FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

白い鳥 黒い鳥 そして 白い過去  

P1160261.jpg

当分の間 此の記事がトップにいます。通常の記事は 一つ下からです。

 少し早いかなとも 思うのですが 
ブログで交流させて頂いている 八少女 夕さんの ブログが 三月に一周年を迎えます。
其の 一周年企画として 「scriviamo!」という 皆でいろいろ書いてみようという企画が進行中です。
其の 企画提出として 一本 書かせて頂きました。

八少女さんの作品の サーカス団の人間模様を描いた作品から ブランコ乗りの女性と 道化師の男性
そして 僕の方からは ワタリガラスの男と 人形を出してみました。

此の一本だけでも 意味は通じると思いますが サーカスかぁ 読んでみたいなと言う方は 此方からどうぞ

其れでは 興味のある方は 下記からどうぞ。


ーーーーーーーーーーーーーーー
 追記です

上記にも記した様に この作品は 八少女 夕さんの ブログ一周年記念企画の為に 書いたものなのですよ
そうしたら 何と八少女さんが 返事の掌編を書いて下さいました。
夜のサーカスと黒い鳥 Featuring「ワタリガラスの男」 ブランコ乗りの女性と 道化師の男性からの
視点の話しです。
まぁ 何というか 流石としか言いようがない イタリアの匂いがたちこめた 素敵な作品です。
ワタリガラスの男が 優しくも妖しくて 当社比 二倍はカッコよく書かれていますよ!!!!!

そして 此方にも参加させて頂く事になりました。

20120907215857248.jpg

   白い鳥 黒い鳥 そして 白い過去

 未だ あどけなさの残る金色にけぶる瞳が 眼前に広がる虚空を捉える。 
一瞬の 戸惑いが 陰影を落とし そして 弾けるかの様な 喜び。

チルクス・ノッテ 技巧的で洗練された演出を誇る 人気サーカス団の 新たなる 
ブランコ乗りの女性が 少年の様な肢体を ゆっくりと伸ばし 技を魅せる。
白い 雪の様に白いスパンコールで描かれた薔薇が 其の華奢な身体を包み込む。 
清楚な美しさが 彼女に 良く似合っている。

強い光が 幾重にも彼女を照らし出し 黒く 夜闇の様に黒い影が 艶めかしく テントに踊る。


「珍しいね」
暗く 長い 冬には 人は勤めて娯楽を求めるのだろうか。
白い 白い人形は 人いきれに満ちた 満座のテントを見詰める。
人々は 陽気に 歌い騒めき 喧騒に満ち 一時の人工の夢を貪り喰らおうと 待ち構えていた。

「何時も 人ごみを避けるのに 何故。」
人形は 態々 自ら求めて… 
此のチルクス・ノッテのサーカスを観賞する為に出向く ワタリガラスの男の真意が解らなかった。
人形は 此の華やかなで そして 毒々しい色彩の中 一つのシミの様な黒を 其の瞳を覗き込む。

「一羽の 白い鳥が 初めて羽搏くからね。」


彼女は 其の しなやかな両の手を 脚を伸ばし 虚空へと 其の翼を広げ 其の身を投げ出す。
飛び込むかのように 踊るかのように

真っ白の羽根飾りが 光の中 ゆっくりと 舞い踊る。

そして 拍手 飛ぶ事の出来なかった鳥達の羽搏き 

白い 白い人形は 気だるく 幽かな微笑を浮かべて呟く。
「幸せそうだね 全身で歌っている。」

「では 帰ろうか。」
ワタリガラスの男は 一羽の白い鳥の飛翔を見届け 誰にも 気づかれる事もなく 
其の席を後にしょうと 立ち上がる。
そう 其の白い鳥の羽搏きを見守っていた 道化師の双眸が 眇められ ワタリガラスの男へ視線を注がれ…

白く 過去までも塗り潰した表情 鮮やかな赤で描かれた 一輪の薔薇 滑稽さを強調した哀しみ。

「もう一度 白い鳥が 真紅の赤い薔薇を纏う時 再び訪れようか。」
ワタリガラスの男は 人形と 一つの 小さな約束をした。 
  
  
  
スポンサーサイト



category: ワタリガラス ショート

tb: 0   cm: 8

コメント

おおおおーっ。
ありがとうございます。
な、なんと、ワタリガラスの男さまが、わざわざデビュー興行に足を運んでくださったと! ああ、なんて僥倖。ステラが泣いて喜んでおります。

しかも、このお話、もうすっかりあの世界をご存知のデテイルで嬉しすぎです。私の頭の中にある世界そのまんま。

こうきましたら、ぜひともお二人をこちらでもお借りして、返掌編にさせていただきますので、発表までしばしお待ちくださいませ!

