FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

不遜に 猥雑に そして 嫣然と 其の後  

PC260192.jpg


長々と 書いていた 探偵もどき二人組 其の後です。
取り敢えず 此れで 突発的に始まった 探偵話は 終わりです。
うーーん 次回は 未定
もし 書くのならば 大概で名前を考えなければ 

興味のある方は 下記からどうぞ。
  


    不遜に 猥雑に そして 嫣然と 其の後

 湯気で曇る 其の向こう側から ラファエロの天使が 微笑み掛けてくる 悔い改めよ と
オレはあいつに言えよ と 天使に悪態を吐く。 

そう オレは 全てを白昼夢 悪い夢を見ていたと思い込みたいのに
現実は 無情にも 細やかな逃避すら 許してくれない。

ゾーラの兄が あの クシャクシャの 古美術商だと言って手渡した 安くて速い配管工事務所の名刺を
辿り 此の事務所へ ふらぁと現れ 当然の様に しれっと居座った。
勿論 オレは全身全霊 あらん限り 全力で 拒否し 抵抗し…
腹が痛い時にしか祈らない 名前のない神にまで 本気で祈っていた。

助けてくれ と

オレは 弱々しく 其れでも 悪態を吐き 抵抗を試みる。
「先祖が守ってきた 絵画コレクションを売り払い 何等 金には困らない御身分だろう。
ホテルの一室でも借り切って 住み着いたらいいだろう。」

ゾーラの兄は 正体不明の微笑を浮かべ 実に慇懃無礼に反論する。
「いえ 懐かしいのですよ。此の ジメジメと濁り淀んだ空気 黴臭く 薄暗く… 
実に 此の事務所は あの屋敷を思い出す あの屋敷の 思い出したくない記憶を。
其れに 家賃は 全額前払いで払っているだろ。」

ゾーラの兄の視線は これ見よがしに ミロの絵画へと注がれている。

「其れにね 今日は 一緒に飲みたくてね。」
ゾーラの兄は 古びたラベルの赤葡萄酒を 一本取り出し 無造作にテーブルへ投げ出す。

「おおっ 此れは例の オークションで赤葡萄酒の最高額を記録更新した一品だな。
やはり 代理人が匿名で競り落としたとなっていたから お前かなと当りをつけていた。」

ゾーラ兄と 自称名探偵は 無理やりにコルクの詮を引っ張り 古い 時を経たコルクは
ボロボロと崩れ…
赤葡萄酒には コルクの残骸が浮いている。
先程 紅茶を並々と注いでいた マグカップにドボドボと 何と言う扱い。

「流石 最高級の血の味 実に酸化が進んでいる 此れは すでに赤葡萄酒ではなく 書物だな。
飲むものではなく 読み取り感じ取るもの。」

 で 要件は 何。

こやつは 唐突に 話の矛先を ゾーラ兄に向ける 当然の様に。

ゾーラ兄も マグカップに注がれた 場末の酒場の酒にしか見えない 最高級の赤葡萄酒に 口をつける。

「ゾーラは 今 幸せだよ。
優しくて 料理が上手くて 抱き締めてくれる恋人ができた。
ゾーラは 明るく 笑顔が綺麗になったよ…
プルートも ロイヤル スーパースペシャル ウルトラデラックス 猫缶をご馳走されて
すっかり 其の恋人に気を許し 仲良くやっているようだ。」

ゾーラ兄の瞳が また あの時の様に 儚げで 弱々しく見えて オレの心が揺れ動く。

「そうか ゾーラさんも 陰険偏屈な兄に嫌われているのではなく 愛されていたからこそ
遠ざけられていた と理解して 精神的に安定したのだろうな。
此れで やっと ゾーラさんは 安心して 兄から離れていった 兄の役割の終わりだな。」

こやつは 誰の目を見る事もなく 誰に語り掛ける訳でもなく 両の掌で マグカップを包み込み
其の双眸を伏せる。

 寂しいのか。

 解らない。

ゾーラの兄は 徐に 古新聞紙に包まれている絵画を 一枚取り出し ミロの横に掲げる。

「此れはね 私が一番好きな絵画 此れだけは 売らなかった。
でも ホテルでは物騒でね 中々掲げて鑑賞できない。」

憂いを含んだ瞳の天使 ラファエロの天使。

「此処に掲げていいだろう 偶に 見に来る。」
ゾーラの兄は 先程とは打って変わって 悪戯っぽい そして 何処か超然とした色彩を纏った瞳で
言葉は丁寧だが 決して断る事は許さないと言外に厳命を下してくる。

「ふーん 天使ですか。
処で ワトスン君、スパゲティーは 何時になったら 茹で上がるのですか。
先程から かなり時間が 経っていますが。」

湯気の向こう側から 天使たちは 苦笑を浮かべる。 
スポンサーサイト



category: 不遜に 猥雑に そして 嫣然と

コメント

ワトソン君にはかわいそうだけど、事務所に助手はみつかったし、ゾーラ兄にも仲間ができそうでなにより。
探偵も嫌味をいいあう相手ができて退屈しないでしょう。

ワトソン君へ
スパゲッティー茹でる手間は2人も、3人も変わらないよ。
ただ、胃が痛くなるような嫌味合戦が始まりそうだけどね。がんばれ!

