FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

虫ーーー  

P7120026.jpg


この季節になると スーパーや日常雑貨を売っている店の片隅に カブトムシが並んで
売られている。
昆虫を売る事については 色々な意見もあるだろうが
この時期になると 透明なプラッチックに入って売られている。

此の昆虫をペットにする習慣って 海外では あまりないのですよねーーー
僕が知っているのでは ベトナムで カブトムシを戦わせていたり ギリシャでも 昆虫をペットにしたり…
この程度…
海外 特に欧米の方にとっては 昆虫をペットにする事は あり得ない事のようですね。

以前 ホームセンターで カブトムシの幼虫がケースに入れられているのを見て
何か 食材だろうかと アメリカ人っぽい方が 数人考え込んでいた…

でも アメリカ人って クモとかミミズとか 好きですよねーーー
アメリカの どっかの大学のマスコットキャラ ミミズだし… アメリカのアニメでは
ミミズを砂山に突っ込んで 誰のミミズが一番早く出てくるかと 競争してるし…
クモは カッコイイ と人気あるようだしーーー
欧米の昆虫というか 虫ってどうなのでしようかねーー 
スポンサーサイト



category: 雑記

コメント

どうでしょう

こんばんは。
少なくともスイスではお金だして昆虫買う人、そんなにいないかもなあ。
絶滅が心配されるような希少な昆虫を飼うことは悪趣味だと思われているし、うじゃうじゃいる昆虫は、購入するんじゃなくて自分でつかまえるだろうし。

もちろん、たまにいますけれどね。
自宅に毒蜘蛛やら毒蛇をたくさん飼っていて、逃げだしてニュースになるような方も。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2013/07/16 02:45 | edit

あぁ~

(いっぱいコメントを書いたのに、消えてしまった(;_:) 気を取り直して)
昆虫を買う、確かに変なのかも……
うちは大阪ですが、家がちょうど町(村)と自然界(森、川、そして田んぼと畑)の境に建っていて(うちが農園だったので)、一歩外に行くと冒険の世界でした。あちこちに秘密基地も持っていた。どの木にカブトムシが来るのかも、ちゃんと知ってたなぁ。クワガタはたまにしか来ないけど。
神戸の山奥には、カブトムシとクワガタ専門店という小屋がいくつかあります。採取して卸す店みたいです。
売れるんだろうか……

でも、幼虫を見て、食べ物と思う民族、確かにいますね。
いや、食文化の違いなので、なんとも言えませんが……
完璧なタンパク源、らしいですしね。でも……・イヤ(;_:)

ところで、手のほうはいかがですか?
私は保存療法、大いに賛成です。
もちろん、スポーツ選手とかで先の選手生命を考えてどうしても、とか、将来痛みがひどくなって困るとか、そう言うのは別ですが、機能的に問題ないなら良いような気がします。
いえ、年を取ると、病気もけがも、克服するものではなくお付き合いするものという気がしてきまして……^^; ウゾさんはお若いけれど、逆にすごくよくなるものでなければ、他の部分で機能をカバーもできますしね。
ちなみに、全身麻酔でも、昨今は入院しないことも多いですが、麻酔の震度と手術内容によるのでは、と思います。でも一番は、病院による。麻酔後自宅に帰って、事故がないとは言えないので、かけた方は一晩は診たいでしょうし。

いや、でも、受験生のウゾさんには、保存療法がいいような。
でも、やっぱり病院でよく相談を。ちなみに私、ある病気を子宮に抱えていて(多分今も)、4件病院を回りました。3/4で手術を勧められましたが、最後に行ったところで経過観察と言われたので、今もそこで経過を見ています。
ドクターショッピング。最後に決めるのは自分ですし(^^)
余計なことを、年の功みたいにコメントしてすみません^_^;
とにかくお大事に!

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2013/07/16 03:03 | edit

蜘蛛ってかっこいいの?

私は、蜘蛛は8本も足があってグロテスクだと思うけれど・・・。
まだ、「昆虫」の方が慣れているわ〜。
欧米人の美意識は、こっちからしたら解らんわー。
確かに、ミミズはマンガにしたら可愛いかもしれないけれど。

そういえば、最近は私が子供の頃のような夏休みの「昆虫採集」は見なくなったわね。
都市化したし、絶滅したら可哀想・・という認識が日本人にも出て来たということでしょうねえ。
そのうち「昆虫を売る」っていうのも減って来るかもねえ・・・。

URL | ペチュニア #-
2013/07/16 06:54 | edit

八少女 夕さん へ

 おはよう御座います。
日本でも 田舎では 普通にカブトムシいますからねーー 態々 昆虫買わないでしょうね。
スイスでも 昆虫をペットとして売っているのですか????
スイスのイメージとして 生き物を売っているイメージ無いのですが。

あははっ 偶にいますね 悪趣味な虫や魚やらを逃がしてしまう方!!!
全国共通で 何処の国にも一定数いますね そして 全国共通で 偶に逃げ出してニュースになる!!!

