FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

例の 病  

P4150184.jpg


中二病 と言う輩を 知っているでしょうか…

其の名称の通り 思春期の頃の 自意識過剰で 妙なプライドと 妙なコンプレックスが
入り乱れ 妙な価値観に支配されたりと…

要するに 数年後には 其の頃の行動や 言動を思い出して ジタバタと 苦しみ 黒歴史となる。

何故 今 そんな 話しているのだ と言われそうなのですが。
其の 中二病の頃は 妙に文章や ポエムを書いてみたり…

僕 まさに 中二病でしょうか…
年齢的にも 中学生だし…

確かに数年後には 思い出して ジタバタしてそうな文章を書いている様な 気がする…
ある日突然 ばったりと 此のブログの更新止まって 突然ブログが削除されていたら
中二病が 治ったと思っておいて…
でも 中二病は 不治の病と言う説もあり  ああっ 恐ろしい。    
スポンサーサイト



category: 雑記

コメント

大丈夫、誰もが通る道。
中二病は青春の一ページだからwww
永遠に美談にはできない自分史だけど。

URL | 晩冬 #-
2013/04/27 00:44 | edit

大丈夫。
人生の大半をそれで過ごしている人もいるし。(ここに)

ウゾさんは、もっと患った方がいいかも。
なんか、もうすでに醒めた賢さが入りすぎていて、患いきれていない感じがします。
中二病を微笑んで許してもらえるのは今だけだから! 

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2013/04/27 04:13 | edit

晩冬 さん へ

 おはよう御座います。
おーーー 晩冬さんだぁ!!!! 久しぶり 元気してる????
晩冬さんの 文字見ると 嬉しいよ。

ああっ やっぱり 永遠の黒歴史なのですね。
年を取り 老いた頃には 懐かしく思えるのだろうか あの頃は 愚かだったと…
いや 思えないような 気がする…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/04/27 07:07 | edit

八少女 夕 さん へ

 おはよう御座います。
中二病は 一度患うと治らない 不治の病説は 本当だったのかぁ!!!!

うん 其れは 思うのですよ。
文章に 中途半端に 中二病要素を入れると 凄まじく恥ずかしいモノが出来上がる
やるならば とことん 中二病で塗り固めると 反対にかっこよくなるのではないだろうかと…
生暖かい微笑で 許してもらえる… ああっ 数年後の 病が治った頃が恐ろしいーーー

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/04/27 07:15 | edit

どっぷり患ってください!

これはもう、不治の病であると同時に特権でもありますよ!
後からどれほどその時の気持ちになろうと思ってもできないのですから、もうどっぷり味わっておいてください。昔の文学なんかでも、十代の人が書いたものって、青いけれど、後から年寄りが思い出して書いても全然テイストが違うのだし。

そして夕さんのおっしゃる通り、大半を忘れて、私もここに生きております^^;
写真を整理したり、この間などは古い友人からの手紙を箱一杯見つけて、あの頃をしみじみ思い出し、えらいこっちゃと思いましたが…
でも、黒歴史ではあるけれど、二度と味わえない感情の深さですね。

赤ちゃんの脂漏性湿疹、予防接種(昔だったら幼稚園に行くと麻疹と風疹と水疱瘡とオタフクをもらった)、学校の朝礼で時々ぶっ倒れる人がいる…みたいな話で(^^)、通過儀礼。
また次に、更年期なんてのが遠い将来にやってきますから、それもまた患うしかない病なのですよ…^^;

その、数年後のウゾさんも楽しみで仕方がない私は、ちょっと悪魔的?

URL | 大海彩洋 #XbDIe7/I
2013/04/27 10:48 | edit

成人を迎えても中二病が治らない人が此処に居るので大丈夫ですよ!
中二病はみんなが通る道で、確かに不治と言えば不治です(笑)

まあ、最近では高二病とか大二病とかもあるらしいですけれど
(高二は中二を見下し、大二は高二を見下すんだとか)

確かに私もファンタジー要素満載の小説を書き始めたのって、まさに中二のときでした……
でも黒歴史どころか、今の私の布石になったような感じではあります
この恥ずかしい積み重ねを今後活かせるかどうか!じゃないでしょうか
あとネタにもなりますからね、患っちゃいけないもんでもないですよ~

ですから、今のうちに謳歌しましょう中二ライフ!!(もはや勧誘ですね

URL | 玖絽 #-
2013/04/27 11:38 | edit

大海彩洋 さん へ

 こんにちは。
特権ですか… 随分と悪趣味としか 言いようのない 後々の精神力の鍛錬に良さそうですね。

うん おそらく 中二病を昇華したものが 文学全般なのでしょうね。
突飛な想像力と コンプレックスとプライドで練り上げられた 妙な感情… 
青すぎて いとおしい と 思えるのかなぁ 何時か。
ゆっくりと 味わうべきモノなのか… 黒歴史。

まぁ 毒を食わずば皿まで と開き直って 中二病を遊んでみます。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2013/04/27 13:00 | edit

玖絽 さん へ

 こんにちは。
ああっーーー やはり不治の病なのですね。
でも 小説なんて ある程度の中二病要素 あった方が面白いかな。
現実を淡々と書き綴った小説は… 僕としては 書いていて あまり面白くない。
書く方として面白いのは ある程度 中二病要素がある方が いいな。

ああっ 今後に生かすか…
まぁ 今の自分を否定したら寂しいよね 今の精一杯なのだから。

結構 生暖かく中二病は 許されているのですね 安心して 患ってみます。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。   

