FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

美しい世界 美しい時代  甘い香りが立ち込める頃  

PA160040.jpg


まぁ 何となく続きです。
此の小説をファンタジーと言うのは 抵抗があるのですが カテゴリを増やすのも避けたいので…
とりあえず ファンタジーでいいかと。
其れでも 言い張ります 甘くて苦い青春小説だと。

前回の部分はこちらです 美しい世界 美しい時代

興味のある方は 下記からどうぞ。 
   美しい世界 美しい時代  甘い香りが立ち込める頃
 
 誰が 今を否定し 過去にしがみ付いている様な国へ行くものか。
オレは オレを そして オレの母をゴミの様に気軽に捨てた国 そして そんなチンケな国と母を
天秤にかけ 母を否定した父を…
蛇蝎の如く憎み 嫌い そして 憎む事に倦み疲れ その存在を消す事に拠って
オレは 精神の平和を守ってきた。

唯 母は… 母は夢の中で生きていた。
母には 日本を捨て 母と一緒にアメリカに渡り 共に働く 優しい父が側にいて
日本で飼っていたと言う 茶色い中型犬の賢い犬がいて…
そして オレは 休日には父とするキャッチボールを楽しみにしている少年で…

母の瞳には オレは小学生として写り 優しい父が微笑んでいる。

オレは… 現実を突きつける治療を躊躇い 母は… 少女のように あどけなくて…
何時か 現実を欺いた報いは受けると 解っているのだが 母の幸せそうな微笑を壊せなかった。
オレは 震えながら祈っていた 如何か報いはオレが受けるから 如何か母の一生を夢の中でと…

街路樹が 緩やかに色彩を変える。
其の様を 母は 木々の葉がセーターを着たみたいだと言って 目を細めて愛でていた。 
其の美しい世界に 寄生虫の様にしがみ付き 吸い上げていく 
其れでも まだ足りないと 駄々をこね もっともっとと積み上げる 限度を知らない幼児の様に。
やがて崩れ去る 砂上の楼閣。

母は ハロウィーンが近いからと ジンジャークッキーを焼き始める。
ツリーや ヒトや ホシ 色々な形に チョコチップやドライフルーツを乗せ 可愛く色鮮やかに。
焼き上がったクッキーを 可愛らしい袋に入れリボンを結ぶ。
そして 子供達が トリック オア トリート と声をそろえて ドアを叩く事を待っている。

今は… 誰も訪ねてこない。

ハロウィーンは 近隣の取り決めにより ハローウィーンに参加している子供達の家庭を相互に
訪問すると。
そう トラブルを避ける為に…
既に 二十歳となり ハロウィーンとは縁が切れてしまった オレの家には 訪ねてくる子供たちはいない。

其れでも 母は待っていた。

母の瞳には 優しい父が写っているのに 其れでも 誰かを 何かを待っているのか。

母もまた 夢の中で過去にしがみ付き 「いい子だね いい子だね」と言って オレの頭をなでる。

そして また オレも待っていた。
其のいい子だねとしか言わない口唇で オレを罵って欲しかった そうすれば オレが言うから。

 愛している と…

オレも ずっと 待っていた。
スポンサーサイト



category: 美しい世界 美しい時代

tb: 0   cm: 6

コメント

そっか……

お母さん、夢に逃避なさっちゃったんですね。
これはこの尋青年、哀しいなあ。
そうでなければ、顔立ちは別として、ふつうにアメリカ人として育つ事が出来たんでしょうに。

アメリカのハロウィーン。日本では考えられないほどにホラーな色合いのケーキやクッキーが並ぶんだろうな。そして、誰も食べないのにたくさん作る。うわ〜。なくなったものを待っているがために、いま目の前にある人間が見えないのって、悲しいですね。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2013/10/19 06:40 | edit

八少女 夕さん へ

 おはよう御座います。
うん 此の青年 生まれも育ちもアメリカで アメリカの教育を受け アメリカの文化に浸って育ってきたのに…
一人しかいない 肉親の中では アメリカ人ではなく 尋君何ですよね…
見た事もない 過去に消えてしまった鎖国状態 自分にとっては学校の世界史程度でしか名前をきかない国なのに そんな国に徐々に絡み取られていく…

アメリカのハローウィンのケーキ凄いですよね。
ほんとに 食べ物でそこまでやらないでよ… 食べれないよと言う感じの グロいモノ並んでいますからね。
確かに ハローウィン 魑魅魍魎が跋扈する夜なのですから 正しいのですが… あのケーキは無理です。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/19 07:41 | edit

一番幸せな時期に自分を閉じ込めたお母さん。
それを見守るオレの胸の内は、とても複雑ですね。
でも、ものすごく大きな母親への愛情が感じられて、切なくも暖かい。
私は小説の中で、父と息子の関係はあまり書かないのですが、
母親と息子の関係は、無意識に何度か書いたことがあります。
なんだか、切ない関係性だな・・・と、よく思うのです。
ハロウィンの子供たちを待っているお母さんが、ものすごく切ない・・・><

ハロウィンですねえ・・・。
私の職場でも、ハロウィン時期は、ディスプレイやなんやかんやで、忙しいです^^
小さな子供にハロウィンの衣装を貸出して、写真を撮ってあげたり。
そして・・・11月1日からは、クリスマスに向けてまた大忙し。

あ、NAGIも、ハロウィンもの、しようかな。間に合うかな?

URL | lime #GCA3nAmE
2013/10/19 09:48 | edit

limeさん へ

 こんにちは。
うん 現実が耐えられなくて 自分を自分の夢に閉じ込めてしまったのですよね。
だから 治療して現実は 父から捨てられ アメリカに渡って来たと言う事実を突きつける事を躊躇う。
うん こんなに 愛していても 母には現実の今のオレは見えてなくて… こーゆー関係って 母と息子だけではなく 色々な場面でありそうです。

ハローウィン クリスマス そして 正月 バレンタインデー 冬ってイベント盛りだくさんですよね。
夏って 七夕程度だし…

あっ NAGIのハローウィンて面白そう・・・ ああっーーーー いま 塚本がミイラ男のコスプレして コンビニで肉まん買いに来る図が頭の中を過っていった!!!!!

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/19 11:58 | edit

私は精神医学や人間関係論なども学んできましたが。
彼がどういう道をこれから進んでいくのかが問題になってきますね。
人生はハロウィンもサンタも手助けしてくれませんからね。。。
・・・・。
・・・・これからも大変なんだろうな・・・と感じます。

URL | LandM #-
2013/10/21 06:38 | edit

LandMさん へ

 こんにちは。
うん 彼が二十歳の誕生日から二十一歳の誕生日までの 自分を探す様な話です。
月に一回程度 ゆっくりと書いていこうかなぁと 思っています。
大体の大筋は決まっているのですが 細かい部分は決まっていないので…此れからですね。

少し古いアメリカの青春小説のような雰囲気を目指しているのですよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/21 11:46 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/792-082b487a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)