FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

秋を通り過ぎて 冬が来てしまう  

PB050065.jpg


PB050064.jpg


あまり 秋っぽい写真が撮れなかったぁーーーーー
夏暑く 急激に寒くなった年は 紅葉が綺麗とか 言うが…
何故か 今一… これから色付くのかなぁ
色付く前に 茶色くなって 散っているような気がするのだが。


そして 少し意外だなと思う事に 人の遺伝子の 個人差って小さいのですよね…
人って 人種により体格差 結構あるし 多様な遺伝子を持っているのかと 思っていたら
凄く 個体間の差が少ない…
此れは 何を表すのか 言うと 凄く個体数が減ったか ある一定のグループだけが
生き残ったか…
要するに 何回か 絶滅しかかったと言う事。
人って 分かっているだけで 四回絶滅しかかっている…
一番個体数が減ったときの 人数は 諸説あるのですが 一番少ない説は 二千 人を切っていた
多い説でも 一万五千人 程度。
かなり 綱渡り的に生き残ったのが分る 

人が滅びた後の世界で 覇権を取るのは よく言われる 巨大化したイカやタコが 森を歩いているのか
圧倒的な数を誇る 昆虫か… 
巨大な隕石が 地球にぶつかって 地球がこなごなにならない限り 何時か来る未来なのですね。
スポンサーサイト



category: 雑記

tb: 0   cm: 8

コメント

二千人か〜。
よく生き残ったな。今は、反対に増え過ぎなのかもしれませんね。
他の人たちが生き残っていたら、どんな人間がいたのかなあ。

あ。巨大な昆虫がのさばっている世界なら、死んじゃっている方がいいかも。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2012/11/07 04:53 | edit

八少女 夕 さん へ 

 おはよう御座います。
おそらく 天変地異や 病気に耐えた 運が良かったのか 図太かったのか…
と言ったグループが生き残り 増えて また 生き残り…を 繰り返して
別のグループが生き残っていたら まったく違ったのか 結局は同じような処に行き着くのか…

唯 遺伝子の多様化が少ないのであれば 疾病の世界的流行 恐いなぁ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/11/07 05:55 | edit

人が何度も絶滅の危機に瀕していたなんて意外です。
ですが突然発生する病気で沢山の人がなくなっていった過去を
振り返ってみるとなるほどと肯けますね。

人の後・・・昆虫なんだろうなぁ・・・。
蟻とかが見事な社会を形成してそうな。

URL | NYANKO君 #5p4vzfrw
2012/11/07 14:04 | edit

NYANKO 君 さん へ

 こんにちは。
そうなのですよ… 予想以上に 人って 何回も絶滅しかかっていたようで…
これからも 遺伝子が似ていると 突然変異の遺伝子がないと 突然の疾病とか 流行り易くなりますよね…

人の後は よく予想に上がるのが イカやタコ 頭足類が巨大化して 地上を支配している
または 昆虫類の支配…
とりあえず 哺乳類の支配は 終わるようですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/11/07 15:17 | edit

こんばんは~。

イチョウは綺麗な黄色になってるね。
ヨウシュヤマゴボウはどこもこんな感じなんだね(笑)
ほんとに夏から一気に秋になったから秋が短い気がするよ~。
人がいなくなったら、まずは植物が一斉に地面を覆うね。
その後昆虫か・・・
今の地球は人が本来の地球を変えてしまったから、人がいない方が自然がたくさんで地球の命も長くなる気がする。
地球、いつまで存在するんだろうね。

URL | チビmomo #-
2012/11/07 19:41 | edit

チビ momo さん へ

 こんばんは。
うん 数少ない 綺麗なイチョウ!!!!!
イチョウ 色付いてきたなぁ と思っていたら 丸裸に 切られてしまって…
桜の木は 中々 綺麗に紅葉しない これから色付くのかなぁ…

人がいなくなったら 人の手を掛けた 家畜は全滅 ペットもかなりの所 ダメだろうと
一部の野生を残しているものは 野性化していくだろうと…

地球の最後は 太陽の膨張に巻き込まれて 終わりだと言われているが…
地球の外側には 木星や土星と言う 巨大な惑星が 隕石を引き受けてくれているし
やはり 地球は 随分と恵まれた星ですよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/11/07 19:55 | edit

こんばんは。

淘汰の末に残ったのが今の人類なのでしょうね。
そう考えると、似たのが残っているのは必然とも言えます。
しかし、2千人とは随分と少ないですね。

まあ、生物の一種であるかぎり、いずれは滅ぶかもしれません。
ただ、それはある程度遠い未来であるとは思いますが……

URL | 栗栖紗那 #T7ibFu9o
2012/11/07 23:28 | edit

栗栖 紗那 さん へ

 おはよう御座います。
何か 絶滅の危機 四回のうち 二回は 本当にギリギリラインだったようです。
後の二回は まだ 比較的 ゆるやかだったとか。

しかし 遺伝的に似てしまっているのは 絶滅の危機が大きそうで 恐ろしいです。
文明がある状態で ある日突然 恐竜の様な滅び方なのか じわじわと減っていくのか…
知りたいような 知りたくない様な…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/11/08 05:54 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/387-e66cb78b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)