FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

美しい世界 美しい時代 冷たい雨が雪に変わる頃  

PA240015.jpg


久しぶりに Stella だせました。
あの アメリカ人と日本人とのハーフである ジーンであり尋でもある青年の続きです。
まぁ 何となく 一か月に一回程度で… 彼が二十歳から二十一歳になるまでの話を
書こうかなと思っています。
少し早いですが 十一月分の彼の話です。

以前の話は こちらに。

 美しい世界 美しい時代

 美しい世界 美しい時代 甘い香りが立ち込める頃


興味のある方は 下記からどうぞ。



   美しい世界 美しい時代 冷たい雨が雪に変わる頃


 ザワザワと騒ぎ立てる新入生達の 馬鹿げた陳腐な魔法も解け 大学も本来の静けさを取り戻す。
疵だらけの机の上には 終わりの見えないレポートが山と積まれ。

 女友達と 別れた。

付き合っていたのだろうか… いや お互いに異性の友人がいないと不便なケースの穴埋めとして
利用し合う関係だった。
其の為だろうか 何の感慨も湧かない 唯 しつこく付きまとう 結論のない如何でもいい話に
付き合わなくていい事に 幾許かの開放感を感じていた。

 … ジーンは神を 信じていないの。では 犯罪を許せると言うのね。

 … 何故そうなるのだ。宗教を信じない事が 何故 犯罪を許す事になる。
   話が飛躍しすぎだろう。

 … 人は 神がいないと 神の定めがないと悪しき獣になる。

 … 人には理性があり 人の定めた法が存在し そして良心が存在する。
   其れに オレが信じていないのは 宗教だ。




 … 私は神の存在しない世界では 生きていけないの。


彼女は 神のいない世界は怖いと言って それ以来 一切の連絡がなくなった。

唯 緩慢に時が流れ サラサラと掌から落ちていく 
そう 一切の感情 後悔さえも 時の喪失からは逃れられない 解っている筈なのに。

冷たい肌を滴り落ちる霧雨が 何時しか ぼったりと重たい霙へと変わった。
街がゆっくりと 鎖されていく 一人遊びを繰り返す小さな小さな 自分だけの世界へ。 



 … 別れたんだってな 
   元彼女 信じられない 神を否定するなんて犯罪者予備群よって 言触らしているぞ。

 … 別に如何でもいいよ。
   唯 何故 誰も見た事のない存在を信じられる オレは いないんじゃないかなと言っただけだ。
   無神論者の様に 絶対に何があっても 神はいないと絶叫している訳ではないよ。



 …     お前の考え方 東洋っぽいな。


何気なく 何気なく 友人 いや 知人は 顔を顰めボソリと呟いた。


遺伝子を尋ねる。
忌み嫌い 憎み続ける事に倦み疲れ 忘れ去ろうと消してしまおうとした 遺伝子の半分 尋。
遺伝子の呪いなのだろうか オレの遺伝子は オレのアメリカ人でいたいと言う意思を裏切る。

 
 
スポンサーサイト



category: 美しい世界 美しい時代

コメント

そのあたりは「罪と罰」の文化観の違いもあるんでしょうけどね。
グッゲンハイムでは「神の存在は信じるが、何もしてくれない」というのが共通認識ですが。
・・なんにしても、神を信じないと犯罪予備軍なのは飛躍しすぎですが。
神学論からもちょっとずれてますしね。彼女の気持ちは分からないでもないですが。若さの思い込みみたいなものもあるんでしょうし。

URL | LandM #-
2013/11/03 06:33 | edit

LandM さん へ

 おはよう御座います。
結構 西欧の方にとっては 無神論者は犯罪者予備軍の感覚あるようですよ。
其の為 結婚相手や 就職の場合 避けるようですーーー
日本人の無神論者は 見た事ないしい いないんじゃないかなーー 神ってと言う感じですが
西欧で無神論者と言うと 神は絶対にいないと絶叫して 自分の存在のすべてをかけている感じですからね。

うん 今回は考え方の違いを出して 違和感を感じてもらえたかったのですよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/11/03 07:34 | edit

ウーム、とても「中学生」の経験だけで書けたとは思えませんね。
やはり「読書」による「経験」って凄いなーと思います。
私も、本読なまっきゃあ・・とつくづく思いましたよ、ウゾさん。

