FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

プロフェッサー 華麗に登場 7  

P6270039.jpg


此度 新しいリンクさんが増える事になりました。
小説ブログ「DOOR」」 ブログ主は limeさんです。

何というか 今更紹介する必要もない 超人気ブログ。
ミステリアスな小説に 妙な方向に話が進む雑記 そして 美しいーーーイラスト。
一度訪れたらって 既に訪れた事のある方 多いでしようね。
其れでも お勧めしよう 訪れたら人気のある意味分りますよ
流石と思える 小説の数々 素晴らしいですよ。


そして 話変わって 探偵もどき 続きです。
興味のある方は 下記からどうぞ。  
 



    プロフェッサー 華麗に登場


 ゴージャスでセクシー 陽の光其の儘に輝く 黄味の強いブロンドが無造作に波打ち 背に流れ落ちて…
実に 傲岸で不遜で 抗う事が出来ないほど魅力的な女王の表情。
大胆なスリットが翻り 実に悩ましい。

「待っていたわ 可愛いいひと。」
食虫植物の様な ぽってりとした紅い口唇が 甘い声音を刻み 嫣然と微笑を浮かべる。
綺麗に整えられた指先が ワトスンの頬を ヒラヒラと揚羽蝶の様に慰撫する。 
駅弁を抱えたワトスン君は 状況が掴めなくて 完全無欠に茫然自失に陥り 硬直していた。

「ほぉーーー 此れは 此れは ワトスン君の知り合いに このような極上の美女がいたとは。
世の中は捨てたものではないと 喜ぶべきか 其れとも 神の気紛れを嘆くべきか。」
ワトスンの雇い主 ハロルドは 実に何気なく 酷い言を放っている。

「あっ エルザ先生 何故此処に… ですか。」
一抱えもありそうな荷物を抱えた アリアが間抜けな声を上げて 親しげに手を振る。

「おやぁ 学園関係者ですか。あの学園に このような南国の蝶が潜んでいたとは…
失礼ながら 専攻はシェイクスピアではないですね 差し詰め… 人の心を弄ぶ 群集心理でしようか。」
ハロルドは ゆっくりと美女を品定めするように あからさまに視線を向けて…

「何言ってるの この前会ったでしょう 図書室の司書さんだよ。」

ハロルドはゆっくりと 左手で額を抑え込み 溜息を一つ吐き出し そして 天を仰ぐ。
「今 まさに 神の不在が証明されました。私は アダムの骨から 女性を作ったと言う逸話を…
どうしたら信じられると言うのだ… 女性は 男性とは 全く別モノですよ。
私は 一片の疑いもなく宣言できる 神は死んだ と。」

「其れは残念 一度お会いしてみたかったは 世紀のスーパースターに。
ふふっ 忘れ物よ 可愛い坊や。」
無造作に髪をかき上げる姿が… 確実に いや確信的に ワトスン君 "で" 遊んでいる。
美と知を併せ持った女性ほど 手におえないものはない と 誰かが言っていたような気がする。

其の甘い香りで 哀れな羽虫を誘き寄せる 食虫植物の如き 司書は ワトスン君が図書室で
書き散らかしていた覚書を 両の手で手渡す。

 … 美味い名物料理ベスト 時刻表 快適安全宿泊リスト そして 釣りの穴場ベスト 等々
急遽 遠足場所が決まり その場で調べていたらしい。

「そして 可愛くない坊やには 此れをね。私からもお願い 如何か 確かめてきて。」
ハロルドには 古い古い 一冊の書物。
「おやおや 此れは図書室の備品ですね しがない 唯の部外者に 無許可で貸し出していいのでしょうか。」
ハロルドは 其の 日に焼けてセピア色に変色し紙魚が広がり 頁がカサカサと乾いた音をたてる
薄っぺらい書物を 指先で確かめて…

