FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

六十年前の 忘れ物  

6951.jpg


6953s.jpg


 英国サリー州の民家で 使っていなかった暖炉を改修しようとした所
第二次世界大戦当時に 書かれたと思われる 暗号文を携えた 伝書鳩の死骸が発見されました。
この暗号文、暗号解読機では解読できなくて 英国政府通信本部(GCHQ)では
関連情報の提供を求めています。
第二次世界大戦当時 イギリスで使用されていた 軍用の伝書鳩は 二十五万羽だとか。

因みに 上の写真が 見つかった暗号文の書類 下の写真が 暗号文の拡大。

普通の暗号解読機に掛けて 解読できない と言う事は 私的な暗号が組み込まれているという事…
此れは 解けないだろうなぁ…
解いても 「愛している 此の戦争が終わると 結婚しよう。」とか でてくるような気が…
いや まさかなぁ…

スポンサーサイト



category: 雑記

tb: 0   cm: 7

コメント

こんばんは。

そのメッセージは、ちまたで有名な「死亡フラグ」ですね?

最後の数字がポイントかなあ。
なんなんでしょうね?
フェイントでドイツのエニグマだったりして……。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2012/11/27 03:46 | edit

八少女 夕 さん へ 

 おはよう御座います。
うん でも 鳩 届けそこなってるし 死亡フラグ立て損なったと 言う処でしょうか。
そして 一番のパターンは 戦場で 戦友に婚約者の写真を見せながら 此の戦争が終わったら
結婚する でしょうね。

おそらく 機械で解ける辺りは 色々試したのでしょうね。
送った人物と 受け取る人物との間だけで 成り立つような 暗号…
六十年経っていますから 生きている確率低いし 生きていても 今更 でてこないような…
解けない暗号が また一つ 増えたのでしょうね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2012/11/27 06:40 | edit

確かに暗号は法則があるからこそ、一部の中で共有できるわけであって。恋人だけの暗号など私的なものが入っているというのは、ある意味理にかなっていると思う推測だと思いますよ。

URL | LandM #-
2012/11/27 09:06 | edit

鳩が大事な通信手段だったという事実。
感慨深いですね。
人間が自然と共に生きていたからこその発見だと思います。
今回発見された暗号のように届かなかった文書も多々あるのでしょうけど、そこにもたくさん別のドラマが生まれていそうです。

URL | NYANKO君 #5p4vzfrw
2012/11/27 10:43 | edit

Land M さん へ

 こんにちは。
この書類 あて先も不明になってますからね 誰に当てた物なのか 誰が書いたものなのか
其の辺りが解れば かなり解明への手掛かりが つかめると思えるのですが…
伝書鳩で 飛ばしているぐらいなのですからね…

二十五万羽も 伝書鳩いたのであれば 届かなかった伝言 かなりあるのでしょうね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/11/27 15:13 | edit

NYANKO 君 さん へ

 こんにちは。
届かなかった伝言 多くあるでしょうね。
其の為 決行されなかった作戦もあるかもしれませんね。

確かに 六十年前になると 携帯電話ないからね 通信手段は手紙になるかなぁ。
そして 手紙を人に託すのと 伝書鳩と 秘密を守る為には 伝書鳩の方が
より安全だったのかなぁーーー

ほんの 六十年ほど前の戦争で 鳩が飛び交っていたとは 不思議な感覚です。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2012/11/27 15:21 | edit

拍手コメント 頂いた方へ

 おはよう御座います。
此方も 寒くなってきたよーーーーーー
楽しかったかなぁ 飲みすぎてない?????
僕は 熱い珈琲と バナナを食べて 朝食しています。
冬場のバナナは あまり甘くないなぁ…

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/11/28 06:36 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/407-5cefdd67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)