URL | ウゾ #-
2013/04/27 13:10 | edit

中二病ですか、あれは治りませんよ、私も何十年と発病したままですから。発作を抑えるのに、未だマンガを読んでますもん。

上手に発病?すれば作家とか、役者とかクリエイティブな職業で成功するんでしょう。もしかすると、中二病は治療よりも、飼いならすことが大切かもしれない。

URL | キャサリン #LkZag.iM
2013/04/27 13:30 | edit

キャサリン さん へ

 こんにちは。
おおっ やはり 不治の病なのですね。
発病すると 一生の付き合いになる病 如何に コントロールするかなのかな。

そうかぁーー 中二病を研ぎ澄ましていくと 凄まじいカッコ悪さが 
何処かで カッコよさに変換されてしまうのか…
治療しようと足掻くよりも 飼いならし 利用する その したたかさが必要なのですね。
うん なんか 納得しました。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/04/27 13:38 | edit

結局のところ、人はそこまで心が成長しないということですよ。
子どものまま突き進むことが多いですよ。
10年前と今の自分の心がそこまで違うか?と問われるとそこまで変わっていないものです。私も10年前とそこまで変わらないですからね。中二もそこまであながち不治の病というのも嘘でないと思います。特に映画監督やアニメーターは少年のまま仕事をしていると思います。

URL | LandM #-
2013/04/27 18:10 | edit

LandM さん へ

 こんにちは。
ああっ そうなのかぁ 大人は子供がでかく 育っただけのものなのかもなぁーーー
子供が考えているほど 大人は悟っているわけではなく 子供の延長線上に大人がある訳なのですね。
確かに 世界中に宗教があり 心を模索しているのですから 急激に成長するわけではないか。
うーーん 残念なような 嬉しいような でも 面白いですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/04/27 18:31 | edit

こんばんは。

みんなのコメント見て、なんだみんなもそうなのか、と安心しているボクです。
ご安心召されよ。恥ずかしいことではないですぞ。
誰もが通る(?)道ですし、そして治る必要もないかと……
突き進めばきっと人とは違ったクリエイティブな自分がいるはず!

まあ、ボク自身中二病の自覚はあるけど、そういう自分をリアルで演じたことはないですけどね……

URL | 栗栖紗那 #T7ibFu9o
2013/04/27 20:19 | edit

栗栖紗那 さん へ

 こんばんは。
そうみたいですねーーー 患っている方 多々いるようですね。
誰もが 多かれ 少なかれ 通る道なのかーー
おそらく 中途半端に中二病要素を取り入れて 小説書くと恥ずかしいのでしょうか 
此れでもかと 中二病要素てんこ盛りにすると… いや 恥ずかしいかなぁ。
うーーん 上手く 中二病要素を入れると 小説も 俄然面白くなりそうですから 
一度 とことん患ってみるのも いいのかな…
いや 数年後が 恐ろしいなぁーーー

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/04/27 20:38 | edit

すごい沢山のコメントですね。
世の中中2病の方で溢れているようです。
私だけじゃなくて良かった(笑

ウゾさんは違うと思いますよ。
だって真っ只中の年代ですもの。
もう少し大きくなって同じことやってたらそう呼ぶんじゃないでしょうか?

まあご覧のとおり誰もがこじらせて、
何度も何度もぶり返す慢性疾患みたいですよ(笑
ですが苦痛じゃなくてむしろ心地いいのが厄介です。

URL | NYANKO君 #5p4vzfrw
2013/04/27 21:29 | edit

NYANKO君 さん へ

 こんばんは。
確かに 密かに中二病を患って… 治らないようですね。
密かに 中二病は楽しむモノなのでしようか。
どうも 治らないらしいので うまーく 付き合って 楽しみたいなと思います。

うん おそらく 中二病をすべて 取り除いてしまうと小説書けなくなりそうです。
其れも 寂しいですし…
数年後に 黒歴史ではなく せめて 灰色歴史程度で収まるように 中二病と付き合ってみます。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/04/27 22:11 | edit

拍手コメント頂いた方 へ

 おはよう御座います。
ああっーーー 此のブログを惜しんでくれる方がいるとは…
感無量です。

大人になると 今の青さが 懐かしくなるのかーーー
確かに 今の精一杯ですからね 大人になった時には 微笑ましく思えて 
自分の書いたものを笑えるのかな。

うん 僕も かなり楽になったよ 惰眠をむさぼったよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/04/28 07:05 | edit

こんにちは。
お久しぶりです。

中二病ですかー……。
高校に入ってからは、忙しくて治った……気がする?
でも、頭の中で色々想像するなら、中二的な事の方が話がはずむし、文字に起こしやすい。
うーん、まあ人に迷惑をかけなければ良いかなあ、なんて。
中二病と言っても、色々あるようだし、、、

最近は、どうにも違う方向へ進んでいるような……
これも中二病なのかしら、それとも勉強からの現実逃避?


とりあえず、最近ノートを見返した時に謎の呪文が書いてあった時は死にたくなりました。

URL | スカイ #-
2013/04/30 17:42 | edit

スカイ さん へ

 こんにちは 久しぶりです。
おおっ 数少ない 中二病完治症例ですね 治るのですね しみじみです。
まぁ 小説書くには 多少なり中二病的嗜好があった方が 盛り上がりますからね。
中途半端にやるから 恥ずかしいのであって 開き直って とことんやってみようかなとも 
思っています。

中二病も 各種あるようなので… まぁ 頭の中で遊ぶ程度は 害もないし いいかな。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2013/04/30 18:28 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/578-a5e8b01c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)