FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

記憶  

PA240034_201310262015543c6.jpg


PA240035_20131026201554591.jpg


いい色だなぁーーーと 花の華やかさはないが 美しいと思う。

以前何かで読んだのですが… 平安貴族は冬枯れの野を訪れ 其の風情を楽しんだとか。

最近 少し驚く事があった。
妙に記憶にある景色なのですが… 何処で見た景色なのか解らなくて… 
夢の断片でも覚えているのだろうかと 思っていたのですよ。
陸橋の下の様な場所で 横で 母が誰かとおしゃべりしている声が聞こえるのだが 顔が見えない。
そして 僕は下から 木の葉っぱを見詰めていて キラキラ綺麗だなぁと思っている。

最近 その場所が 結構近所のある場所と重なって ああっ 此処かぁと驚いたのですよ。
何時も よく通る場所なのに 長い間 解らなかった。
何故ならば 僕の視線が妙に低いので もっと大きいモノを想像していた。

そうなのですよ… おそらく 僕 ベビーカーに横たわっている視線でその場所を見ている。
赤ちゃんの記憶って… 結構覚えているモノですね。
おそらく 此れが 僕の一番古い記憶なのかなぁ…

スポンサーサイト



category: 雑記

コメント

大人でもつい見逃してしまうようなこの冬枯れの微妙な色合いを、
綺麗だともうウゾさんの感性が、すごいと思います。
またもや年齢詐称疑惑?
いやいや、もうそれがウゾさん。
こういうのも、持って生まれたものなんでしょうね。

おお、そんなに小さな頃からの記憶が。
何気ない情景なのに、脳がそこを記憶しているって、不思議ですよね。あまりインパクトのない記憶から順に、消されていくはずなのに。

でも、私も、一番古い記憶はたぶん、まだ歩けない頃のものだと思います。
ほら、赤ちゃんのベッドの上に、くるくる回るおもちゃが吊られているじゃないですか。
ベッドメリーっていうのかな。
あれが、天井からぶら下がってて、自分は寝っ転がったまま、じーーーっと、くるくる回るそれを見てるんです。
無感情に、ただじーーーっと。
物心ついてから、そんなものを実家で見たこともないのに。0歳の記憶。確かにあるのかもしれませんね。

URL | lime #GCA3nAmE
2013/10/27 01:45 | edit

こんばんは
ベビーカーからの景色ですか・・
意外と幼少の記憶ってあるものですよね。
私もハイハイしている時の記憶とか
これから産道を通るぞ・・という記憶があります。
嫌だなー、出たくないなーと思ってた胎児の記憶・・・
まぁ、これは多分夢だと思いますけどね(^^

URL | かぜっぷ #-
2013/10/27 03:45 | edit

おはよう御座います。
へえ〜、ウゾさんてベビーさんの時から「感性が鋭い」のですね。
いつも小説を拝見していて思うのですが、言葉に「色彩」感じますよ。
そんなご幼少の頃の記憶って、凄くない??
私が持っている一番古い記憶って・・・・・??
3歳の頃くらいだわ・・・。
家でお留守番していたら、寂しかった事。

この記事、なにかほのぼのとしていていいな。

URL | ペチュニア #-
2013/10/27 07:25 | edit

lime さん へ

 おはよう御座います。
ずっと田舎住まいですからねーーー こーゆー淡い色に囲まれて生活しているので… どうしてもですね。
田舎は 都会のような スッキリと華やかな色は少ないのですよ。

うん 其れに 年齢詐称疑惑と言うよりも おそらく学生の方が暇があるし 移動手段が徒歩だったり 色々なモノを見ているのですよ。

そう 凄く単なる日常の一コマのような記憶なのですよね。
余程 葉っぱのキラキラが綺麗だと思ったのかなぁ…
うん 脳って 記憶が消えるのではなく 底に沈んで取りだし難くなるだけで 忘れていないのかもしれないなぁ。

うん 幼い頃の記憶 二歳 三歳の記憶になると詳細な事思い出せますからね 人の記憶って 凄いモノありますね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/27 07:30 | edit

かぜっぷさん へ

 おはよう御座います。
いえいえ 解らないですよーーーーー
僕の弟 幼稚園に入る前の幼い頃 妙にお腹の中での記憶 話してましたよ。
しゃもじみたいな手から 指が出来て 指がむきゅむきゅ 動いて 嬉しかった とか…
胎児の成長の方法とか知らない頃に こーゆー事を話して 不思議でしたね。

胎児にも脳があるのですから 記憶出来る筈ですものね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/27 07:39 | edit

ペチュニアさん へ

 おはよう御座います。
あははっ ありがとうね。
でも おそらく ベビーカーで仰向けだと 他に見るものがなくて…
葉っぱが陽の光でキラキラ光るのが 綺麗だったのでしようね。
母の声とは 解っても 言葉は全く分からなくて…聞こえているだけ状態だしね。

三歳でお留守番 凄いですね。
僕は 三歳の頃 今の家に引っ越したのですが… 引っ越した当日に 近所の大冒険にでて 行方不明となり 町内中で大捜索隊がでて 警察沙汰一歩手前になりましたよ。
因みに… 大冒険先で友達を作り アイスをおごってもらって帰ってきたとか…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/27 07:48 | edit

