FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

プロフェッサー 華麗に登場 3  

P4140150.jpg


ああっ 随分と間が空いてしまったなぁーーー
探偵もどき 今回は 謎の提示の前半部分です。
全部書くと 長すぎるので 途中で切りました うーーん 中途半端な処ですね。

取り敢えずは 謎提示途中まで ですが…
興味のある方は 下記からどうぞ。
 


   プロフェッサー 華麗に登場

 未解読書物と言う類は 幾つかの種類に分類できるのですよ。

一つは 単純に 其の言語を使用していた民族 文化が消滅して 必然的に 
其の文字を読み解く者も消滅した場合。
もう一つは 其の時代の執政者 及び 民衆等々により 迫害された民族 宗教 思想家
其の類が 自らの文化を暗号化して 書き残したもの

そして 最後は 悪戯 後世の人々を悩ませ 驚かせる為だけに作られた 甚だ性質の悪い贈り物。

消滅した文化の言語 及び 暗号化された言語は 解読可能。
元々が 読み継ぐ為の言葉なのですからね でも 最後の可能性 戯れに作られたモノであるのならば
其れは 解読不可能。
言葉としての 法則性が成り立たない…

「では 大変食事マナーが素晴らしい 目の前のモノを決して残さないアリアさん
此の手間暇かけて作られたであろう 悪趣味な五冊の書物と そして 探せと仰せの彼とは。」

クルクルと変わる感情を あからさまに映し出すオリーブ色の瞳が 空っぽになった皿を見詰めている…
お代りの要求だろうかと 気を利かせて 皿にスパゲティーを盛るべきだろうかと 
オレは 悶々と考えあぐねていると 
アリアさんが 話し始めた。

此の 書物は 以前から堂々と 当然の様に 学校の図書館に存在していました。
おそらく 教授の悪戯と考えられていて… 誰もまともに 相手にしなかった書物。 
そして 中身は でたらめな文字と でたらめな挿絵…
何を読み取る事も 察する事も出来ない代物。
五冊には それぞれの表紙に 「Ⅰ」「Ⅱ」「Ⅲ」「Ⅳ」「Ⅹ」と記号が記されている。 
でも…何故か 「Ⅴ」から「Ⅸ」の記号を書かれた書物は ない。 

何故なのでしょう…
間は 紛失したのでしょうか。
本当に 此れは 意味のない 悪戯なのでしょうか。

そうではなく… フェイクなのではと 「Ⅹ」の記号は… 
十番目を表すのではなく ギリシャ文字の 「 Χ 」 カイなのではと…
スポンサーサイト



category: プロフェッサー 華麗に登場

コメント

ち、ちょっと待ってください。
パスタを全部食べたんですか?
アリアさんすごい!
肝心なお話をまるで無視しての感想で、すみません。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2013/05/11 04:15 | edit

フェイク。その辺はミステリーの常套でありますけど。
そもそもそれ自体がミスリードのときもありますね。
あまりにもあからさまな場合だと、それも疑った方がいいですし。
難しいですね。

URL | LandM #-
2013/05/11 06:11 | edit

八少女 夕 さん へ

 おはよう御座います。
しかも 全く手付かずのゾーラさんの皿も平らげている…
アリアさん あの 自然への賛歌 小麦粉への回帰を二皿食べていると言う事です。
基本 此のアリアさんは 目の前の食物は食べるタイプなので…

いえいえ 凄く謎提示 中途半端ですからねーー 感想書けないですよ 此れは!!!

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/05/11 06:33 | edit

LandM さん へ

 おはよう御座います。
いえいえ 探偵もどきですから 凄い凝った事はしていませんよ。
と言うか そんな凄い仕掛けは 考え付きませんよ!!!!