「ふふっ いいのよ そちらの幽霊屋敷の主様が 私の御願い事聞いてくれるから。」
ゆっくりと アルフレドへと目配せを送る。

「今は 幽霊屋敷の主はプルートですよ 今の私は 正体不明 年齢不詳 住所不定の唯の男ですよ。」
アルフレドが 言葉のじゃれ合いをかわし 避けて 何時ものトレードマークと言っていい
完璧な爽やかな微笑を浮かべる。

「では 単なる幽霊様 あなたには凄腕の代理人がいるでしょう。
此れを 落してきて。」
一級の格式を誇るオークションの目録を パラパラと捲り… 
中世から綿々と続く修道院が 資金難の為に売り出した 古書のコレクション。

「お願いね。」
そして 悠然と踵を返し 立ち去る あざやかな退場。


「予想以上に 厄介事のようだね 名探偵殿。」
アルフレドが深々と 溜息を吐き出す。
「気が付いていたのか…。」
ハロルドは 珍しく 何の感情も読み取れない 淡々とした声音を放つ。

「ああ 彼女は あの アリアが持ってきた書物に挟まっていた古びた写真の女性によく似ている。」

ゆっくりと 列車が走り出した 遠足が始まった。

スポンサーサイト



category: プロフェッサー 華麗に登場

コメント

こんばんは

あ〜あ。
名探偵が変装しているわけでもない人を見間違えちゃダメなのに〜。

ワトスン君の下調べは立派ですが、たぶん釣りはさせてもらえなさそうな予感が……。
そして、電車がでるんですね。
映画の「オリエント急行殺人事件」のテーマみたいな、華麗なワルツが聞こえてきそうです。ちょっとワクワク。今日のお弁当は何かな。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2013/07/02 03:55 | edit

八少女 夕さん へ

 おはよう御座います。
あははっーー 思いっきり騙されています ハロルド!!!!!
図書室での無難な服装 無難な表情でお茶を飲んでいた時と 食虫植物状態とでは 
略 別人ーー だまされたぁ と
まぁ 其れほど 女性は変わると言う事で…

やっとです やっと遠足の開始ですよーーー
今回は 探偵もどきの常食 スパゲティーの本場ですからね 是非是非 此の御一行には 
本場の味を堪能して頂かなければ!!!
本能代表のアリアもいるし… 予想以上に 食べ歩き漫遊記になりそうで怖いです。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/07/02 06:24 | edit

なるほど

単に気が付かなかっただけなのに、神の不在が証明されました、なんて次元に話を持っていってしまうハロルド氏が面白い~
というよりも、間違いって、こういう高みに話を上げてしまったら、ごまかせるんだな、としみじみ(どんな感想)。
でも、かく言う私も職場で制服で見る女性と、町で見かけて話しかけてくる人が同一人物とは思えず、誰だっけ?ってなことはよくあるんですよね。今度、ハロルド方式で乗り越えようっと(^^)

列車ですね、うんうん。「オリエント急行」か西村京太郎サスペンスか??
と思ったら、単に美食漫遊記?
それもいいなぁ。
でも列車に載ったら、ミステリー(もどき)の始まりですね!
楽しみになってきました。

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2013/07/02 06:58 | edit

大海彩洋さん へ

 おはよう御座います。
まぁーー ハロルドだし… ごまかし切れてないしーーー
でも 此の 妙な方向に話を脱線させる術で ワトスン君は 何時も被害にあっているのですよね。
そうそう 僕も同じクラスの女性でも 学校で制服姿の時と 私服ではっちゃけている時とでは 
全くの別人と思って気が付かない自信がある!!!!

うんうん 単なる 世界の車窓から とか…
うん ミステリーもどき ふんだんに 胡散臭い探偵もどき小説ぽく 遊びたいと思っています。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/07/02 07:18 | edit

図書館の主が再登場ですね。しかもゴージャス&セクシーに!
あの探偵さえ見破れなかったその変化。ハロルド君も勉強が必要なことがまだまだあるようだね(私はちょっと嬉しい気分)。

