FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

中二病ーーーー  

P7120020.jpg


中学生… 多かれ少なかれ 皆 中二病を患っているのですよ。
えっなに 中二病って 要するに思春期特有の 揺れ動く精神が妙な方向に行ってしまって…
自身の能力以上の… 要するに 背伸びしている状態。
其れを 自虐的に表した言葉が 中二病。
たとえば コーヒーをブラックで飲んでみたり 洋楽に凝ってみたり 洋書を買ってみたり 
哲学書に手を出したり…
無理しているのが まるわかりの痛々しい行為…

今 僕の年齢って 中二病真っ盛りなのですよ。
面白いのが やはり女性の方が精神的に早熟なのか… 女性は小学生高学年の頃から
ちらほらと…
女性の中二病って… サブカルチャーに走るようで 妙な不思議系を装っている女性が増えてくる…
あれは 何なのかなぁーーー
自分で自分の設定を決めて 演じている様な感じ。

やっぱり 女性って よく解らない…
スポンサーサイト



category: 雑記

コメント

自分の中学生の時、「そうだったけ?」と記憶を辿っていますが、「ウーム・・・・」
ただの、ボーっとした「平凡な中学生」だったと思います。
ま、中二病ってそんなにタチの悪い物でもなさそうだから、納得するまで浸かっていて下さいな(笑)。
その結果、どうような変貌を遂げられるか楽しみです!

URL | ペチュニア #-
2013/08/24 06:51 | edit

ペチュニアさん へ

 おはよう御座います。
まぁ 中二病なんてーー思春期とか 反抗期とか この時期の不安定な精神が揺れ動いている状態ですから。

うん まぁ何ていうか 男子の中二病は 妙に悪に憧れる方向か 自身には秘められた能力がとか 言いだしたりするのですが…
女性は… サブカルチャーに走る感じで 急に 妙に小難しい詩を書いたり 不気味一歩手前のイラストを描きだしたり…不思議系に走っている。
まぁ 何となく 面白いです。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/08/24 08:49 | edit

どうかなぁ

自分の昔を思うと、なんとも言えませんが……
小学校高学年は、クラスの友達と下校時間ぎりぎりまで自分たちが作った陣地遊びを男女一緒に大はしゃぎでやっていて、先生に怒られていました。
中学校は私学でしたが、毎日授業が新しいことを教えてくれるのが楽しくて(科目によるけど)、かつ演劇部が楽しくて、悩むことなく過ごしていました。
高校は、確かに進路とかで揺れるし、友人もあれこれ不安定な時もあったし……変なイラストとは言わないけれど、小説とか絵とかかいていて、そして難しい哲学書を読み、本にはあれこれ書き込みが……
あれ? 私って、時代が古くて、中2より高2あたり中二病とやらの症状が出ていたんでしょうか?

ま、青春に通り過ぎる一時期ではないでしょうかね。
どういう形で嵌るか、それは人それぞれだし、その重さや軽さもあれこれあるのでしょうね。時代が変わればまた変わるみたいですし(*^_^*)
ただ、最近よく言われる「キャラ」化する(自分をキャラに当てはめる)のは、どうかなぁと思うのですよね。

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2013/08/24 09:12 | edit

確かに。私も未だにファンタジー小説驀進中で書いているので、あまり人のことをいえない。いまだに、そういうところがないとファンタジーなど書けないのですが。そういう創作力を養うのは大切だと思います。どこか途方な発見の一歩になる!!・・・ときもありますからね。

URL | LandM #-
2013/08/24 10:15 | edit

大海彩洋さん へ

 おはよう御座います。
おおっ 流石的確な表現。
そうそう キャラ化しているのですよーーー ある日突然!!!!!
其れを見ている方は 茫然としてしまうのですよ 何故に突然と…

まぁ 所詮 男性って単純ですからねーー 男子の中二病も単純で…
女性のキャラを演じる心理って 何なのだろうーー そーゆーキャラへの憧れとか????

