FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

もち姫・ある日の呟き  

P6050001.jpg


カウンター30000 記念 第二弾です。
リクエストのお題は 「もち姫・ある日の呟き 」と言う事なので 其の儘 題名に使わせて頂きました。

ほのぼの そして 少しギャグ風味を振りかけてみました。

興味のある方は 下記からどうぞ。 
 


    もち姫・ある日の呟き

 そう 茶色い毛玉が一つ 黒い毛玉が一つ。

ワタシをね 恋人と呼ぶ少年が すまなそうに毛玉を二つ置いたの。
胸の奥底が チクリと ほんの少し 忘れていた懐かしい痛みに貫かれた。

「もち姫 ごめんね…。」
そう言ったのよ ワタシは何がごめんねなのか 解らなかったわ。
でも すぐに解る事になったわ。

えっ 毛玉を威嚇したかって 馬鹿馬鹿しい する訳ないでしよう 単なる毛玉よ。
そう 単なる毛玉 何も何も何も 知らない毛玉。

純粋な野良ネコであったのならば 力強い母の保護と 同じ様な境遇の繋がりがあり
逞しく生きる道を示されただろう。
純粋な飼い猫であったのならば 安全な食事と環境 守られ暖かな寝床が保障され
安全で快適な生活を与えられただろう。

此の毛玉には 何方もないの。
捨てられた毛玉… 守ってくれる力強い母も 生きる為の知識を教えてくれる繋がりも…
汚い水と 其の辺りを飛び跳ねる虫を捕まえて 寄生虫やノミに怯え…
唯 茶色の毛玉と黒の毛玉は 二つで身を寄せ合って温め合って。
毛玉特有の空色の瞳で 虚を見詰めていたの。

胸の奥底がチクンっと 微かに鋭い痛みが走るの。
ワタシも同じだったの ワタシも毛玉特有の空色の瞳で虚を見詰めて…
遠い遠い 幽かに思い出す 消えかかった記憶 時間の奥底に埋もれている痛み。
ワタシには 一緒に暖め合う兄弟姉妹いたのかしら… 遠い遠い記憶 霞んでしまったわ。
唯 ワタシを暖めてくれた 何時も何時も ワタシの我儘ごと抱き締めてくれる 
灰色の姉さんがいた。

ふふっ 仕方ないわね ワタシ お姉さんにならばなってあげてもいいわよ。
決して お母さんや ましてや おばあさんとは呼ばせないわよ。
解ったわね 小さい毛玉たち。  
スポンサーサイト



category: ほのぼの

コメント

モチ姫さんかっこいいなー
そうですね、「お姉さん」と呼ばれたいですね。
敬意と愛情を込めて。

モチ姫さんも虚を見つめていたのですか。
だけど、灰色のお姉さんがいてよかったね。
今ではあなたに夢中の年下の彼氏までいるし。
ウソさま宅に来てよかったですね。

URL | キャサリン #LkZag.iM
2013/07/29 00:35 | edit

31000ぴったり

30000記念を読むのに、このカウンターはなんだか得した感じ。

写真のもち姫の精悍なまなざしがいいですね。
この掌編の誇り高いもち姫とぴったりです。

灰色のお姉さんは、もち姫の先輩猫さんだったのでしょうか。
人生、いや、猫生の最初に放置されるというハードな事件があって、でも、たまたま(それともNNNのお導きで)ウゾ家に来て、幸せに暮らせているめぐり合わせ、よかったねと声を掛けたくなりますね。

お姉さん、なんですね。たとえ実年齢がいくつでも。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2013/07/29 02:48 | edit

もち姫ちゃん、偉いワ〜♡それにきゃわゆーい♡

ネコは、人間と同じような感情を持っていると思います。
だから、後で来た2匹の子猫達の境遇とかが解るのでしょうね。
ひょっとしたら「ネコ語」で通じ合っているのかな?

とにかく、皆で仲良くウゾ家で暮らせて良かったです。
読者からも、ご一家に有り難うと言いたいです!