URL | キャサリン #LkZag.iM
2012/12/30 18:04 | edit

こんばんは~

あらら、居座っちゃうの?
これはまた楽しい展開ですね。
個性的な探偵一味がまた増えそうで面白いです。

それなら本当に兄の名前も考えないといけませんね~(´∀`*)

ウゾさん、今年は色々お世話になり有難うございました。
ほんとうにたのしませていただきましたよ~。
また来年もよろしくお付き合いくださいね。

ではでは、ウゾさん 弟さんご家族皆さん(もちろんにゃんこさんもですよ)が健やかで素晴らしい年を迎えられますように 心よりお祈り致します(人´∀`).☆.。.:*

URL | ariごろう #-
2012/12/30 19:33 | edit

こんばんは。
面白かった~。
心の奥底では寂しい人がそれを上手く隠してる気がする。
ゾーラさんが幸せになってくれたのがよかった。
お兄さんと名探偵は似てる気がするよ。
雲の上の月、儚くていいね。

URL | チビmomo #-
2012/12/30 19:40 | edit

キャサリン さん へ

 こんばんは。
まぁ ゾーラ兄も 偶に ふらふら 遊びに来ると言う事で…
探偵と 兄は 子犬がじゃれ合っているようなモノなので 本人達は 無邪気に遊んでいるだけ
ワトスン君が… まぁ 頑張れ こいつ等の性格が 良くなる事は 望み薄だから。

うーーーん ゾーラ兄も 代わりに料理してくれなさそうだからね…
料理係は ワトスン君 なのだろうなぁ…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/12/30 19:42 | edit

ariごろう さん へ

 こんばんは。
うん もう住む家がない 待っている人もいない その様な状態ですからね。
ふらぁーーーと 気が向いたら 事務所に遊びに来て 偶に 茹で過ぎスパゲティーを食べ 
毛布にくるまって 勝手に泊まる。
家賃は 既に 払っているだろうと 言って…

いえいえ 此方こそ 色々な素敵な記事 考えさせられる深い記事 
猫さん 犬さんの 可愛い姿 楽しませて頂きました。
また 来年も 宜しくお願い致します。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/12/30 19:53 | edit

チビmomo さん へ

 こんばんは。
うん ゾーラは やっと 兄から離れて 自分の幸せを求める事ができるようになった感じ。
兄はね… うん ゾーラが離れて 幸せそうに笑っているのが 本当に嬉しいのだけど 寂しい
今まで 兄として生きてきたのが 兄の役割が終わってしまって 自分が守らなくても 
守ってくれる人物がでてきて …
兄も オズオズと 自分を探し始めた感じですね。

うん 兄と探偵は 凄く似ている だから お互いに お互いが解り過ぎる。
安心して 嫌味を言い合う事ができる関係。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/12/30 20:02 | edit

チョコチョコしか来ていないので、
あんまりウゾさんの小説見れないんですよね。
お正月シーズンには見よう!
探偵シリーズ好きだし。

URL | Fランナー #DNM/eCMo
2012/12/30 22:54 | edit

あらあら。

ミロを掲げるだけならいいけれど、ラファエロを置くならスパゲティは禁止! ちゃんと空調してカビの生えないようにしてくれないと! (ミロに失礼な言い草)

そっか。新しい助手はゾーラ兄かあ。ますますワトスン君の苦悩は続くねぇ。
ゾーラさんとプルートが幸せになったのはよかったです。

次作も楽しみにしていますね。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2012/12/31 04:31 | edit

Fランナー さん へ

 おはよう御座います。
朝から 大荒れの天気ーーーー 今日で 今年も終わり。
ああっ 冬休みも 半分終わりかぁ… 冬休み 二週間ほどしかないのに 冬休みの宿題 
鬼畜の様に出されているし…
さてと 年賀状は 明日でいいかぁ。

うん 探偵シリーズは 今 丁度終わったし 纏めて読むにはいいかも。
Fランナー さんの 好みに合うかどうかは 分からないですが あまり 重くなり過ぎないように 
ギャグ多めで 頑張りました。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/12/31 07:24 | edit

八少女 夕 さん へ

 おはよう御座います。
ゾーラ兄が たった一枚 絵画を残すとすれば 何を残すだろうと 考えると 何と無く 
ラファエロだなと 其れも 聖母子等々ではなく 天使…

いえいえ 助手は ワトスン君のままですよ。
ゾーラ兄は 偶に ふらぁーーと遊びに来て 場を引っ掻き回して 笑っている程度の野次馬 
助言者でしょうか。
そして偶に スパゲティーを食べにくる…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/12/31 07:37 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/442-328424c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)