FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

関西の春  

P3100004.jpg


お水取り 終わりですねーーー 
何と無く 此の行事が終わると 本格的な春 本当に暖かくなり 
もう トンデモナイ寒さは来ない イメージがある。

紙面などには 「春を呼ぶ 古都の祭」と言った 類の言葉が躍るが ほんとに 春なんですよね…
しみじみと しますよーーーーー

新聞の一面を飾る ド派手な火の粉が舞っている様な写真 見た事あるのではないでしょうか。
其の 松明なのですが。
お水取りのクライマックスで 走り抜ける松明の真竹を奉納する 「竹おくり」と言う行事があります。
お水取りの松明の芯に使う真竹は 昔は 山城一帯の村々 高山 月ヶ瀬方面から寄進されていたとか
竹に「二月堂様」と書いた札を括り付け 奈良に通じる街道筋までだしておく 
すると村人や旅人 信者達が 真竹をリレー形式で お水取りの行事に間に合うように送り届けた。
今では すっかり 此の竹送りは 廃れて 消えてしまっていたのだが…

しかし 最近 途絶えていた竹送り 徐々に復活しているようです。
中々 古の祭を支える事は大変そうですか 守り伝えたいものです。


おまけ いい動画 発見できなくて… 雰囲気だけでもと




 
スポンサーサイト



category: 雑記

tb: 0   cm: 9

コメント

私は実際には見たことないのですが、去年の秋二月堂を訪れた際、
「ああ~ここから火の粉が降り注ぐのか~」と感慨深かったです。

若狭は小浜市鵜の瀬という所で、お水取りに先立って、お水送りなる
神事が行われているのをご存知ですか?
お水取りで汲む水を送る神事なのですよ。
私はそちらも行ったことがあるのですが、両方訪れると古代から
脈々と続く若狭と奈良のつながりに思わずうなってしまいますよ。

URL | NYANKO君 #5p4vzfrw
2013/03/15 01:41 | edit

チューリヒにも「ゼックス・ロイテン」という雪だるまみたいな人形を火薬で吹き飛ばすお祭りがあります。それが春の始まり、みたいな。どこか似ていますね。(似ていないか)

昨日、今日と、また冬っぽくなりましたが、もうそんなに長くは寒くないんですよね〜。春は嬉しいですね。(あ、花粉症のウゾさんにはつらい季節かな)

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2013/03/15 06:20 | edit

NYANKO君 さん へ

 おはよう御座います。
お水取り 当日は 凄い混雑ですからねーーー
確かに 生で見ると 迫力があり感動的ですが… 混雑が…
奈良県って 観光のイメージの県なのに 宿泊施設は少ないし 名物料理はないし 
飲食店の数も少ないし…
いい意味でも 悪い意味でも 奈良県人って やる気がなくて おっとりしているのですよーー

はいはい お水送り 知っています と言っても 数年前に知ったばかりですけどね。
正式には 修二会だけれど お水取りの方が通ってますからね。
お水送り あっての言葉ですよね。
確か お水取り満了後 お香水として 二月堂で一般に領布してますね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/03/15 07:25 | edit

八少女 夕 さん へ

 おはよう御座います。
おおっ いいですね 雪だるまを火で吹き飛ばすのですかーー
豪快ですね!!!
春の始まりと言うか 冬の終わりといった感じのお祭りですね。
火は 世界的に 春のイメージなのでしようか。

おそらく 先週あたりが 花粉飛散のピークだったようなので 少し楽になってきました。
四月の初め頃には かなり楽になるので 後 もう少しなのですよ!!!!
教訓 脳細胞が死んでいる時には ワタリガラス書いてはダメだ 訳分から過ぎて 
自分で笑ってしまいました。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/03/15 07:32 | edit

おはようございます。

奈良は修学旅行で訪れたきりですが
風情があって良いですねー。
今年は遠出もしてみたいと思っていますので
そちら方面も行ってみたいと思います。

お水取り、お寺が燃えてしまいそうな勢いですね。
一度拝見してみたいものです。

URL | かぜっぷ #-
2013/03/15 09:58 | edit

かぜっぷ さん へ

 こんにちは。
奈良って 観光資源けっこうあるのに 宣伝下手くそだしーーー
周りは 京都に 大阪に 兵庫ーーー 華やかだしねーー
奈良のお寺は 地味目ですが いい風情がありますよ。
春の明日香村は 花でいっぱいだし 夏の吉野は 涼しげで…
冬場の観光客の少ない頃の 奈良市の鹿は 凶悪化していたりと
季節ごとに楽しめますよ。

お水取り 戦時中も中止される事無く 暗幕を張って 続いていたお祭りですからね。
夜ですから 遠くの方は どうしても拝見することが 難しいですが 歴史を感じる 深い行事ですよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/03/15 13:08 | edit

拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
奈良は 京都の様な華やかさはないのですが その分 京都よりも 観光客少なくて 空いているかな。
此のお水取り 戦時下でも 中止することなく 行っていましたからね…
本当に ずっと続いている 春を呼ぶ行事なのですよね。
地味目ですが 奈良にも いい処 色々ありますよ。
唯 交通機関が 結構不便なので 余裕を持った計画で!!!!
一日で 奈良市行って 吉野行ってとかは 無理ですから。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/03/15 20:21 | edit

数年前に東大寺を訪れた際に、三月堂があったことを知り驚きました。
三月堂は通称らしいですが。

最近は温暖化が進み暦通りの気候ではないこと。冷暖房が進歩して寒さ暑さを感じないこと。ハウスや輸入食品のお蔭で一年中食料が安定していることで、季節を感じることはありませんよね。
だからこのお水取りのような行事は大切にしていかないといけないと思います。四季がある国には、季節ごとの祈りがある。忘れてはいけないことです。

竹おくりが復活したのも、そんな思いからでしょうか。いい話です。

URL | キャサリン #LkZag.iM
2013/03/15 21:05 | edit

キャサリン さん へ

 こんばんは。
はいはい 確か 旧暦の三月に行事をするお堂ですよね。
其れで 通称 三月堂だったかな。

そう お水取りの竹が きっちり近隣からの真竹である事を知って 僕は嬉しかったですね。
輸入品ではなく きっかり 昔と同じように 近隣の山から 人の手に拠って 掘り起こされ 
人の手に拠って 輸送される。
古い 古い お祭りを守っているのですよねーーー
関西と言うか 奈良県民だけの感覚かもしれませんが 此のお水取りが終わると 春なのですよねーーー
古い 古いお祭り 中々 いいですよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/03/15 21:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/531-cd9e526e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)