさんのそんな心に見せてくれた灯りなのかも。

河童のお話はすこしキューンとした。
悲しいような、ほんのりするような・・・
家の前の川に流れてきたら、トマトときゅうり、一緒に食べるよ~。

URL | チビmomo #-
2012/07/06 20:14 | edit

チビ momo さん へ

 こんばんは。
うん 物理大好き少年としては 納得のいく解答をと考えるのですが
いまいち すっきりとした答が思いつかない…
何なのかなぁ…と 偶に思い出して 考えている。

今 思いついた 冬のカッパって 可愛いかもーーー
川が凍って困っている カッパ 寒くて セーターを欲しがるカッパ!!!!
そーゆー話も 良いかな また 書いてみようかな。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/07/06 20:39 | edit

カッパの話、ツボにはまりました。
優しくて、もの悲しくて、日本にしかない特別な夏の薫りがして。
トマトにかぶりつく小さなカッパの姿が目に浮かびますね。
この、ウゾさんらしい味、本当にいいですよ!

狐の話は、実話なんですよね。
これまた、日本の夏〜。ちょっと涼しくなるお話でした。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2012/07/07 05:28 | edit

八少女 夕 さん へ 

 おはよう御座います。
何か 夏らしいほのぼのとしたものをと 考えて… 普通 其処は 少年と少女の夏祭りとか
白いワンピース 麦藁帽子の少女が…とか
気が付くと カッパの話になっていた… 何故かね…

ええ 実話です 地名を出すと 場所分ってしまうので ぼかしてますが。
未だに 何か 分らない 不思議系は あまり信じないのですが 此れは 納得できる答がまだない。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/07/07 06:58 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/237-e95220a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)