FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

鬼ごっこ  

PA030099.jpg


イギリス中部のダービー市教育委員会が 市内の幼稚園で「鬼ごっこ」を全面禁止にしたとか…

専門家が 鬼ごっこをする子供たちが将来 イジメに走る傾向があるとの研究データーを発表。
ちょっと待て 専門家って 何の専門家?????

特に鬼役をする子供の73%は そのトラウマによる反動から 小中学校でイジメる側になる…
あの… 鬼ごっこの鬼なんて 誰でもやっているかと…
其れに 其の 妙に細かい数字は 何処から出て来たのでしようか。

そして 何とこの市は 同じ理由により ドッチボールも禁止しているとか…

いやーーー 関係ないでしょう 鬼ごっこやドッチボール
此れは  小中学校のいじめっ子の 80%が金魚が好きだから 金魚禁止とか…
其のぐらい 意味が無い様な…
其れに 幼稚園で禁止と言う事は… 個人で公園でやってもいいのでしょう。
うーーーん 幼稚園で授業の一環として する事だけが禁止なのかなぁ…

あの 鬼ごっこも… 年下の子が鬼になった時は ゆるーーーく走って タッチされてやったり
そーゆー何と無くの 気遣いを学んだりするのですがね。

と言いつつ 日本では 東京オリンピックの公開競技として 鬼ごっこ 推し進めていたりするんだよなぁ。
スポンサーサイト



category: 雑記

コメント

「鬼ごっこ」や「ドッヂボール」懐かしい遊びです。
フーン・・「イジメ」につながるの?
よくわかんないけれど・・・。

なんか、それが本当だとしても、「対症療法」にすぎない感じがするけれど・・・。
もっと、「人間としてどうだ・・・」みたいな教育が必要な気がします。

URL | ペチュニア #-
2013/10/07 05:27 | edit

ペチュニア さん へ

 おはよう御座います。
うーーーん イジメに繋がるって いまいち よく解らない理論なのですがねーーーー
子供の遊びなんて 禁止といっても 遊びは自然に発生するモノだから… 鬼ごっこを禁止しても 自然に同じ様な感じの遊びやってそうですけどね…
イギリスの幼稚園ならば 聖書の時間とかありそうだし…
でも 西洋と言うか 聖書圏では 白黒つけると言うか 灰色を認めない感じあるから…疑わしいのは 全て禁止なのかな。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/07 08:50 | edit

へ~~、そうなんですか。
イギリスって、けっこう杓子定規なものの考え方をするのですね。
その研究データ、本当にどうやって集めたんでしょう^^;

子供は、遊びの中から、いろんなことを学ぶのにね。
ウゾさんがおっしゃってるように、年下の子への思いやりとか、危険なことの回避術とか。
取っ組み合いの喧嘩だって、人間の体が、どれほど脆いものかを知る、いい機会なのに。

自然発生する遊びは、その生命体に必要だから発生するものなのにねえ。
遊びを禁じられ、学ぶ機会を奪われた子供たちは、大事なことを知らずに大人になっていきそうで、怖いですよね。

URL | lime #GCA3nAmE
2013/10/07 18:20 | edit

私もこの記事をオンラインで見て、びっくりしました。

いじめのほんの小さな部分も回避できない上に、
生きていくうえでのたくさんの大事を失ったと思います。

そう批判するなら、どう対処するのが良いと思うのか。
そんなことも考えました。

URL | けい #-
2013/10/07 18:43 | edit

lime さん へ

 こんばんは。
うん イギリスって パンクだぜぇぇぇぇぇぇ って感じなのに…
それに おそらく 幼稚園にいる間だけの 幼稚園の中では禁止って言う感じなのかなぁ…
休日に公園で遊んでいて… 子供の遊びって禁止出来ないだろうし…
意味ないよーーー 其れとも 単に 幼稚園または 教育委員会の責任回避の為 形だけの禁止条項なのかなぁ…

そうそう 猫だってねーー 集団の子猫で育った子は どれほど噛んだら痛いとか 解っていて 無茶しないのですよ。
子猫同士の遊びから 色々学んでいる。
でも 一匹で育った子は 人が教えないと 力いっぱい噛んだり 加減を知らないのですよ。
人も子供のうちに ある程度の経験がないと 解らないですよ。
知識だけでは 加減は解らないですからね。