まぁ 僕も所詮 こっそりブログを作って こっそりと書いている…
リアルの友人には完全無欠に秘密で… 此れも 中二病かなぁ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/08/24 10:21 | edit

あぁああ、

明らかに、私は 中2病だったフシが。。。

恥ずかしいーーー
でも黒歴史ってぅほどでもないわ。
と思う・・・・ってか、ないわよね??
ウゾさ~ん、どぉ思われますか?(← 知らんがなbyウゾさん)

URL | レイまま☆ #-
2013/08/24 10:21 | edit

LandMさん へ

 おはよう御座います。
中二病は 一度患うと治らない不治の病ですからーー
皆 すこーーし 中二病の処残してますよね。

其れに 小説は 中二病要素あった方が面白い!!!!!
中二病要素は 中途半端にやると黒歴史になって 恥ずかしいですが
開き直ってやると 面白くなったりする。
小説を 淡々と書かれても… 余程の筆力の持ち主でないと 単なる報告書になりますからね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/08/24 10:27 | edit

レイまま☆さん へ

 おはよう御座います。
あははっーーー 中二病は不治の病ですからーー
其れに 僕今まさに 黒歴史量産中!!!!!
ブログに小説を書いて公表しているなんて まさに黒歴史 せめても救いは リアルの友人には まだ知られていない事。
知られたら… いや 友人たちは 絶対に別人と思うだろうなぁ…
普段の僕は 実験室で試験管振り回している 完璧理系だからなぁ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/08/24 10:33 | edit

中二病^^ 患いますよね~。 私はいまだに中二病なのかもしれない。(年齢は行っちゃってるけど)
妙な高揚感の中に自分を置いてないと、小説が書けないから。

昨今の中学生は、ネット時代で外から入ってくる情報が多いし、アニメだって溺れるほど身近に溢れていて、ある意味自分のアイデンティティーが希薄になっているのかも。
他との境目が薄くて、すぐに混ざり合って、別の情報と融合してしまう。
現実と非現実の境目が曖昧なんでしょうね。
ツイッターのタイムラインを覗いていると、更にそんな気持ちになってきます。2ちゃんねるとか、さらに。そりゃあ、中二病になるのは、容易そう^^

女の子の中二病は、特に不可思議なものでしょうね。
私も実は、女の子っぽい性格ではないので、女の子の感覚がわからないことが多いです。
でもきっと男の子には、女の深いところまでわからなくてもいいのですよ。
女の子の内面の全てを分からないから、恋ができるんだと思います^^
(密かに、恐ろしいことを・・・)

URL | lime #GCA3nAmE
2013/08/24 10:38 | edit

lime さん へ

 こんにちは。
中二病は不治の病ーーー 一度患うと一生付き纏いますよ。

確かにね 今はネットがありゲームがあり アニメの種類も増え…
でも 細分化されているのですよ。
クラスのみんなが知っている 学校中で盛り上がる その様な共通の話題は
ない。
皆が皆 小さな集まりを作り 小さな集まりで情報をやり取りして… 
小さな集まり同士の交流は少なく…
ある意味 余りにも量が多く 簡単に手に入る為 冷静になり過ぎていて 
没頭できない。
アニメでもゲームでも 自身が好きか嫌いかではなく ネット等々の評価で物事を決めている そーゆータイプがままいますよ。
うん 中二病になるのは簡単 でも 底が浅くてカッコ悪い中二病ですね。
中二病も 突き詰めるとカッコイイと思うのですよ 其の知識欲をフルに
活用すれば かなりの事できる。
なにより 中学高校生の脳はまだ 柔軟ですからね。

確かに 恋愛なんて勘違いのオンパレードなのでしょうね。
それを考えると 女子に人気のある女子 男子に人気のある男子は 
本当の意味で 出来た人物なのでしょうか。
でも 同性に人気のある人物って 何故か異性からは異性に見てもらえなくて
友達ポジションに収まりがちですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/08/24 11:10 | edit

拍手コメント頂いた方 へ

 おはよう御座います。
おおっーーー 花火ですか 楽しみ!!!!!! 待っています。

うん 幼馴染の知り合いの女子も そんな感じですよ。
幼稚園の頃からの知り合いなのですが 外見は 凄く女の子 髪が長くて 華奢で…
でも 女の子と遊ぶのは嫌らしくて 何時も男子の集団に交じってた。
そして サッカーとか 其の類を一緒にやっていた…
性格は 随分と男前な感じで… その子が 女は妙だよって事言っていた。
今頃になって その子の言葉を噛み締めているよ。
あははっーー 女性の方が一枚上手ですからねーー見破れるかどうか 自信ないなぁーー でも 気を付けるよ。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/08/25 07:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/729-01f49b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)