此の辺りは 謎提示で… まぁ 何か所か フェイクは入れますが…
謎解きは 彼は誰なのか なので
次回で 謎提示が終わり 遠足が始まる予定です。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2013/05/11 06:39 | edit

あ、なんかミステリーだ。

ゆっくり読みたいので、
出直しまーす!
マタクルネ♪⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヾ(*´∀`)ノ ランラン♪

URL | レイまま☆ #-
2013/05/11 09:34 | edit

レイまま☆さん へ

 こんにちは。
うん 色々と書いている中の 一本です。
此のシリーズはカテゴリでは ミステリーに 固まって入っています。

前回書いた 携帯の話は カテゴリの ほのぼのに入っています。

うん また 暇な時に 暇潰しにでも読んで頂けると 嬉しいです。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/05/11 11:57 | edit

こんばんは。

アリアさんのお話がどう続いていくのか・・・。
未解読の書物の謎、楽しみだよ。

お写真の建物の絵、どうやって描いたのか。
建物が完成してからだろうけど綺麗だね(^^)

URL | チビmomo #-
2013/05/11 19:41 | edit

チビmomo さん へ

 こんばんは。
うん今回は 謎提示の前半分です。
次回の次回程度から 本格的に探偵もどきの遠足開始です。
ついでに ゾーラの兄も出てきます。

うん 此の写真はアメリカだから そんなに古い建物ではない筈!!!
まだ新しい為か 色が妙にあざやかで 綺麗な状態だったよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/05/11 19:59 | edit

そうですね~

どうやらシリーズものらしぃですね。

では、
まず”ほのぼの”へ、行って来ますi-224~~

URL | レイまま☆ #-
2013/05/11 20:15 | edit

アリアさんの依頼内容にびっくりです。明るく騒々しい彼女の悩みはもっとドタバタしたものかと、例えばオバケを捕まえてとか。
大学の本。それも読むことのできない謎の本。そんな本をなぜ彼女は探せと言うのか?謎です。次回を楽しみにしています。

URL | キャサリン #LkZag.iM
2013/05/11 20:32 | edit

レイまま☆さん へ

 こんばんは。
そうなんです… 此の探偵もどきだけは 続き物の為 解り難いですね。
此の探偵もどき とワタリガラスのシリーズは 解り難いかなぁ。
後は シリーズになっていても 一回 一回 独立しているので 解りやすいかな。

うん ほのぼのは 独立しているものが多いので 取っ付き易いと思います。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/05/11 21:02 | edit

キャサリン さん へ

 こんばんは。
今回は 謎提示 前半ですからね 解り難いですよねーーー
まぁーー 馬鹿騒ぎになりますよ 最終的には!!!!
其れに 題名になっている プロフェッサーが 華麗に登場しますから!!!!
前回の ロシアの遠足がむさ苦し過ぎましたからねーー 今回は 多少華やかさを求めています。
ゾーラさん 其れにゾーラさんの兄も出てきます そして ワトスン君は マス釣り祭りに行けるのか!!!!

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/05/11 21:09 | edit

ゆっくり探検させて頂きますねi-223

URL | レイまま☆ #-
2013/05/12 20:59 | edit

レイまま☆ さん へ

 こんばんは。
暇な時に暇潰しにでも が 此のブログのモットーですから
無理する事無く 暇な時にでも 訪問頂けると嬉しいです。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2013/05/12 21:22 | edit

わくわく

どうなるのか、楽しみです。
偽物か本物か…活字になって、本という形になったら、それが嘘か真実かは注意してみなければ分からなくなってしまいますよね。
私たちが見ている/読んでいるものは、どこまでが本当でどこからが嘘?あるいは錯覚?
何だか、わくわくです。
東日流外三郡誌(膨大な古文書が発見された!と大騒ぎされて特番とかも組まれたけれど、後で偽物と判明)事件を思い出して、にやにや…しています。

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2013/05/13 23:18 | edit

大海彩洋 さん へ

 おはよう御座います。
ああっーーー 探偵もどきに手を付けてしまいましたか…
まぁ 此れは 教授が作った お遊び本となっていますから 此の意味ない デタラメとされている書物は 
本当にデタラメなのか
そして アリアさんの依頼 彼を探しての 彼は なんなのか…

其のあたりが 謎提示の後半部分で その次ぐらいから 探偵もどき 配管工事務所からでて 
動き出します。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/05/14 05:48 | edit

拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
凄く 飛び飛びで書いていますからねーーー
忘れた頃に続きが載るって 感じで…
六月は もう少しスピードアップして サクサクと話進めたいのですよ。
でも 中々 進まないですね…

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/06/09 21:15 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/596-cab695f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)