FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

ああっーーー 再び彼に会えるのか。  

P4030126.jpg

米紙ニューヨークタイムズに拠ると 故J・D・サリンジャーの未発表の作品が 遺言により
2015年〜2020年のあいだに出版されるとか。

今 解っているのは…

「The Last and Best of the Peter Pans 」
  「ライ麦畑でつかまえて」の主人公ホールデン・コールフィールドが登場すると思われる作品。

「The Complete Chronicle of the Glass Family 」
  グラース家のシーモアに関する作品…

まぁ 後は 幾つか作品名が上がっていましたね。

楽しみです 単純に嬉しいです。
ライ麦… もいいですが グラース家の話が また読める事嬉しいですね。
サリンジャーは どうしても ライ麦…が 中高生あたりのバイブル的扱いですが…
「フラニーとゾーイ」いいですよーー そして「大工よ、屋根の梁を高く上げよ/シーモア-序章」
「ナイン・ストーリーズ」…
僕は 此のグラス家の物語の方が好きかなぁ…

未熟で ギリギリの処にいて 足掻き… 其れでも世界を肯定する 肯定しょうとする そーゆー作品。

サリンジャー自身 肯定する為の言葉を探し求め 彷徨い… そして 沈黙してしまう。
其のサリンジャーの遺作 其れも 偶然発見されてモノではなく 
死後発表するように計画されていた作品らしい… 

ううっーーー 楽しみで楽しみで あの シーモアが何を語るのか 待ち遠しいよ。
スポンサーサイト



category: 雑記

コメント

なんと

びっくり。
実は私、『ライ麦畑~』を読んだことがないのです。
多分、中高生がみんな読むものだ的な物語に拒否反応を示していたのでしょう。でも、グラース家の物語はものすごく好きで、何度も読みました。我が家の本棚の中で最も汚くなっている本のひとつ(って、3冊)であります。
高校生~大学生で読んでいたのですが、シーモアの死が何か幻想的で、ちょっと不可解な危うい憧れを抱いていたかもしれません。中学の時って、私は結構お子ちゃまで、児童文学とかシートン動物記とか観察ものばかり読んでいたので…あ、あとはシェイクスピアをはじめとする国内外の戯曲ですね(演劇部だったので)。
そう考えたら、ウゾさんって中学生であのような、ある異味難解な物語を読んでおられるとは、やっぱり頭が下がります。
う~ん、歳のことはともかく、ウゾさんとは妙に重なるところがあるなぁ。
タルコフスキーといい、不思議です。
いずれにしても、素敵なニュースをありがとうございます(*^_^*)

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2013/09/18 00:37 | edit

大海彩洋さん へ

 おはよう御座います。
確かに 凄い読書家なのに ライ麦は読んだ事ないって方 結構いらっしゃいますよね。
やっぱり 題名が ライ麦畑でつかまえて でからね…
ライ麦畑で 「私を捕まえてごらん」 「あははっ」 「うふふっ」的なモノを想像するのでしょうか。

ほんとに… 妙に嗜好がかさなりますね。
そして 書き出すものが 死体の転がらないミステリーを目指していたり…
でも 文章はかなり違う。大海さんは 結構端正な正統派ですからね。
うーーん 大海さんは三味線を 僕はピアノを弾く 同じ様な過程を経て 結果が違う 面白いですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/09/18 06:44 | edit

え!

>ライ麦畑で 「私を捕まえてごらん」 「あははっ」 「うふふっ」的なモノを想像するのでしょうか。

ち・・・ちがうんですか??(爆)
ずっとそんなイメージを持ってました。いやあ、知らないって恐ろしい(笑)
タイトル、変えましょうよ・・・。

小学校の図書館の児童文学は、ほぼ読破した私ですが、洋物に全く手を出していないので、この辺の学が全くなくてお恥ずかしい限りなんですが。
遺言でそんな風に作品を発表させるあたり、とてもユニークでいいですね。
ウゾさんのワクワクが伝わってきます。
そうか・・・ライ麦畑は、うふふ(´∀`*) あははでは、ないのですね。

あ、コサギちゃん^^ かわいい。

URL | lime #GCA3nAmE
2013/09/18 07:27 | edit

lime さん へ

 おはよう御座います。
あははっ そんな甘くてかわいい話ではないですよ。
主人公が 学校を退学になり寮から飛び出して 実家に帰るまで三日間ニューヨークを彷徨う話ですね。
妹に 「夢は」と問われて 「ただっ広いライ麦畑を 走っている子供達が崖から落ちそうになった時に 捕まえてあげる そんな人間になりたい…」
此の言葉から ライ麦畑でつかまえてとなったのでしようね。