うん 頭の知識ではなく 体で覚える加減 大事ですよ 生命に直結しますからね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/07 18:49 | edit

けいさん へ

 こんばんは。
うん 鬼ごっこは 遊びで 悪くないですよ。
何処の国にでも 多少 ルールを変えて存在している遊びだと思うのですよ。
鬼ごっこで鬼をする事が 幼い子供にとってトラウマになり いじめを起こすと言うのならば…
一律に禁止してしまうのではなく 何故なのかと…
そうでなければ 次々と 同じ理由により 子供から遊びを取り上げて行く事になるかと。
ドジッチボールを禁止し 鬼ごっこを禁止し そして 次は 次は…
集団で遊ぶ事は…となってしまいかねない。

おそらく トラウマになると言うのは… 何時も鬼をやらされたとか 鬼になるとタッチできなかったとか そーゆー類だと思うのですよね。
多少のルールの変更で 改善できると思えるのだけどなぁ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/07 19:00 | edit

もう、その市は登校禁止にすればいい。
何を禁止しても、その網の目をかいくぐってイジメはあると思うよ。
大人だって社会でイジメしてるもの。
子供に偉そうなことは言えないよね。

それでも、みんなが幸せな世になってほしい。

URL | キャサリン #LkZag.iM
2013/10/07 22:14 | edit

キャサリンさん へ

 おはよう御座います。
確かに いじめがない世界を目指すのは 正しいでしようが… 
現実的には無理な理想主義でしようね。
極端に走るよりも いじめられた時に耐えられる 強い精神と体 いじめられたと訴えられる 開かれた社会と公平性 此の辺りを強めて行った方が 現実的。
いざという時は学校へ行かない勇気 自分の命を守る事が一番大事だと

うん 子供の遊び禁止ではなく 大人がセフティーネットになる 其の辺りが必要なのかな。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/08 06:31 | edit

拍手コメント頂いた方 へ

 おはよう御座います。
うん 暑かったねーーーー 久しぶりに 汗ダラダラだよーー
冷凍庫の底の方で放置していた アイスを久しぶりに出して 食べたよ。

うーん 微妙に風邪気味 薬を飲んだら 眠くて 眠くて 辛いよ。

余りにも あれも駄目 此れも駄目 危ないから 汚いから… 何でもかんでも禁止して 安全な処に置いておくと 子供は何も 学べないのですよね。

子供はペットではないから 何時か 安全な処から出て行き 一人で立たなければならない その時 何も知らない状態では どうなるのか…
色々と 怖いですよ。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/08 07:18 | edit

こどもは遊びの天才

って、よく言いますよね。
私も小学校の時、自分たちでゲームを作って(陣取りゲームみたいなのだった)、夢中になって遊んでいました。ルールを作り、守り、時に不都合があればそれを変更し、子どもながらに秩序を学んでいく過程だったと思うのです。
オトナの都合で禁止? そもそも今の子どもの親の世代に、さらにその親の世代が甘すぎるのでしょうか。核家族になって、ルールを教える人が減ってしまったような気もする。
子どもは子どもで遊ばせるのがいいのです。そのほうが絶対まともになります。大人が口出しするのは、大事なポイントだけです……という当たり前のことさえ、成立しない世の中になっているんでしょうか。
だとしたら残念です。
統計は……バカっぽいですからね。そもそも前提の成立していない統計は意味がないのですよね。
そして禁止は……アル・カポネが登場するかもしれませんね。
鬼ごっこをこっそりやらせる組織、新たなマフィアの登場!なんちゃって。

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2013/10/08 07:40 | edit

大海彩洋さん へ

 こんにちは。
最近は 凄いクレーマーの保護者いますからね 地域で子供の成長を見守る事が難しいですからね…
事件が起こった時でも 周りの住民はと よく問題になりますが… 孤立が進んで 隣近所がどのような状態なのか 解り難い状態なのでしようね。
子供が集団になると ある程度の役割が出来てくるのですよね。
其れなのに 大人が口出しすると 其の役割が崩れてしまって 上手くいっていたのが 駄目になったり…
大人は どうしても駄目な時は 何時でも助けるし 相談に乗るよと 言葉と態度で表しておく 其れでいいですよ。

ああっ いいですね 禁酒法時代ならぬ 禁鬼ごっこ時代。
此れは 鬼ごっこではない 妖精さんごっこだ とか言って… 遊んでいる いいですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/08 14:22 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/774-b74f3851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)