FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

二上山の不思議  

P9270028.jpg


二上山って知っておられるでしょうか。
奈良県と 大阪にまたがる 二つの山頂を持つ山。
其の二つを 雄岳 雌岳 と呼び 両方とも 500 メートル前後の高さ
家族が のんびりとハイキングするのに 丁度良い程度の山です。

でも 此の山 非常に面白い。
地質学的にも 歴史学的にも 民俗学的にも 興味深い。

まず 金剛山系の山の 一つでありながら 火山だった為 色々な石材の宝庫
因みに 今は 死火山です。
石器時代のナイフ サヌカイト 古墳作りに大いに使われた 凝固石 豊富です。

そして 遺跡が 面白い。
鹿谷寺跡 二上山の中腹 小野妹子の墓の近所に 
地面の石を掘ってつくった 十三重の石塔が 奈良時代の作だとか…
大陸風の石窟寺院だったと 言われています。
それに 岩窟には 線刻で三尊仏坐像が 残っています。
此の辺りからは 最古の貨幣 和同開珎が出土しています。

また 岩屋といわれる 名前すら解らない 二基からなる 石窟寺院跡が
あります。

古代のロマンと 謎を じっくりと煮込み過ぎた様な 山です。

其れに加えて 此の山 第二次世界大戦の前までは 日本版ジプシーと言ったような
歌と 踊りで生計を立てている一族が根城にしていた とか。
その様な 方々ですから 当然 戸籍にはのっていない。
じいちゃんが言うには 戦争のドサクサでいなくなったと

此れだけ 謎がそろっていて 面白いと思うのだが 研究されているのだろうか…


おまけ 最近 近所で やたらと咲いている花。


P9270027.jpg
  
スポンサーサイト



category: 雑記

tb: 0   cm: 6

コメント

大阪で育った私も二上山は特別な山です。
あの山の形を見ると、帰ってきたなと思いますよ。
今持っているささやかな夢は、
山の辺の道の檜原神社から鳥居越しに二上山に沈む夕日を
眺めることです。

URL | NYANKO君 #5p4vzfrw
2012/09/29 09:21 | edit

NYANKO 君 さん へ

 こんにちは。
うん 小さな山なのですが 面白い山です。
また 春分 秋分の時は 丁度 雄岳と雌岳の 真中に日が沈む…
偶然とは思えないほど よく出来ている。
今の様に 高い建物がない古代では 古代の方にとっては 神秘的で
神々しい光景だっただろうなぁ。
本当に 古代ロマン満載の山ですよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2012/09/29 09:33 | edit

こんばんは~。

道に落ちたハギの花びら綺麗だね♪
それとこのオレンジの花は私は見かけないな~。
朝顔の小さいような花だね。

なんかそんな小説読んだような。
女の人が長で、踊りを踊って神様と交信しててその人だけが一人で住んでいる家に毎日ご飯を運ぶ他の女の人達。
男はただ食料を採るためだけに存在してる・・・
なんか考えてたらその時代に行ってみたくなった。
歴史の真実が知りたいね♪

URL | チビmomo #-
2012/09/29 19:56 | edit

こんばんは~

またまた興味深いお話ですねー。

「古代のロマンと 謎を じっくりと煮込み過ぎた様な 山です。」
あははは~、じっくり煮込みすぎた・・・って 面白いわ~。
煮込みすぎて とろっとろに溶け合って、いい味になったのね。
二日目のカレーの方が美味しいって言うもんね。

そして戦前までまつろわぬ民が身近にいたなんて、びっくりです。
いろんな謎があって ほんとロマンを感じますね。

最近はどこにも行けなくて、読書すらできていない。
ウゾさんのお話を読んで、カメラぶらさげて無性に歴史探訪などしてみたくなりました(´∀`*)

URL | ariごろう #-
2012/09/29 19:58 | edit

チビ momo さん へ

 こんばんは。
小さな花なんですが 蔓性で そこら辺に 巻きついていて
まるで クリスマスツリーの電飾の様に みえるのですよ。
鬱蒼と 緑緑している中に オレンジの花が咲いていて 妙に 目だっています。
何か 此処最近 急に増えているので 外来植物でなければいいのだがと
少し 心配しています。

ああっ 此処の山の麓 神事の為の土器とか 神具を専門に作る
村の様なモノ あったらしいですよ。
そのため ちょっと風変わりなモノが出土しますね。
大概は 見て見ぬ振りされているらしいですが…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/09/29 20:19 | edit

ariごろう さん へ

 こんばんは。
こんなに 古代ロマンに溢れていると思えるのに… 今一 地味なのか
何処からも 注目されていないのか…
放置しすぎですよ!!!!!

じいちゃん世代では 普通に 会っていたとか 日本版ジプーシに…
戦争中はまだいた でも 終戦のドサクサでいなくなってしまった と 言っていますね。
戸籍のない 山を根城にした民…
如何様な経緯でと 思ってしまいます 結構 綺麗な顔立ちの人々だったらしいですよ。 
うーーん 何処へ行ってしまったのだろう…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/09/29 20:28 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/336-25c2dfc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)