うん 此のサリンジャー 作品数少ないです。 1960年代中ごろから沈黙してしまって… 四十年間 自宅をニメートルの塀で囲み…
人間嫌いとか 人間不信とか色々言われた人物ですからね…
実際は それなりに 良き住人として暮らしていたとも言われているのですが 謎の多い方ですよ。

そして… 凄く 十代後半を描き出すのが上手い。
無垢への憧れ そして 汚れていく 欺瞞への嫌悪感 脆さ 儚さ… 国や時代を超える感覚を書いてますよ。

其の人物の四十年ぶりの言葉 楽しみなのですよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/09/18 08:02 | edit

こんばんは。

遺言で発表する作品なの?
なんか自分がいなくなったあとに、って意味があるような気がするね。
ウゾさんが楽しみにしてるならよかったよ(*^^)v
ダイサギかな、白い鳥は美しいね。
最近見てないな。

URL | チビmomo #-
2013/09/18 19:00 | edit

チビmomo さん へ

 こんばんは。
うん もう作家に戻りたくなかったのでしょうね…
自宅の周りに高い壁を廻らした人物ですからね… 僕の生まれる 随分昔 1960年中頃を最後に 作品の発表を止めてしまっていたし。
自分の作品に何らかの決着をつけたい でも 作家として 再び注目されるのは嫌だ と言う感じなのかなぁ。
うん 偶然の発見で 本人が発表する気がなかったモノを掘り起こして 発表するのではなく
本人が 死後発表すると計画していた作品ですからね 素直に嬉しいです。

うん 白くて大きな鳥だから 飛んでいたりすると 凄く目立つよ 綺麗だよね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/09/18 19:15 | edit

こんばんは。
白鷺良いですね。大好きです。
ダイサギも良いけど、コサギもいいぞぅ。
飾り羽も美しいけど、冠羽が何と言っても美しいです。
え?ライ麦畑?
お、おう、ライ麦パンは大好きだぞ。マテ

URL | miss.key #eRuZ.D2c
2013/09/18 22:17 | edit

この記事を読んだだけでワクワクしてきますね。
これをきっかけに彼の既出の作品もまた沢山読まれることに
なるのではないでしょうか?
そういうことまで考えての遺言だったりして・・・。
考え過ぎかな。

URL | NYANKO君 #5p4vzfrw
2013/09/18 22:25 | edit

死後発表というところがまた興味をそそりますね~。

しかし、そういうことをしてまで発表するのには
やはり原作者の深い深い想いがつまってるんでしょうな。

URL | シュナイダー #-
2013/09/18 22:57 | edit

miss.key さん へ

 おはよう御座います 初めましてですね!!!!
白鷺 いいですよねーーー 其処ら辺の道をウロウロと歩いていたり 田んぼでぼっーーーとしていたりする ごくごく普通の鳥なのに…
何か 気品があると言うか 綺麗ですよね。
あまり群れている処みないし 何時も一羽で 飛んでいて カッコイイ鳥ですよ。

ライ麦パンはシンプルに ジャムをたっぷりのせたりして食べると 美味しい!!!!
うんうん 食欲の秋ですよね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/09/19 05:57 | edit

NYANKO君さん へ

 おはよう御座います。
そうですねーーー また 沢山の方がサリンジャーの作品を手に取ってみるかもと 考えると 嬉しくなりますね。
既に 半世紀が過ぎた様な古い作品ですが… 時間の波に ひっそりと埋もれてしまうには 惜しい作品ばかりですからね。

うん どのような切っ掛けであれ 再びサリンジャーの作品が書店で並ぶ 嬉しいですよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/09/19 06:15 | edit

シュナイダーさん へ

 おはよう御座います。
うん サリンジャーの小説のほとんどは 此のライ麦… 関係の話か グラース家の話かなのですよ。
サリンジャーにとっては 凄く思い入れのある作品なのでしょうね。
思い入れのある作品だから 何等かの決着をつけたかったのかなぁと…

態々 死後発表するように計画されていた というのですから… 何等かのメッセージがあるだろうなぁと期待してしまうよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/09/19 06:20 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/755-54dd746a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)