主さまが写真の美女とウリふたつの事実。
これは主の再登場が期待されますね。この調子でハロルドを軽くあしらってあげてください。

URL | キャサリン #LkZag.iM
2013/07/02 13:17 | edit

キャサリンさん へ

 こんにちは。
ゴージャス そしてセクシーな図書室の主!!!! ゾーラさんとも アリアとも趣が違う女性です。
まぁ… ハロルド 女性心はからっきし読めないタイプのような 気がする…
女性に屁理屈を言って 茹で過ぎスパゲティーだして 呆れられるタイプですからね。

うん ハロルト゛を軽くあしらい 華やぎを与えてくれるのか… 単に ワトスン君の
天敵が増えただけなのか 忘れた頃に またでてくると思いますよ 此の女性は。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/07/02 15:07 | edit

拍手コメント頂いた方 へ

 こんにちは。
うん また暇な時にでも 暇潰しにいいかなぁ。
此のシリーズは 気楽に読める なんちゃってミステリー お気楽探偵小説をめざしているからね。
エロも グロもない のほほんとしたモノだよ。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/07/02 15:12 | edit

拍手コメント頂いた方 へ

 こんにちは。
うん 暑いねーーーーー 何かね 今日は薄曇りのような天気で 凄く 
ムシムシと湿度高い暑さ。
こーゆー日こそ プール入りたいよ…
でも 体育は 体育館でバレーボール… 滅茶苦茶暑かった 其の後 昼食 
食欲わかなくて げんなりですよ。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/07/02 15:18 | edit

ウゾさん、こんにちは。
おお、紹介文が! お手数かけさせて逆に申し訳なかったです。
でも、ありがとうございます!
な、なんでみなさん人気ブログとおっしゃって下さるのでしょうね。
閲覧数少ない、地味なブログなのに><。
いや、これから頑張ろう(爆)

このシリーズも、登場人物の会話がとっても洒落てて楽しいですね^^
ちょっぴりの色気が、程よいスパイスになっています。
私も一緒に列車の旅を楽しみますね^^

URL | lime #GCA3nAmE
2013/07/02 17:52 | edit

limeさん へ

 こんばんは。
いえいえ 簡単な紹介文で… と言うか 既に知れ渡っているブログですからね。
今更 紹介文書くよりも 訪れてもらった方が 話が早い と言う事で!!!!
ええっ 正真正銘人気ブログではないですか!!!
流麗な小説と とぼけた雑談 麗しいイラスト… あれで地味と言われると 
僕はどうすればいいのでしようかと 部屋の隅で膝を抱えますよ!!!

此のシリーズ 性格悪い人物が多いので… 慇懃無礼な会話 多いのですよ。
ええ 珍しい色気のある人物です 他の女性二人は 色気よりも 食い気ですから。
まぁ 取り敢えず 遠足が始まります。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2013/07/02 19:27 | edit

ああ、駅弁片手のワトスン君に愛着がw

名探偵なのに変装を見抜けない……でも、それも一興ですわ。
しかもそのまま別方向のベクトルに……。

列車が動き出すのって
何かの始まりを予感させるすぐれた効果があるらしいっすね。

URL | シュナイダー #-
2013/07/02 20:45 | edit

シュナイダーさん へ

 こんばんは。
ワトスン君は… 此れからもこき使われます… そして 偶に 辞表を握り締めていますね。
日々 スパゲティーを茹で 配管工事務所のロゴの入ったジャンパーを愛用して… 
愛すべき いい奴なのですよ。

ははっ 自称 稀代の名探偵ですからーーーー

確かに 列車が動き出すのは 何か ワクワクしますよね。
船が動き出すと 何か 別れの予感がするし 飛行機は 世紀の大恋愛のような…
其の点 列車って身近でありながら ワクワクしますね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。  

URL | ウゾ #-
2013/07/02 21:02 | edit

拍手コメント頂いた方 へ

 おはよう御座います。
うん 既に雨降ってるよ!!!!
今日 プールなのに 此れは中止だろうなぁーー
あーあ 暑い体育館でバレーボールかなぁ… バテバテになるよ あの暑さは!!!!
うん 頑張って行ってくるよ!!!!

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/07/03 06:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/667-4eebcd78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)