FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

最近 バナナが美味い 5  

P4010110.jpg


子猫達 地震怖かったのか 集まって お布団にもぐっていた。


そして NN 続きです。

興味のある方は 下記からどうぞ。





 「あなたは 誰。」
カーヤは 一方的に話し掛けて来る 形容し難い奇抜な男に 単刀直入に 質問を投げかける。

「奴我は 何某であり ブランクでノーネーム 果して 其の正体は 心して 次巻の発売を待て。」

その男は 何が面白いのか クックッと嗤いを漏らす。
「オーオーッ サクリファクショーン、ゾクゾクします。
背中に走る恍惚感 良いでしょう お教えしましょう キーと お呼び頂けると 光栄です。」
クックッと 猫の様に 咽喉を鳴らし嗤っている。

カーヤは 酷い疲れを覚えつつも 再度 質問を投げかける。
「僕が 二人目と言ったが 一人目は誰 何時 何処で会った」

キーは 恰も交響楽団の指揮者の様な 優美さで 何処か彼方を 指し示し 真意を計れない声音を吐き出す。
「シンシアリー 過去ですかー。
ランチは 朝食の後に食すとか リーアァリー 驚愕に値する。
黒猫が横切った食堂は ベリーベリーグット。」

カーヤは キーの言葉を 根気良く紐解き 噛み砕き 自身の放った質問の回答を捜し求める。
如何やら 其処彼処に点在する 時の流れが乱れた廃墟で 時たま 垣間見る事が出来る過去の幻
其の幻が カーヤと同様の 狂ったノイズを奏でていたと…

「ハァーイ 其処のガール 盗み聞きですか。
とってもバット 実に背徳的で隠微 小生の大好物 好みです。
素敵なレィイディー、此の俺に何か 其れとも私に質問 実は 僕に頼みごとかな。
さて 劇的に御登場願いましょう 盛大な拍手を… 逃げられませんよ。」

オズオズと… 白いワンピースの少女が 顔を覗かせた。 

 世界の… 時代の… 選択は 俺ではなかった 俺は 選ばれなかった。

極々平凡な ありふれた運命
人を傷付ける事も 自身が疵付く事も出来ない 無意味な魔力
平凡で 普通で 吐き気を覚える様な 善良で可愛い妹 
其の妹が イルが 俺を ルカ兄と呼び 微笑み掛けて来る。

何故運命は 俺に 運命を 魔力を蛇蝎の如く嫌い 呪う魂を与えたのか。

極々平凡な魔力を 自身の身体を護る事すら叶わない魔力を呪い 細く怜悧な刀身レイピアを… 
即物的な物理的な力に 身を委ねる。

「イル、俺は 運命も 魔力も 嫌いだよ。」
俺は 研ぎ澄まされ 冴え冴えと凍えゆく此の魂を抱き締めて…
本当は 俺は  …


スポンサーサイト



category: NN

tb: 0   cm: 1

コメント

拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
うん 怖かったと思うよ 何故 揺れてるのか分からないのだから。
其れを考えると もち姫 阪神大震災経験しているのですよね。
そして 今回の地震。
猫の短い人生で 二回も地震を経験しているのか…

三匹でね お布団の中で丸まっていたよ。
集まっていると 安心するのかな。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/04/15 20:43 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/565-6ccc5295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)