FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

極めて技巧的に 人工的に そして優美に 言葉を弄ぶ  




P1270010.jpg


ドイツ ローテンブルク郊外です。
霧に包まれていたのですが 霧が消えると 下の様になりました。

此の前から 偶に書いている 魔術師モノです。
結構 性格悪いコンビって 書いてて面白いので好きなんですよ。
興味のある方は 下記からどうぞ

   極めて技巧的に 人工的に そして優美に 言葉を弄ぶ

 … そう、聖職者は世俗の刑罰を受けないと言う 特権があったのですよ。

魔術師は 実に皮肉っぽく口の端を歪め 諧謔的な色彩を帯びた声音で
そして 魔術の詠唱の様に流麗に 言葉を吐き出す。

私は あからさまに 深い溜息を一つ吐き 露骨に厭味を口にする。

 … 中世後期の最悪の一つか。
   些か 御茶請けには 如何かと言う話題だな。
   君の 捻じ曲がった感性には ほとほと感心するよ。
   キッパリと提言しよう 其処の変人 偏屈 極悪人の魔術師、話題を変えろ。

其の魔術師は 如何にも嬉しそうに
其の双眸には 幼い子供が 小さな虫を弄ぶ様な 無邪気な色彩が宿して
そして 当然の如く 私の勧告を 完全無欠に無視を決め込み…
お茶請けに相応しくない 話題を滔々と続ける。

 … そう 中世後期の最悪の一つだ。
   聖職者は 教会 自らの手により処遇が下された。

私は 此の魔術師の事は… 否 此の魔術師の頭脳は 認めている。
学問を系統だって 学んだ者だけが持ちうる 堅牢なる思考。
正統を突き詰めたが故に 異端を知る。
そう 私は 頭脳だけは 認めている。

 … 当時は 聖職者の血が 流れ落ちる事を 忌み嫌った。
   其れ故に 聖職者を建物に閉じ込め 出入り口に漆喰を施し…
   存在しなかったとして 忘れ去る。
   忘却と云う名の 刑罰。

私は 時々 何故 此の魔術師と友人なのだろうかと
疑問が 頭の片隅を掠め 

 … 分るかい 出来得るならば 人は自己の手を汚したくない

  我々は オレもそしてお前も 自分勝手で エゴイストで 狂人なんですよ。

私は 此の魔術師と 同属の変人として 語られてしまった。
此の魔術師は 私を 同属と捉えているのかと…
余りにも精神的ダメージが大きく 私は 此の後 浴びる程に酒を飲み絡み ひそかに泣いた。   
スポンサーサイト



category: ファンタジー

tb: 0   cm: 4

コメント

No title

どうも
私は、魔術とかは信じないたちです
まぁ、昔、魔術らしき物にかけられたんですがね・・・
軽く不幸な事が沢山起こりました(笑
でも、信じないですね

URL | Fランナー #V8uOUIPU
2012/01/27 23:22 | edit

F ランナー さん へ

 おはよう御座います。
魔術などと言うものは 信じられている文化的土壌の上で
初めて成り立つ 迷信に近いもの。
人の自己暗示 もしくは 科学知識が普及していない頃の
科学者 そして 詐欺師  此の辺りが正体だと…
まぁ 僕は 火の無いところに煙は立たない的に
何故 人は 存在しない魔術と言うものを発想したのか
其の辺りには 興味ありますね。

コメント有難う御座います とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2012/01/28 07:38 | edit

No title

どうも~
 魔術を信じるか信じないかと聞かれたら、正直信じてしまうかもしれませんね。
 でも、きっと心のどっかではありえないって分かってて、そう考えるとやっぱり信じてないのかな~なんて客観的に考えてます。
 人間ってちょっと不思議なことがあって、それが理論で解決できないとなると魔術だの何だのに責任を押し付けてしまうんですよね…
 結局、こういうのって後付けなんだと私は思いますよ?
 ただ、私は魔術そのものには興味ないですが、小説の材料としてはおもしろいと思っています。
 ウゾさんの考え方も大変面白いと思いました。
 長々と失礼しました…

URL | 移 慧 #xp5FgOFA
2012/01/28 14:31 | edit

移 慧 さん へ

 こんにちは。
魔術 錬金術等々は 真面目な人には 学問の一種
人の不安を煽ると 金儲けの道具
国にとっては 国を治める道具であり 失敗したときの言い訳
そして 独裁者が最後に頼るモノ
人の集合無意識に結び付く為 嫌悪感を覚えつつも 全否定できない。
其の程度のものでしょう。

確かに 小説の材料としては 面白いですが
存在しないものに 如何様に説得力を持たせるか 難しいですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。
 

URL | ウゾ #-
2012/01/28 15:52 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/57-fd68e4a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)