あっ 其れと 羊飼い祭りについて ありがとね!!!
以前見た スイスの観光局のパンフレットに写真だけ載っていて 気になっていたのですよ!!!
パンフレットに乗るぐらいだから 凄く有名なのかなぁ でも まったく知らないと…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/07/16 07:31 | edit

大海彩洋さん へ

 おはよう御座います。
うんうん 近所の商店街の祭では 散髪屋の兄ちゃんが 山に行って カブトムシを大量に取って来て 
売っていた…

確か 世界食糧なんちゃら という処が 昆虫食を勧めていたなぁーー
世界の食糧問題を解決する切り札になるとか 言って…
うんーーー 無理 確かに 優れた栄養価だろうけど 無理!!!!
食べ物 云々を言っていた方は おそらくアメリカ人なのですが… あの 透明な
ジュースカップの様な処に入って売られているのが 異様なようです。

うん 公立の市民病院だから 規則が厳しいのかなぁーー
手術内容は 別に局部麻酔でできる程度のモノなのですが 全身麻酔する理由が 
手術してるの見えるの嫌だろうと言う 理由だったし…
日帰りさせてくれないのも 何かあったら対応できないだろう だしねーー
うん 一泊は 絶対条件のようです 普通は 二泊三日だが 一泊でも対応するが 
一泊は絶対とのことです。
偶に 暇な方は 一か月程度入院する方も いるけどねと…

まぁ 何かあれば 相談のるよと言ってくれてますからねーー
夏休み 悪化させない様に 労わって生活するよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2013/07/16 07:48 | edit

ペチュニアさん へ

 おはよう御座います。
うん おそらく 欧米の方って 初めっから昆虫と言うか 虫全般に興味ない。
カブトムシと あの夏場の黒くてテカテカした奴の区別も同じような感覚で見てるような…
なんか クモってーー 妙に人気ある??? うーーん ほんと 欧米の方の嗜好は 解らん…
ミミズも 日本人の金魚の様な感覚のようで 可愛いらしい…

確かに 生き物をホームセンターで売るのは 異様ですからねーー
犬や猫も… 本当に小さな子をケースに入れて 売ってますからねーー異様な光景ですよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/07/16 07:59 | edit

ああ~、クモはダメです。
虫って、田舎育ちのくせにあまり好きではなんですが、特に足が8本以上あるものは、絶対無理です。
アメリカ人は、なんでクモをかっこいいと思うんでしょうね。
実は、スパイダーマンも、気持ち悪くて見れないんです。
小さい時、楳図かずおの「クモ女」を読んだからでしょうか。あれ?「蛇女」だったかな?

蝶なら、まだ平気なんですが。
男って、大人になってもカブトムシやクワガタを捕るのが楽しいみたいですね。
木に夜中、蜜を塗ったり・・・。
でも、捕まえたあとは、逃がしてやってほしいです。
夜中に、「ガサガサガサガサ」動くんですもん><ケースの中で!!
ブンブンブンブン、飛ぼうとするんですもん。
泣きたくなります。
飛ぶ姿は、カブトムシもクワガタもGも、一緒ですよね!!

URL | lime #GCA3nAmE
2013/07/16 18:06 | edit

懐かしいですねー・・・・・・。僕もよく虫を飼ってました。

蜘蛛カッコイイというのは分かります。まあ、嫌いではないです。

昔は蜘蛛がすごく嫌いで見ただけで気分が悪くなったりしました・・・・・・。しかし、そのときちょうど「スパイダーマン」(テレビでかな?)がやっていて、それを見てから何故か蜘蛛が好きになりました。
それでか、今では我が家では「蜘蛛は神様だから殺してはいけない」という掟みたいなのがあります(笑)

URL | イマ乃イノマ #-
2013/07/16 18:56 | edit

lime さん へ

 こんばんは。
カブトムシって 力強いのですよーーー 夜中に勝手にケースのふたを押し上げて 逃げてます…
僕 何匹逃げられたかぁ… 近所には古墳の森があちらこちらに… ご飯には困らないと思いますよ。

