FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

水底の 小さな光  

fc2blog_20130512215851a27.jpg


高橋月子さんのブログ 「 λ.Piscium(ラムダピスキウム) 旧ブログ名:この空を見上げて」 が
アクセス 7000 突破の記念として リクエストを受け付けていたのですよ。
其れで 丁度ーー ピッタリではなく 6999 と言う微妙に残念賞だったのですが
リクエストを快く 受けて下さいました。

僕が出した リクエストは 暑いしねーー さわやかな 「海 とか 水 とか 川とか 」 
水系のイメージでと…

其れが 此のイラストです。
水の底から キラキラと光る 水面を見上げているイメージだとか。

其れではと言う事で 御礼に 此の作品のイメージで掌編を一本書かせて頂きました。 

出来れば 夏の元気のいい話 書きたかったのですが…
妙に しんみりとした 哀しさのある話になってしまいました。
高橋さん お気に召さなかったら お気軽に言ってね 削除するから。
因みに 此処に出てくる女神様は 高橋さんのイメージで書かせて頂きました。

其れでは 興味のある方は 下記からどうぞ。 


    水底の 小さな光


 其の水底の深くには 静寂を閉ざした楡の森と 其の森を御神体とする 小さな神社が沈んでいた。

寄り添う様に佇む 小さな木々 そして 年老いた狛犬。

二匹の狛犬 阿と吽は 水流に晒され 削り取られ 崩れ落ちていく身体を大儀そうに動かし
一柱の 女神の足元に伏せ ゆっくりと微睡む様に 瞳を閉じる。

少女の様に見える 野の花の様な女神。
小さな森 其のモノであり 季節の移り変わりを見守り続けて来た 儚げな女神。

肩口で切り揃えた 深い深い緑を写し取った髪が サラサラと水と戯れる。
陽の光を宿した 其の金色の瞳は 伏せられ…
白い白い 陽の光を忘れてしまった 華奢な指先が 阿と吽の頭を撫ぜ 其の身体に凭れ掛り
女神が眠る。

阿と吽は 悲しげに呟く。

「ツキ様は 段々と動けなくなっている… 力が…
何故 何故 村の民は 来てくれない 何故 何故 新しい注連縄を付けてくれない
何故 何故 あの禰宜は 心地よい祝詞を謳ってくれない

何故 誰も 誰も 消えてしまった…」

「誰も いないのならば ツキ様の為に…」

「そうだな 崩れ落ち 此の体がなくなる前に…」

阿と吽は 女神を喜ばせる為に 崩れ落ちそうな体を動かし 水面に踊る光の欠片を集め
一つ 一つと欠片を賽銭箱に注ぎ込む。

「ツキ様 陽の光ですよ 眩しい 眩しい光ですよ。」
「ツキ様 ツキ様…」

ダムの底に沈んだ 山間の小さな 小さな村の物語。  
   
スポンサーサイト



category: 贈答

コメント

微妙に残念賞おめでとうございます♪

高橋月子さんのブログも拝見しました。
じんわりと心が温かくなりますね。
本当におめでとうございます(^^)

URL | hinokix #-
2013/05/17 08:33 | edit

hinokix さん へ

 こんにちは。
有難う御座います!!!!!
優しい色使いのイラストと 小説を書かれる方ですね。
中々 綺麗な想像力を掻き立てられる 水の光のイラストです。

もっと 夏の冒険の様な掌編を思っていたのですが… 何故か 少地味目の静かな話になって
しまいました。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/05/17 13:53 | edit

ちょっと哀しいけど優しいお話ですね。
水底でキラキラと光る光に包まれて、女神と狛犬とのんびり眠っていてい欲しいです。お賽銭箱には狛犬たちの集めた光のかけらがいつまでも光ってるのでしょうね。
素敵なお話をありがとうございます。

URL | キャサリン #LkZag.iM
2013/05/17 21:01 | edit

こんばんは。

こういう雰囲気好きです。
優しくも、少し寂しい女神さまの話……
どこかにきっといるのでしょうね、このようにしてひっそりと存在を忘れられて眠りにつく神が。

URL | 栗栖紗那 #T7ibFu9o
2013/05/17 21:05 | edit

キャサリン さん へ

 こんばんは。
頂いたイラストへの掌編ですから… もっとですね 明るく元気なモノを書きたかったのですが
出来上がったのが 微妙にもの悲しい…

此れも 初めは 水底に沈んだ教会で 考えていたのですが 何時の間にか 
和風になってしまいました。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/05/17 22:02 | edit