そうですね、若い頃は、「神を信じる」「信じない」で、論争したり、物別れ
したりしていましたね。
一番身近な人の根本的な考えが違うと、それで「別れて」しまうとか・・・。
身近な人だからこそ、自分と「同じ」でなきゃあいけないってね、特に女性はね。

でも、結局、お互い全く「異質」であっても、「共存」できるんですね、多分。
その「受け入れる度量」がどれくらいなのか・・が重要なのかな・・て最近はね、
時々思うのですよ。

URL | ペチュニア #-
2013/11/03 10:23 | edit

宗教観の違いって、なかなか深い溝をつくりますよね。
あれは本当に、修復できない溝で。

いったい、宗教って人間のためになってるんだろうかとか、
なぜ人はこんなに宗教に強く支配されるのかとか、
いろいろ考えてしまいます。
もしかしたら、人間の精神が弱いのを、補うためかな、とか。

このお母さんが言った言葉は、なんとも悲しいですよね。
修復できない溝が出来てしまったようで。

ジーンは、やはり日本人的なのでしょうか。少し覚めた感じとか。

うーん、人間は、神の存在を感じずに、生きられないのかな。それが宿命?
そんなことをいう時点で、西欧からバッシング受けてしまいそうですね。^^;

URL | lime #GCA3nAmE
2013/11/03 13:55 | edit

ペチュニアさん へ

 こんにちは。
うん 特別な事件が起こる訳でもなく 刺激的な人物がいる訳でもない。
淡々と移りゆく季節と 此の青年の揺らぎを書きたいと思っていいます。

まだね 二十歳と言っても まだまだ視界が狭くて 考え方が固くて そーゆー感じなのですよね。
自分が理解できないモノの存在が許せない… 受け入れる余裕が まだない。
根本的に理解できないが そーゆー考え方もあるのかと 思えない。
二十歳って まだまだ 未熟なのでしょうね。

異質を受け入れる事はできなくても そーゆーモノがあると面白がれる そーゆー風になれると 色々と理解できるのかな。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/11/03 14:59 | edit

limeさん へ

 おはよう御座います。
宗教観って 根深く人を支配していますからねーーー

うん キリスト教でも過激な教義を主張する宗派では 魂があるのは白人だけで 天国に行けるのも白人のみ。
こーゆー考え方を聞くと 歴史上の奴隷制度とか 楽しむだけに動物を狩る文化とか… ああっーーそーゆー考えが根底にあるから 残虐になれるのかと 納得してしまいました。
天国って 存外狭いのだなぁ と冷めてしまいますよ。

宗教は…麻薬と よく言いますが 医療用麻薬の様に 上手く使えば 死の痛みや恐怖を和らげる でも 依存してしまったら 宗教戦争…
取扱いが 難しい…
ほんとに… 何故 人は神という 取扱いの難しいモノを作り出してしまったのか 不思議です。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/11/03 15:13 | edit

この人は

神もいらないけれど、彼女もいらないのでしょうね。
東洋的とか西洋的とかいう問題以前に、単純に、必要としていない、そんな感じです。

ヨーロッパでは、特に若者の間ではもっと上の世代ほどには神は絶対的ではなくて、無神論を騒ぎ立てるのも実は「クール」ではないです。その程度です。
騒ぎ立てるほどに固執しているのは、伝統的なキリスト教(カトリックや新教)ではなくてもっと新しいカルト系の人たちか、イスラム教やユダヤ教の人たちです。
まあ、アメリカは、狂信的な人たちも多いみたいですけれどね。進化論を否定したり。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2013/11/03 23:24 | edit

八少女 夕 さん へ

 おはよう御座います。
此の人物はね 田舎者で未熟で まだまだ思考も堅いし 何の経験ももっていない そんな二十歳。
何処にでもいる ありふれた まったくクールではない人物。

彼女はいらない 必要としていないと言うよりも まだ付き合い方もよく解っていない不器用で… 不器用だから 彼女といても楽しいと思えない そんな感じかな。

アメリカは極端ですよね… 進化論の授業時間は うちの子は受けさせませんとか言う保護者がいたり…
まぁ 此の人物も グダグタ悩み 二十一歳の頃には変わっているのか いないのか 偶に 書いていきます。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/11/04 07:24 | edit

