FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

プロフェッサー 華麗に登場 11  

P9190042.jpg


P9190044.jpg


ワトスン君 イタリア美食漫遊記に帰ってきました。
フィレンチェ到着です そして 探偵と貯金箱は相変わらずです。

興味のある方は 下記からどうぞ。



  プロフェッサー 華麗に登場

「パリの空の下 セーヌは流れる ベルシー橋の下では哲学者が座っていて…。」
ハロルドが 突然朗々と フィレンチェを流れる アルノ川に掛るヴェッキオ橋の上で
TPOをすべて無視した歌を謳い上げる。

「音楽家と何人かの見物人 その後に続く何千人の人々… セシボン これぞパリ。」
アルフレドも… この二人は放置しておくと 想像した斜め三十八度程度の処で遊んでいる。

「それでは サンタ マリア ノヴェッラ駅に近く SITA社のバスターミナルも近い
此の宿泊施設でいいですね。
部屋は 男性側と女性側で二部屋の予約でいいでしょうか。
其れとも 男性側は 一人部屋と二人部屋として 二部屋取りましょうか。」
ゾーラさんが… 探偵の ずれまくったボケを華麗に無視して 実に事務的に事を運ぶ。
ああっ… やっぱり ゾーラさん 電話番兼事務としてアルバイトに来ませんか。
食事補助有り 福利厚生応相談で… オレが心を込めて スパゲティー茹でますよ。

「パリの空の下 夜まで歌が流れる…
まだやっている。

「そういえば 火刑に処されたサヴォナローラの遺灰は 此のアルノ川に投げ捨てられたのですよね。」
ゾーラさん… 怒ってる ねぇ 怒ってる… よね。

「そうだなぁ 此の街に純粋無垢な少年たちで風紀取締隊を組織して 人々を監視させて…
享楽的で逸脱的 廃頽と煽情 惑溺と耽美の大円舞曲を奏でていた街でだ。
ルネッサンスの理想に対する中世の亡霊の挑戦 其れが サン マルコ修道院長 サヴォナローラの
一連の行い…
神の教えに従って 清貧な暮らし…

よく解らないが… ハロルドのハロルドに拠るハロルドの為の本日の講義が始まったらしい。
差し詰め題して 「フィレンチェの光と影 怪僧 サヴォナローラ」と言った処だろうか。

「私 アリアと休息をとっています。」
ゾーラさんは 仕方ないなと言った感じで 溜息を吐き出し脇に見えている 心地の良さそうなカフェに
入って行こうと…

「ゾーラさん 知っていますか。此のフィレンチェは妙に慈善事業が発達しているのですよ。
ドゥオーモの横には未婚の母の為の施設もあった ヨーロッパ最古の養育院があるのも
此処フィレンチェだ。
そーゆー事だ ワトスン君 妙齢な淑女にはエスコートが必要なのですよ。」
そして 再び ゾーラさんにアリアさん + 一 の美食漫遊記が開始される。

探偵が 実に爽やかな… 胡散臭すぎる笑顔で 見送り 踵を返す。

「お前は ついて来る気なのか。」
ハロルドは あからさまに胡乱気な視線を アルフレドに送り付け 面倒だとばかりに手を振り
何処かに行けと言い放つ。
「貯金箱は必要でしょう。
せっかく妹の機嫌を損ねてまで作った時間 用意周到に如何にもの理由を付けてワトスン君まで追い払い…
何をする気なのですか 稀代の名探偵殿は。」
アルフレドは 何時もの完璧な好青年の微笑を浮かべていた。
スポンサーサイト



category: プロフェッサー 華麗に登場

tb: 0   cm: 4

コメント

拍手コメント頂いた方 へ

 おはよう御座います。
あははっ 今回はまだ食べていませんね アリアさん 此れからですね。
店に突入しましたから 甘いモノの為に満腹にはしないと言っていたので… また 食欲のままに食べますよ。
イタリアは地方ごとに 色々と名物あり 美味しいモノ満載の国ですからね 楽しんで色々と出したいと思っています。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/09/20 07:07 | edit

ハロルドが歴史小説を書いたら、とてつもなく濃厚耽美なものが、出来上がりそうですね。
純真無垢な少年たちの風紀取締隊の話など書いてもらいたい^^

探偵と貯金箱の、微妙な関係が、なんだか好きです。
くっついていくのですね? アルフレドは。

URL | lime #GCA3nAmE
2013/09/20 07:45 | edit

lime さん へ

 こんにちは。
ハロルドの書く歴史小説… 皮肉満載って感じ!!!!!
ハロルドの書く 歴史小説 ラブロマンス ブラックユーモア 此の辺りは… エグそう…
ワトスン君の書く 児童文学はなんか 良さそう 可愛い感じで…
いや 主人公 釣りばっかりしてるとか…

探偵と貯金箱… この二人はお互いに気を遣わなくて 辛辣でいいと言った感じで 気楽なのでしようね。
なんやかんや 言いつつも ワトスン君には甘いですからね この二人。
それに対して… 二人だけになると 殺伐とした空気が流れだす…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/09/20 14:46 | edit

拍手コメント頂いた方 へ

 おはよう御座います。
うん 三連休だよーーー でも 特別な予定はなにもない…
猫と遊んで 普通に勉強する程度かなぁ。
弟は 映像作りで忙しそうにしている。

すっかり秋になったよ 近所では彼岸花が満開になっていた。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/09/21 07:41 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/757-1dfa3bf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)