記憶って

どこまでが本当のことで、どこからが想像なのか、線を引くのは難しいですよね。逆に、今目の前の現実だと思っていることも、脳の錯覚とか妄想かもしれない、と言いますものね。
何度も脳が繰り返す妄想が、いつの間にか現実の出来事のような気がして来たり……(うちの真は常にそれに苦しめられています。マコトは……何も考えていない^^;)、逆に妄想かなと思っていたのもが現実だったり。私も始めてイタリアの放浪をしていた時にあったあれこれが、どこまでが現実でどこからが非現実だったのか、今でもわからないことがいくつかあります。
大人になっていたはずなのにそんなのですから、子どもって、もっと記憶が断片化していて、どのシーンだったのか分からない形で残っている。

私が関わっている赤ちゃんたち、天井見て誰かとしゃべってるし(いやいや、そこには誰もおらんよ?)、モンスターの絵を描く子どもに聞いたら、昨日そこで見た、と言うし(いや、おばちゃんも昔色々見たけどね)、そして現実の風景の切れ端も……脳の引き出しのどこかに、切れ切れの未分類のシーンとして、写真みたいにしまわれていて、同じシーンを見た時に不意に、あ、あれだ、ってことになるのでしょうね。
胎内の場合は音が明瞭と言いますが……脳のシナプスは子どもの頃はあまりにも未発達で、あちこちでへんな風に繋がっているんだろうなぁ。

私も、立ち枯れの風景、好きなんです。
何だか、利休の「野にあるように」が一番感じられるような気がして。
でも、やっぱり、それはウゾさんの年齢にしては渋すぎる感性ですね^^;

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2013/10/27 09:01 | edit

大海彩洋 さん へ

 こんにちは。
脳って 嘘つきの詐欺師かと思うと 騙されやすいし…
勝手に記憶を書き換えたり…
脳って 自分の筈なのに自分で無い様な 不思議な事しますよね。

記憶って面白いですよね。
記憶っていったん言葉に置き換えて 記憶していて…
普通は 段々と忘れていくモノなのだけれど 幼児期の記憶 言葉を知る前の記憶は 言葉に置き換える術がなくて 其の儘丸ごと覚えているとか
偶に 夢で言葉に出来ない感覚の感情とか 情景とか あの類は 幼児期の記憶だと言うの読んだ事あります。

渋いと言うか… 田舎の日常ですよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/27 10:03 | edit

拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
そして お帰りなさい お疲れ様。
うん 不思議と覚えているよーー 夢の断片でも覚えているのかと思っていたのだけど… 視線が変わると 解らなかった。
うん でも この程度の記憶は覚えている方 多いですからね あまり珍しくもないですよ。
三島由紀夫だったかなぁ… 産湯の記憶とかがあったら 凄く珍しいけれどね。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/27 20:57 | edit

もっふもふ

 柔らかそうな草原ですね。こういうところには狐が隠れていて、じっとこちらを見ているのです。もしあなたがそれを見つける事が出来たなら、そっと油揚げを置いて来まょう。その夜、きっとあなたの家を絶世の美女が尋ねてくる事でしょう。


「あのー、駅はどっちへ行けばいいですか?」

URL | miss.key #eRuZ.D2c
2013/10/27 21:01 | edit

miss.key さん へ

 こんばんは。
其の狐の名前は 葛の葉だったりして…
間違って 厚揚げを置いて帰ると 筋肉質ムキムキのオッサンが訪ねてきたりして… 
オッサンの場合は 丁重にお帰り頂こう。

冬枯れの草と一緒に 狐の尾が揺れていたら… なにか奇譚の始まりの様ですね。

駅ですか… 月のむこう側 川を渡った先に… いえ 私には 貴方が見えていませんよ 迷ったのですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/27 21:50 | edit

私も結構も現代小説を作るときは季節感を大事にしますね。植物とかは結構関心を配るところです。日本というところ、風景とかは大切にしたいと考えていますからね。景色を見て、昔を懐かしむ・・・というところもありますからね。
宣伝ではないですけど、明日からはコスモスを題材にした自作小説になりますしね。・・・考えれば、私もそういうことを無意識のうちに書いたんでしょうかね。

URL | LandM #-
2013/10/28 05:43 | edit

LandMさん へ

 おはよう御座います。
季節のある国ですからね 植物の移り変わり 虫の移り変わりで季節の変化を書き表す事ができねし 日本人共通の感覚ですからね
無理なく 時間の変化を表せる そして風情も出せる いいですよね。

ああっ 小説ですね また訪問させて頂きます。
知らないコミックの紹介が続いていたので コメントが書けなくて…
これでまた コメントが書けるかなぁ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/28 06:52 | edit

拍手コメント頂いた方 へ

 おはよう御座います。
そうですねーーー そう言えば 僕がお腹の中にいる頃 母は妙にチーズを食べたとか… 僕子供の頃 チーズ好きだったらしいし…
胎児の頃の記憶も ひょっとすると 記憶の奥底に沈んでいるのかもしれませんね。
何かの切っ掛けで ふっと 不思議な記憶を思い出す。
脳って 予想外の事するからなぁーーー うーーむ でも胎児の頃の記憶 思い出したい様な 怖い様な…
いゃ 怖いと思っているから 思い出せないのかな。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2013/10/28 07:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/805-73c27ceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)