栗栖紗那 さん へ

 こんばんは。
人様のイラストに付けるような話か と 突っ込まれそうな 薄らと寂しい話になってしまいました…
寂れて 過疎になってしまった村では 忘れられた神社とか ありそうですよね。
そのうち 神社の名前を忘れられ 神社の場所を忘れられ…
徐々に消えていった神社の神 どうなっているのでしょうね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/05/17 22:08 | edit

ぴったりだと思いました

夏の元気な…よりも、月子さんのこの青のイラストには、こんなふうな神秘的な優しい雰囲気がぴったりだと思いました。
悲しい…というイメージはなかったですよ。
むしろ、温かい雰囲気に満ちています。
孤独な気もするけど、孤高という言葉のほうがあっているような。
そして、狛犬さんたちのお蔭で、実は孤独でもないし。
水の底から見た光。本当にそれが見えるような優しい作品ですね。
イラストとぴったり、呼応していると思います(*^_^*)

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2013/05/18 00:24 | edit

大海彩洋 さん へ

 おはよう御座います。
有難う御座います!!!
何か もっと 明るい作品を書こうと思っていたのですが… 書き始めると 頭の中から出て来たのは 
少し寂しいモノになってしまって…

人様への作品に 崩れ落ちていく神社の話でいいのかと でも 何故か 明るい夏の光の話が書けなくて 
高橋さんに聞いてから 削除するかと
高橋さんの閲覧待ちです。
ああっ ドキドキするーーー

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/05/18 07:22 | edit

こんにちは。

月子さん、きっとお喜びになると思いますよ。
優しくて、少し悲しみが流れていて、けれどそれがパステル調に淡いところが、この絵にも、月子さんにもぴったりだと思うなあ。

二匹の狛犬が、お賽銭の代りに集めてくる陽の光、下世話な願いとともに投げ込まれるお賽銭よりずっと価値があるでしょうね。

ダムの底に沈んだ神社、教会、ありますよね。どんな風に眠っているのかなあ。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2013/05/18 19:27 | edit

八少女 夕 さん へ

 こんばんは。
うん 喜んで頂けるといいのですが… 
何故か このような静かな 少し寂しい話になってしまいました。
もっと 元気な話に書き直そうと試みたのですが 書けなかった…

何というか 狛犬が集めてくる 陽の光を入れる場所が思いつかなくて 神社にある入れ物… 
賽銭箱でいいかと
狛犬が 賽銭箱いっぱいの 陽の光を集めている その様な感じにしてみました。

うん 教会でも 一番上の十字架の部分だけ水の上にでているとか ありますからね。
あのような 水の底に沈んでしまった 神社のイメージです。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/05/18 20:49 | edit

ウゾさん、あぁどうしましょう!

ウゾさん、おはようございます。
『水底の小さな光』ちょっと嬉しすぎて大変でした。
素敵な素敵な言葉と物語を紡いで頂いて本当にありがとうございます。
絶対に削除しないでくださいな。
『ツキ様』は驚き過ぎてiPhone手のひらから落っことしそうになりましたけど…。
ほんとうにほんとうに嬉しいです。
『阿』と『吽』の寄り添い方、我が家のにゃんこが冬高橋が寝る時に両脇にがしっと入って寝ている時のよう^ ^
イラストのイメージをきちんと捉えて優しい言葉を紡いでくださるウゾさんに感謝、大感銘です。
ちょっとうるうるしながら読みました。
今日の夜、ブログにお礼の記事を書かせて頂きます。
ほんとうに素敵なおはなしありがとうございました。
高橋月子

URL | 高橋月子 #-
2013/05/19 09:02 | edit

高橋月子 さん へ

 こんにちは。
何とか 気に入って頂いたようで 良かったです。

ねこさん 可愛いですねーーー 両脇でがっしりと 入っているって 何て 可愛い!!!
安心するのでしようね 可愛いなぁーー
人様のイラストですから もっと明るく 元気な話にしたかったのですが 何故か 
少し寂しい感じになってしまって… 書き直そうと 試したのですが いまいち 書けなくて。
駄目ならば 削除したらいいかと 其の儘載せてみました。

礼の記事って 無理しないで下さいね。
こーゆーモノは 僕の単なる 趣味状態で書いているので!!!!

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/05/19 12:01 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/604-99e8356f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)