URL | ペチュニア #-
2013/07/29 06:45 | edit

もち姫の懐の大きさが、じわじわ伝わってきます~。
きっと、これは本当に、もち姫の声なんでしょうね。
ウゾさんが、ちゃんと受け取ってる声なんでしょうねえ。

毛玉ちゃん達には、なんにもなかったんですよね。
それをちゃんとわかってるもち姫、かっこいい。

そうか、お母さんじゃなくて、お姉さんなのか(笑)

URL | lime #GCA3nAmE
2013/07/29 07:21 | edit

キャサリンさん へ

 おはよう御座います。
もち姫 子猫たちが 「お母さん」とか呼んだら 鉄槌が落ちそう…

うん 先代に全体が灰色っぽくて 背中に黒く太い線が入った猫がいたのですよ。
名前は 山折 性格がね 凄い世話焼きで 近所の野良のお母さん状態。
知らない どっかの子猫が 其の山折に凭れ掛って眠っていたり…
其の山折が拾って持って帰ってきたのが もち姫。
僕が生まれる以前の話なのですが… 山折 凄く優しい猫で 我儘なもち姫を大切にしてくれていたよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/07/29 07:40 | edit

八少女 夕さん へ

 おはよう御座います。
そうです お姉さんです!!!! 例え実年齢が 化けると言われる 二十歳を超えても!!!!
ほんとにね 我儘 気紛れなもち姫が よく子猫達を受け入れてくれたなぁ と感慨深いです。

うん もち姫の一番のチャームポインは 綺麗な瞳 二番目は 触り心地のいい 柔らかい毛!!!!

ああっ あと二つ 30000記念の掌編残っているのに… 31000超えてしまった… 頑張ろう!!!

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/07/29 07:51 | edit

ペチュニア さん へ

 おはよう御座います。
うん 猫って思っているよりも 色々と理解している 偶に驚くよ!!!
其れにね 人の事を理解しようと 傍でじっと見つめてきたりする。
精一杯の 愛情表現してくるし… 例えそれが 人に通じない方法でも…
とても 可愛い連中ですよ。

うん 子猫達も 元ノラとは思えないほど 無邪気な可愛い子猫になったし 
もち姫も 何となく受け入れて 色々教えている様だし…
思っているよりも 穏やかですよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/07/29 07:59 | edit

limeさん へ

 おはよう御座います。
あははっ 確かに おばあちゃんと呼んでしまったら… 鉄槌ですよ!!!
廊下に立ってなさいと 子猫達 廊下で反省ですよ。

ほんとに… ギリギリで拾ったと言うか かっさらった子猫達ですからね… 
後 一歩遅ければ 保健所行になっていた。
保健所に連れていくと言っているのを かっさらって持って帰ってきたからね。
NNNの緊急信号だったのかなぁ…
初めは 里子に出すはずだったのが ドタキャンがあり 其の為 僕の家の子になれと…
ほんと 色々あったのに 子猫達は無邪気にご飯食べて 走っているよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2013/07/29 08:10 | edit

こんにちは

大河の様に続く大きな愛・・・・
もち姫さんの懐の深さは山折さん譲りなのですね。
醤油ちゃんも味噌くんも、そんな大きな愛に包まれている。
そうやって・・・NNNの愛は永遠に受け継がれていくのですね。
次の世代の毛玉さんたちへと・・・(^^

URL |  #-
2013/07/29 14:11 | edit

すみませーん。
名前入れ忘れましたー。
一つ前のコメントは私です(^^

URL | かぜっぷ #-
2013/07/29 14:13 | edit

かぜっぷさん へ

 こんばんは。
丁寧に知らせて頂いて 有難う御座います。

ええ そうですねーーー 山折は 本当に近所の子猫達の母親代わりって感じで 
知らない子猫を引き連れて歩いていました。
もち姫は 本当に山折に甘やかされて 我儘に育ったので 子猫達を拒絶するかとも心配したのですが 
なんやかんやと面倒見てますからね。
おそらく 母親に甘える事もあまりなかった子猫達が もち姫に甘えていると 
血は繋がっていないのですが 親子を感じますよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2013/07/29 18:53 | edit

もち姫ははなんといぅか、
”母”なのですな~
御母堂様 とか 政所様とか 皇太后とか呼ばれる類なのだと思うわ。

全てを包み込む・・・海のような~~
でも、
>お姉さんにならばなってあげてもいいわよ。
決して お母さんや ましてや おばあさんとは呼ばせないわよ。

うふふ、そぉいうところが、カッコウ良いわぁーーー姐御v-352

URL | レイまま☆ #-
2013/07/29 20:55 | edit

レイまま☆さん へ

 こんばんは。
あははっ お母さんとか言ったら 絶対に猫パンチが飛んできますよ!!!

うん 受け入れ 包み込むけど それ以上ではない 自分でしっかり立ちなさいってタイプですね。
甘さ控えめなのですよーーーーー
子猫に対する態度がねーーー 何かね お姉さんなのですよ。
あははっ 確かに 姐御って言葉が似合う そーゆー感じですよ もち姫は!!!