拍手コメント頂いた方 へ

 おはよう御座います。
うん 葉っぱが色付いているよ。
街路樹の葉っぱもね かなり散っている 乾いた葉っぱのカサカサと風に乗って飛んでいく音 結構好き。
乾いた葉っぱを踏みしめる感覚も 好き。

うん 月の写真 幾枚か撮ったよ。難しいねーーー 
月の模様まで写っている様な写真 撮ってみたいけど 難しいね。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/11/04 07:29 | edit

皆さんが……

宗教についてかなり深いコメントを残していらっしゃる中で、私が最初に思ったのは……・!
わかるわかる、女って、時々こういう短絡思考というのか、三段論法というのか、何でそれがそこへ行くの?みたいなこと言うよなぁ、と思いました。
そう、東洋・西洋というよりも、男と女の違いが面白かったです。やっぱり理解しあえないものなんだろうな、と納得。
もちろん、彼の中の血・遺伝子のバランスとアンバランス、それが大きなテーマではあろうけれど、この別れた彼女の言葉は、西洋っぽいというより、女っぽい。
いや、これを意識して書かれたのだとしたら……う~ん、ウゾさん、何者!?

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2013/11/06 23:10 | edit

大海彩洋さん へ

 おはよう御座います。
そうなんですよーーー なんでそうなる???? って感じ出したかったのですよ。
偶に ネット上で 欧米の方と日本人が捕鯨に付いて理論しているのを見かけるのですが…
日本人は 理で解こうとしているのですよ 鯨は減っていない それどころか 増えすぎて 生態系が崩れかけている 小魚が減っている事 等々… 其れに対して 欧米の方は だって可愛いからとか オレのお気に入りの動物だからとか…
そーゆー切り替えしを持って来たりして… こーゆー切り返しには 理論なんて吹き飛ぶのですよね。

本当にーー 理解し合えないから消すのか… 其れとも 理解は出来ないが存在は認めるのか…
キリスト教って キリスト以外は認めないですからねーー

次は ジーン君 彼女なしのクリスマスの予定です。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/11/07 06:58 | edit

こんばんは~

彼女の台詞が好きです。
でも彼の理屈がもっと好きです。
そしてウゾさんのお話はとても難しいです。
けれども何故か好きです。

URL | 山西 サキ #0t8Ai07g
2013/11/07 20:11 | edit

山西 サキ さん へ

 こんばんは。
そうですねーーー 特にこのシリーズは 特別な劇的な事がある訳でもなく…
いえ 結構 事件は色々とあるのですが 結構 淡々としていますからね。
淡々とした季節の移り変わりと 此の青年の揺れ動く感じを目指しているので 難しいと言うよりも 退屈に感じかなぁと思っています。

うん 彼ももう少し大人ならば 彼女の感情を可愛いと思い受け入れられるだろうし 彼女も もう少し大人ならば視野が広くなる筈。
何方も 未熟なのですよね…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/11/07 21:02 | edit

RE

どうもお久しぶり様です
Stellaをいい機会に読みに来ました

むぅ……みなさんストーリーどうこう言うより宗教観についての深いコメントされてますね……
私もいくらか宗教学、神学を齧った身ではありますが、こうしてみると、やはり色んな考え方があるなぁと感じてしまいます
日本みたいに宗教大国でありながら宗教には忌避感を抱く人も多い、という国だと、昔ながらの八百万の神信仰の人もいますし、この作品の女の人のように、依存のために新興宗教団体に所属したりと、多種多様……
唸らされた作品でした

以上です。

URL | 篠原藍樹 #iVT7Zno6
2013/11/15 19:47 | edit

篠原藍樹さん へ

 こんばんは。
そうですねーー 日本では 宗教と言えば胡散臭い 又は 金儲けの代名詞ですからね。
何となく先祖代々の宗教で 宗教とは冠婚葬祭の時に関わる程度。
それ以上には 関わりたくないって感じでしょうか。

欧米では 道徳 社会規範の根底には宗教の教えがあったりしますが 日本人の道徳の根底に宗教がある方 少ないでしょうね。

まぁ 此の小説は 此の青年の二十歳から二十一歳の誕生日を迎えるまでの一年間を書こうと思っています。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/11/15 21:29 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/801-96b98b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)