本当にありがとうございました。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2013/01/17 04:20 | edit

八少女 夕 さん へ

 おはよう御座います。
夜のサーカスのシリーズは 八少女さんが 丁寧に 大切に書き綴られているシリーズですからね 
雰囲気を壊さない様に 出来るだけ 近付けるようにしてみました。
でも 八少女さんの文体と 僕の書くものは 随分と違いがあるので 中々 
八少女さんの端正な雰囲気は 描き出せないです。
僕も 以前から ステラのデビューには ワタリガラスが見に行っていると 
面白いなぁと思っていたので 書かせて頂いて とても 楽しかったです。

おおっ 八少女さんに ワタリガラスの二人を書いて頂けると 嬉しすぎます!!!!

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/01/17 06:43 | edit

こんばんは。
ウゾさんの履歴がもう探せなくてようやく見つけた~。
もうこんな時間だよ・・・。
透明な空気が流れてるようなお話だったよ。

URL | チビmomo #-
2013/01/17 23:57 | edit

チビmomo さん へ

 おはよう御座います。
無理しないで下さいねーーーーー
当分 ブログ閉鎖の予定はないので 寝る時間を削ってまで訪問する事ないからね。
うん 訪問頂くのは 凄く嬉しいけど それで チビ momo さんが 風邪でもひいたら 大変だからね。

うん 読んで頂いて ありがとね。
清楚で まだ少女のような あどけなさの残る女性の話だから 透明感と言っていただいて 嬉しいよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2013/01/18 06:49 | edit

こんにちは
ウゾさま風邪ですか。温かくして、安静にして下さいね。
ネコちゃんたちにも、保温部隊で出動してもらってください。

ウラジミール君のノスタルジーも、探偵の一言で台無しですね。
焼き鳥って・・・・ 
探偵はたれと塩、どっとが好みだろう?

URL | キャサリン #LkZag.iM
2013/02/06 13:34 | edit

キャサリン さん へ

 こんにちは。
もう 駄目 風邪こじらせたーーー 咳しすぎて 腹筋がもうダメーーー
ボロボローーー

ロシアの日本料理って 比較的まともですよ。 基本形 味が濃いですが…
ヤキトリは 甘ったるい味が多いです。
ロシアには 日本食のチェーンテンもあるし 海外にしては 手軽な値段で 
比較的まともな日本食にありつける 数少ない国ですよ。
うーーん タレと塩 取り敢えず探偵は ワトスン君が 何方を食べていても 一言何か言いますね。
 
コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2013/02/06 14:22 | edit

RE:

こんばんわ、発刊されたのでコメント書きに来ました

先に夕さんの方の物語を読んでからこちらに来ました。
え、と。夕さんの方にも書きましたが、なんというか物語のつながった感じがわたし的には感動的でした。
物語の表現の違い、見方、お互いにお互いの話を詳しく理解していてすごいと思いました。
あ、でもこんな書き方しちゃうと、この物語自体は面白く無いのかって聞かれちゃいそうですが、全然違いますよ?
人形からの描写がわたし的には一番好きです。
わたしの読み方だから、そうなるのでしょうか…ワタリガラスよりもむしろこちらのほうが感傷的…?いや、ちょっと表現方法がわからないですが、感傷的ではないな、うーむ…。
ま、まぁ、ともかく人形好きでw

以上です。

URL | 篠原藍樹 #iVT7Zno6
2013/02/13 18:54 | edit

篠原藍樹 さん へ

 こんばんは。
読んで頂いて 有難う御座います!!!!

正直に言いまして 此の企画に出すつもりはなくて 八少女さんの 企画だけのつもりだったのですよ。
其の為 凄く断片状態で 申し訳ないです。

まぁ 僕の文章と 八少女さんの文章とでは 持ち味がかなり違いますから 其の違いを
楽しんで頂ければと 思います。
ああっ 確かに 何時もの ワタリガラスシリーズよりも 多少直截的です 
八少女さんに渡す作品ですから ワタリガラスらしさを残しつつ 何時もよりも 分りやすさを
心掛けています。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/02/13 20:08 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/464-8d888788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)