FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

断片  

PB190050.jpg


えっとですね… ブログで交流のある 大海さんの記事が素敵だったのですよ。
天体望遠鏡のある宿が… 
凄く雰囲気のある宿で…

其れで 思わず フラフラと… 
断片書いてしまいました…
今回は こーゆー雰囲気を書きたいと言う断片で 
そのうち時間がある時に 真面目に書いてみたいなぁ。

大海さんのブログは こちら 「コーヒーにスプーン一杯のミステリーを」 
そして 天体望遠鏡のある宿については こちら 「熊本・天文台のある宿
一つ 一つの記事が 気合張ってますよ。

其れでは 何時も通りに 
興味のある方は 下記からどうぞ。 



 其の世界には 夜しかなかった。

濃く 深く…
漆黒の部屋が三つ ぽっかりと華紫色の空に浮かび 漂っていた。

黒鉄の天文台と 黒檀の大きな机と 黒曜石のピアノと…
何十億光年の過去の光を観測して 其の既に存在しない文明について事細かに書き記す。
其の為の天文台であり 其の為の机であり

其の為の 私であり。

私には 優しい過去しかない。

鈍色の真鍮の手摺が 有機物の様に ゆっくりと其の触手を虚へと伸ばす。

ホロスコープの映像として浮かび上がる私が 無音の 熱のない世界に付いて 
既に 滅びた文明の文字で書き綴り 受け取る人のいない電波に乗せ送る。

一つの 私の儀式。
既に 音程が狂い楽器の体をなさない 古く大きな 黒曜石のピアノを奏でる。
狂ってしまった 歓喜の歌。


  

スポンサーサイト



category: ファンタジー

tb: 0   cm: 9

コメント

大海彩洋さんの「天文台のある宿」軒時やお写真みましたよ〜。
でも、私は、行ってみたいな〜、連れが居れば・・・と思ったきりで
こんなロマンチックな詩は思い浮かばないわ〜↓
さすがにウゾさんね☆

URL | ペチュニア #-
2013/10/01 00:39 | edit

うお!

開けてびっくり、でした。
ウゾさん、この断片、むちゃくちゃ素敵です!!
あのお宿を実際に見たら、ウゾさんの創作にもっともっと火がつくかも、とか思っちゃいました。
写真よりも実物が落ちることは時々あるけれど、このお宿に関しては私の写真技術のせいもあって、実物は空気感が本当に素敵なので、多分、行かれたらもっと感じるものがあると思うのです。
ウゾさんが社会人なら、きっとすぐに飛んで行っておられるかも。
これは、ルナ天文台さんに捧げなくてはなりませんね!
そう、今地球に届いている光は、もう何千光年もの昔の光なんですよね。その寂しさとか、その孤独感、でも宇宙の神秘とか、色んなことを感じさせる断片ですね。それに、ピアノの存在が……そんな風に素材を使っていくウゾさんの世界が、このお宿の世界観にぴったりです。
あの階段、そして図書室、写真には撮れなかったけれど、小さなプラネタリウム、あちこちの小部屋。ウゾさんは見ていないはずなのに、まるでこっそり見ておられたような感じですよ。
いや~、ルナ天文台さんに売り込もうかしら??(何を??)
素敵な断片、ありがとうございました!

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2013/10/01 06:21 | edit

ペチュニアさん へ

 おはよう御座います。
いえいえ 行ってみたいなぁ と思いを馳せるのが 一番正しい楽しみ方ですよ。
モノを作ろうとするのは ある意味邪道ですかね。
あれですよ 萩原朔太郎の フランスに行きたしと思えども フランスはあまりに遠し せめてもの新しき服を着て 気ままななるたびに出でてみん… 
あの状態ですね。
行けないから せめてといった状態です。
ああっーーー 行きたいなぁ…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/01 06:37 | edit

大海彩洋さん へ

 おはよう御座います。
いゃーーー 人んちの素材で断片を書くなよと言った感じですが…
此の写真は 書いてしまいます。
断りもなく書いて 断りもなく載せている いいのか… まずいだろうと迷ったのですが まぁ 駄目なら消すかと。
掲載を許可頂けるようなので よかったです。

うん あの手摺にやられました。
あの手摺の そして階段の色 あれは…あの色 鈍色の光は 素敵過ぎる。
そして あんな処にピアノがぽっつんとある。
どんな曲を奏でるのか… あの宿は 真面目に一本の作品作りたくなりますよ。
探偵もどきが訪れ ぽろんぽろんとピアノで遊ぶ 又は ワタリガラスが あの階段に佇む。
いかれた兄ちゃんが…は 止めておこう。

取り敢えず とても素敵な記事でした 続きの巨石紀行待っています!!!!

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/01 06:52 | edit

あの写真、素敵だなあと思ったのですが、その気持ちをこうやって掌握(断片)にして書き出してしまうところが、ウゾさんの才能だな~とおもいます。

短い中に、静かな悠久をかんじます。
これは星星、いや、宇宙の囁きなんでしょうか。
ここから、壮大なSFが始まっても、楽しいですね。

URL | lime #GCA3nAmE
2013/10/01 08:02 | edit

lime さん へ

 こんにちは。
もう少し 練ったらとも思うのですが… 取り敢えず 書いてしまったーーー のですよ。
ほんと 僕って得意分野と言うのがないので 何でもやる状態ですね… いいのか 悪いのか。
もう少し 僕の特徴の様なモノが持てるようになれたらいいのですが。

ああっ… 返歌の様に 此の電波に乗って送られた情報を受け取った人物の物語とか 面白いかも。
其れか オムニバス的に 書き綴られた 色々な滅んでしまった文明の物語とかもいいかも。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/01 15:00 | edit

こんばんは

ああ、同じ時間を纏っている言葉ですよね。
美しくない、詩的でない世界を外に追い出して、あの空間でだけ生きるそんな世界を感じます。
外界から切り離されて、自分だけの詩をもてあそぶ、そんな事が許されそうです。
それに加えて、私なら、ほんのちょっぴり琥珀色の飲料も……。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2013/10/02 05:56 | edit

八少女 夕さん へ

 おはよう御座います。
ああっーーーー 琥珀色の飲料!!!!! あれが美味いだの 此れが好きだの書いてみたいです。
中々 まだまだだなぁーーー 遠いなぁーーー
赤い飲料も 透明な飲料も… 酔っぱらって 目が回るとか言ってみたいよ。

ぽっかりと浮かんだ空間 そんなモノを想像して書いてみました。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/02 06:31 | edit

拍手コメント頂いた方 へ

 こんにちは。
うん 空気も 風も変わってきたねーーー 陽の光も 道路に落ちる影も 柔らかくなったね。
うん 後 三か月で此の一年も終わってしまうね。
数週間で 寒くなってきて また雪が降ったり… 炬燵とみかんの季節になるね。
しっかりと 頑張って 此の一年も締めくくらなければだね。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/02 15:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/770-900492a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)