FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

其の日 吸血鬼は 脂ぎったオヤジの血は嫌だ と言った  

P1130024.jpg

吸血鬼モノですが… ギャグです。
吸血鬼が 赤十字血液センターを襲っています。
超短編 例に拠って 例の如く 興味のある方は 下記からどうぞ

   其の日 吸血鬼は 脂ぎったオヤジの血は嫌だ と言った

 昨日 例の吸血鬼の集団が 赤十字血液センターを襲った。
其の為 俺は 仕事を辞めた。

此の 吸血鬼襲撃事件は 毎年 季節の変わり目に起こる風物詩の様な
ほのぼのとした 微笑ましいニュースとして 新聞 雑誌の紙面を飾っていた。
赤十字血液センターも 既に 襲われ慣れしていて 吸血鬼の扱いにも手馴れて…
お土産に ポケットティシュと 献血の勧め小冊子を手渡し 追い払ったとか。

俺も 此の吸血鬼襲撃事件のニュースが 新聞の紙面を飾ると
ああっ 春が来たなぁ と 心温まり しみじみと感慨を覚えていた。

そう 吸血鬼。
差し詰め 今現在の 吸血鬼の扱いは 絶滅危惧種の少数民族
公的に保護される対象 と言った処だろうか。
しかし 既に 純血種の吸血鬼は皆無となり 吸血鬼の特性 不老不死 不老長寿は
消え去り 血を求めて美女を襲う事もなくなった。
そして 弱点であった 日の光 聖水等々も 全く無効となり
教会のミサに参加し たからかに賛美歌を歌う事も 可能…
要するに 普通の人と 何等変わらないと言う状態に 陥っていた。

そうした中 頑固に 偏屈に 吸血鬼の復権を夢見 目論む 悪の秘密吸血鬼軍団がある。
組織人員 自称 1536 人  他称 10 人 から 20 人 程度…
偶に 御揃いのマントを羽織り 駅前でビラ配りや 街頭演説を繰広げている。

何時も 俺は 何がしたいのかと 冷ややかな 見下した視線を投げ付けていた。
そう 視線を …
視線の先には 小学校の頃 何時も一緒に 馬鹿ばかりやっていた奴を見付けてしまった。
俺は 自身の視界に写る光景を疑い…
「おまえ 何やっている 恥かしい奴だな。」
俺は 無視したいのに 無視できなくて 声を掛けてしまい 後悔が渦巻き 早口で捲し立てる。
「御前達のやっている事は 無意味だ 分っているのだろう。
今 保護され 吸血鬼は やっと安らかで 穏やかな生活を手に入れた。
お前たちは 再び 忌み嫌われ 人の手で狩られる怪物に返りたいのか。」

其の友人は 俺の罵詈暴言を 嬉しそうに聞いていた。
「ありがとう 真剣に考えてくれているんだね 嬉しいよ。」
そいつが ゆっくりと 言葉を紡ぐ。
「でもね 俺達は 吸血鬼はね 飢えで狂い 彷徨い 野に屍を晒す事になろうとも
施しを受ける事は出来ない。 人に飼われる 超え太った家畜にはなれない。」
そいつの双眸が 長いマントを引き摺った 道化じみた 滑稽な姿に似合わぬ
あまりに深く 静かな為に 俺は視線を逸らし 其の場を立ち去った。

そう 俺は 此れから 仕事を求め 面接へと向かう。

 … 貴方も 一緒に 赤十字血液センターを襲いませんか

夏用 冬用 マント二枚 寄与。
福利厚生として お中元 お歳暮 あり。
月に一度 トマトジュースの飲み放題あり。
貴方の応募を 心よりお待ちしています。

おそらく 俺は 人生のレールを 大幅に 踏み外す。  
スポンサーサイト



category: ギャグ

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

う~ん、中々おもしろいですね
違う見方ってのがあります

普通の物と違う物を置いて、物語を作る
一見簡単そうに見えて、実は難しい
難しいが、出来たら最高の極上
それを味わえるのは物書きしかいない

URL | Fランナー #V8uOUIPU
2012/01/13 18:20 | edit

F ランナー さん へ

 有難う御座います。読んでいただいて とても嬉しいです。
単に 現在に吸血鬼がいたら 血液センター 襲うかなぁー
いや 流石に 其処まで即物的ではないかな。
吸血鬼も 脂ぎったオヤジの血は 嫌がるかなぁー。
と言った くだらない所からの発想ですが…

コメント 有難う御座いました とても 嬉しいです

URL | ウゾ #-
2012/01/13 19:51 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/41-ca75de67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)