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/07/29 21:32 | edit

振り返るもちちゃんがかわいいね(^^)

お話ももちちゃんの気持ちが伝わってきたよ。
親でも兄妹でもない。
でもそばでそっと見守る。
小さい毛玉たちは幸せだよ。

そっちは雨はどう?
こっちは大雨警報だった。
涼しくて寒い感じ。
ほんとに8月になるの~?

URL | チビmomo #-
2013/07/29 22:10 | edit

ああ麗しのもち姫さま、久しぶりにお姿を拝見できて、
嬉しゅうございます。
今回のお写真はまた、猫の妖精のように気高いお姿で、
私、思わずじっと見入ってしまいました。
まだまだ暑い日が続きますが、
どうかお体にお気をつけいただいて、また神々しいお姿で
お出ましになってくださいまし。

URL | NYANKO君 #5p4vzfrw
2013/07/29 22:19 | edit

もち姫さんだ~(*^_^*)

麗しいお姿を拝見できて、幸せだわ~
この振り返るお姿、まさに見返り美人ですね(^^)
毛の感じも、さわり心地、本当に良さそう(^^)(^^)
本当にね、貴婦人って感じですよね。
もちろん、お母さんとかお祖母さんとか、呼ばせませんよ。

もち姫さんにも母のような存在がいたのですね~
そう考えると、生命の連鎖みたいなものを感じますね。
ウゾさんが、保健所行き一歩手前で子猫たちをゲットしたことも含めて。
命って、ほんとうに、ぎりぎりのところにいるんですねぇ。
だからこそ、少しでも長く、この世界で輝いて欲しいですね。

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2013/07/29 22:58 | edit

チビmomo さん へ

 おはよう御座います。
うん もち姫は 凄く高齢の猫なのに 凄く無邪気な 可愛い表情をする。
三匹を見てるとね 徐々に家族になっていってるんだよ。
生まれながらの家族ではないけれど お互いに 何となく気を使っているよ。

うん 捨てられて ボロボロになって保健所一歩手前まで行っていた子だからね 
余計に幸せになって欲しいよ。

こっちはね 曇りだよーーー 偶にパラパラと小雨が降っているけれど 霧雨って程度で 
傘をさすほどではないって感じで。
だから 余計にムシムシと蒸し暑くなっている!!!!

ああっ ほんとに 八月かーーー 八月が来ると 夏休みが加速する気がするなぁ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/07/30 05:56 | edit

NYANKO君さん へ

 おはよう御座います。
ほんとに もち姫は写真嫌いでーーー 写真を撮ろうとすると そっぽ向くし 移動始めるし… 
中々 撮らせてくれないのですよ。
猫の妖精 可愛いですねーーー でも 猫自身が妖精っぽいかも。
気紛れで 寂しがりやで でも 凄く魅力的。
猫って都会の雑踏にいる 妖精かもなぁ。

そうですねーーーー まだまだ 当分暑いですからね。
もち姫 何とか 体重維持していますからね 此の暑さ 体調維持して乗り切って欲しいです。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/07/30 06:06 | edit

大海彩洋 さん へ

 おはよう御座います。
もち姫の毛はね フワフワの綿毛の部分がなくて 上のツルツルの毛しかないのですよ。
其の毛がツルツルで柔らかいから 凄く触り心地がいいの!!!
もち姫も 若い頃は結構 お転婆だったらしいですよ。
偶に 数日帰ってこない家出をして 何処に行ったのかと探すと 廃墟になっている
壊れかけている家にいたとか。
家出して 家に住み着いてるって…と呆れたとか。

灰色の猫もね 植木に引っ掛かって 一晩中鳴いていた子だったとか…
こいつ… 絶対野生で生きていけないって感じの子だったから 拾ったとか。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2013/07/30 06:17 | edit

色白のもち姫ちゃん♪
素敵な呟きだったぁ^^
それはそれは素敵な姫姉様なんだろうな。
でもねでもね?
もち姫ちゃんは、ずっとずっと少年の永遠の恋人だわょ♪

URL | ako #-
2013/08/01 17:26 | edit

akoさん へ

 こんばんは。
有難う御座います!!!!
我儘で 気紛れで 人見知りが激しくて… でも 可愛いのですよねーー
もち姫は。
何かねーー 年をとっても 余り性格が変わらなくて 何時も我儘を言っていて 
其れが妙に 嬉しいのですよ。
もち姫 夏場はつれないですけどね… 冬場は もち姫の恋人は炬燵かも…
僕の片思いですねーー 寂しいです…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/08/01 18:29 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/694-5c5e6e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)