クモ まだ小さいのはいいですが あのでかくて 毛がボワァとはえているタイプは 気持ち悪いーーー
僕 田舎者ですから 虫は結構平気なのですが 青虫 芋虫系と 毛がぼわぁーー系は駄目!!!!
まぁ 日本の仮面ライダー系も昆虫モチイフ多いですから アメリカの事言えませんが… 
美的感覚わからない…
ああっ ゲームでも モンスターハンターとか 狩り系ゲーム人気ありますからね 確かに…
まぁ 男は単純なんですよ 世の女性の方は生暖かい微笑で見守って下さい!!!

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。   

URL | ウゾ #-
2013/07/16 19:41 | edit

イマ乃イノマ さん へ

 こんばんは。
クモは 益虫で役に立つのですよねーーー
其の為か クモは外に逃がしたりしていますよねーー

スパイダーマンを見て クモを好きになる… いいですねーーー
アメリカ人も 実は スパイダーマンの影響だったりしたら 面白いですね。
クモも小さいと まだ可愛いかも??? でも でかくなると 急激に不気味になる… 
でも飼いたくはないなぁーー 

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/07/16 19:53 | edit

拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
昆虫の写真 カッコイイですよねーーー 
玉虫色に光る昆虫とか 綺麗な鱗粉の蝶とかーー
あんなに素早く 動き回るのに どうやって写しているのか…
大量に写真撮ってるのかなぁ。

ああっ 蛍いいですねーー 僕 此処数年見てないなぁ。
少し 遠くまで行かないと見れないから 中々 見れないよ。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/07/16 20:07 | edit

まぁね~~確かに
”虫の音”を愛でたり、
鳴き声を、”歌う”なんて解釈しなぃみたいだもんねーーー

うちの父がよく”鈴虫”を籠に入れて楽しんでたなぁ~
弟は、スタンダードにカブトムシにクワガタ~~

なんか外国の楽しみ方とは、
若干、ちゃうよね~!

URL | レイまま☆ #-
2013/07/16 21:36 | edit

レイまま☆さん へ

 こんばんは。
確かにーーー 海外では 小さき儚い命を愛でる といった感じないですねーー
何故か 虫に力強さと言うか そーゆー方向へ走っていると言うか…
うん 自然の一部を身近におくって感じではないな…
ミミズ 鍛えてるし…

あの 蝉の鳴き声も うるさいんだけど ないと寂しい 夏の音なのですよねーー

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2013/07/16 22:21 | edit

確かに海外で虫を集めるのが好きな人というのはあまり聞きませんね。
そうなんですね~~。

考えてみれば虫!!ってイメージがあるからでしょうかね。
キリスト教系の教えの影響もあるのだろうか。。。
それとも富裕層の数の問題か。

新連載始めました。
今度はネコメディです。よろしくお願いします。

URL | LandM #-
2013/07/17 06:41 | edit

LandMさん へ

 おはよう御座います。
何なんでしょうねーーー 海外の方にとっては カブトムシも 夏場の黒いあいつも 
同じ虫なのかなぁーー
虫の鳴き声を愛でる感覚 薄いようで 騒音の一種のような扱いだし…

ああっ キリスト教ねーー 確かに欧米の方って キリスト教の教えが思考の
根底にあったりするからなぁ。
確かに 何かあるのかなぁーー

あっ 今度は 確か あの世界でしたね 楽しみです!!!!

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2013/07/17 07:42 | edit

生きた虫をペットとして飼うのは日本だけかも
知れませんね。
私もそれほど詳しいわけではありませんが、
海外の方には標本が人気も需要もあるようです。

日本の昆虫ブームも随分と下火になりましたが、
それでも夏採集に行くと、何処でも競合の方がおられますよ。

URL | NYANKO君 #5p4vzfrw
2013/07/17 20:47 | edit

NYANKO君 さん へ

 こんばんは。
確かに 虫をペットとするのは 海外ではあまり聞かないですよね。
虫の鳴き声を騒音と感じようでは 虫を可愛がる感性 生まれないでしょうね。
ああっーー 標本かぁーー インテリア コレクターとしての趣味になるのかなぁ。

僕の方では 田舎の為か 幼稚園や小学生の頃 何等かの虫を飼った事ありますよ。
いまだに カブトムシやクワガタはヒーローですからね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/07/17 21:41 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/685-cc418826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)