FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

もし 人類が二種類存在したら そして 新しいリンクさんです。  

P9040179.jpg


偶に 考えるのだが
もし 人類と言う種が 一種類ではなければ どのような社会になっていたのだろうか と

そう もし ネアンデルタール人が絶滅を免れ 我々 ホモサピエンスと共存していれば…

因みに ネアンデルタール人は ホモサピエンスとは まったく別種で
今 現在の人の祖先では無いので。

ネアンデルタール人 二万数千年前に 絶滅してしまった 凄く ホモサピエンスに
近い種…
季候が大きく変化し 其の変化に対応できなかった。

結構 高度な石器を作り 使いこなし…
でも 複雑な言語能力を持たなかった そのため 知恵の伝承が出来なかった。
狩猟に特化しすぎた そのため 植物を食べる文化を 殆ど 持たなかったと
考えられている。
そのため ホモサピエンスが生き残ったのに対し 絶滅の道を歩む。

そうして ホモサピエンスと ネアンデルタール人の混血によって 消えたと言う説は
否定されている。
本当に 絶滅してしまった…

もし このネアンデルタール人が 絶滅する事無く ホモサピエンスと共に 進化の道を
歩んでいたら どうなったのだろうか。

ホモサピエンスは 大柄で筋肉質のネアンデルタール人の 奴隷となっていたであろうか。
其れとも 集団の知恵で ホモサピエンスは 独自の道を見つけるのか。

中々 美しい共存世界を 思い描くことは難しい。


そして 新しいリンクさんの 紹介です。

Mamu さんが 主催されている Poem Spice-久遠の詩- と言うブログです。

ブログ名の通り 詩を書かれていて…

一口に詩といっても 多種多様だと思うのですよ。
リズムを追求した作品 言葉と戯れた作品…

Mamu さんの 作品は 感情の発露であり 思索の表現であり
詩とは このようなモノだったのかと 考えさせられます。
一種の 熱気に包まれた 熱病に浮かされた様な 詩の幸せがあります。
一度 訪れ 独特の雰囲気に 包まれてみては 如何でしょうか。  
 


スポンサーサイト



category: 雑記

コメント

俗説ですけど、ホモサピエンスはネアンデルタール人を滅ぼすまで虐殺し尽くした。。。という説もありますね。もっとも証明されているわけではないですけど。所謂生存競争の為に、どちらか一つを滅ぼし尽くして、現在ホモ・サピエンスが生き残っている・・・と言う状況です。
なんて笑いは無しにもならないお話も残っていますね。

URL | LandM #-
2012/09/07 05:39 | edit

Land M さん へ

 おはよう御座います。
うーーーん 頂点に立つ種は 一種類と言う事でしょうかぁ……
ファンタジー世界の 人類とエルフの様に 意思の疎通は出来るが 混血はできないのような
近しい種があれば と考えたのですが…

虐殺を繰り返すか… 余程 大柄で 筋肉質 狩猟に特化している ネアンデルタール人の方が
闘争に有利だと思えるのに
余程 ネアンデルタール人が 闘争を嫌う性質だったのか 言語能力の差か
其れとも ホモサピエンスが 残酷だったのか…
残酷だから 生き残ったと考えると 今の世の物騒さは 刻み込まれたものなのかと 思えてきます。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/09/07 06:21 | edit

希望としては、ネアンデルタール人が進化してホモサピエンスになっていて欲しかったですね。
もしくは、共存。
似て非なるものを知ることは、より深く自らを知ることにつながっていくように思います。

URL | NYANKO君 #5p4vzfrw
2012/09/07 08:21 | edit

ありがとうございます♪

ウゾさん、こんにちわ^^v
素敵なご紹介をいただいて、とても嬉しく思ってます。

一種の 熱気に包まれた 熱病に浮かされた様な 詩の幸せ
ウゾさんの言葉で表現していただいたら、、なんだかPoemSpiceが洗練されてランクアップしたようだ←?笑笑

優しい詩のコメントも寄せていただいて、、涙。
ほんわかした気分になれました、ありがとう☆
ウゾさんとは、電柱|д・)この状態で長いお付き合いのだったし^^v
これからも宜しくお願いします^^

そして、ネアンデルタール人とホモサピエンスが共存していたらどのような社会になっていたのか。。面白い発想ですね^^

人種差別があって、争いがあって、、戦争があって、
今の世となんら変わらない社会がみえます。
宇宙人が地球に引っ越してきても同じこと。
目にみえるもの、表面上は大きく変わっても、根底に沈む闇、打破すべきものは変わらず、今と同じ世が厳然と在ると思います。

Mamu

URL | Mamu #z8Ev11P6
2012/09/07 13:40 | edit

NYANKO 君 さん へ

 こんにちは。
確か ネアンデルタール人の言語が 発達しなかった理由が 咽喉の構造上の問題だったかと…
ネアンデルタール人 脳の容量は ホモサピエンスよりも 大きいし…
ホモサピエンスと 共に歩む 相棒になりえたと思うのだが 残念です。

まったく違う文明を築くのか 混在して生活するのか…
出来れば スターウォーズの酒場の様に 色々な種族が 共存できれる社会であれば 楽しかったかなぁ

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/09/07 14:23 | edit

Mamu さん へ

 こんにちは。
いえいえ 此方こそ よろしくお願い致します。

新しいリンクさんは 紹介を書くようにしているのですが…
Mamu さんの詩には ファンの方が数多いらっしゃいますから
どのように紹介したらいいのか 緊張しました。
これからも のんびり まったりと交流できればと 願っています。

やはり 美しい共存共栄を 思い描くことは 難しいですよね…
人という 一種類だけの中でも 此れだけ 差別があり 争いがあり
其処へ 別のよく似た種が 加わる。
徹底的な 差別か 奴隷か 最悪 家畜化か…
より醜く 争う社会が 存在しそうですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/09/07 14:35 | edit

こんばんは~。

動物の本能は自分の種族を残したいと思っているだろうからどっちかがいなくなるまで争うのかな。
今の人ですら宗教とか考え方の違いから憎み合っているから人って怖いね。
世界は一つ、は希望だけど今のままだと遠い夢のような気がするよ。
一つになれる世界が来るといいね。

URL | チビmomo #-
2012/09/07 20:01 | edit

チビ momo さん へ

 こんばんは。
ゴリラと チンパンジーの様に 近い種だが 別の文化を持ち 微妙な距離で 生活する。
このような関係は 難しいのでしょうか。
世界が一つよりも 人類の滅亡の方が早いでしょうね…
同じ種ですら理解できないのですから いくら近くても別の種は もっと理解出来ない
争いが多くなるだけでしょうか。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/09/07 20:22 | edit

ネアンデルタール人が滅んでしまったのは、
新人のクロマニョン人と違って頑固だったことと、適応力が低かったのが
原因やったって言われてますね。

ただひたすらガッツで獲物を捕らえていた前者に対し、
後者は環境や住居も考慮しつつ、効率よく簡単に獲物を捕らえられるように
石器を改良し、物々交換も行っていたって分かってますしね。

やはり世の中生きていくには体力とかも必要ですけど、知恵もある意味で
バカにできないええ典型例かなって思います(´・ω・`)

URL | シュナイダー #-
2012/09/07 22:35 | edit

シュナイダー さん へ

 おはよう御座います。
よく 諷刺画等々で描かれる 頑固者のネアンデルタール人は あながち間違っていないのですね。
まぁ 狩り一本に特化ですからね… 植物も食べろよと 言いたくなるなぁ…
横で ホモサピエンスが うろついているのですから 色々と影響を受ける機会はあったと
思えるのですが…
そして 理解できる 知能もあったと思えるのに 頑固だったのか…

ああっ 将来 頑固オヤジにならないように気をつけよう。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/09/08 06:43 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/309-b9be827f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)