FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

美しい世界 美しい時代 唯一人 頬を切り裂く風に自由だと叫ぶ頃  

PC200023.jpg


寒いですーーー 風邪悪化… 

何と言いますか… 新年一発目が君かと 言いたくなるのですが 尋青年です。
暗いです 正月から読むものじゃねぇって感じで 暗いです。

正月すぎてから読むんだ方が いいかも…

取り敢えず 興味のある方は下記からどうぞ。
     美しい世界 美しい時代 唯一人 頬を切り裂く風に自由だと叫ぶ頃


 魂は天へと迎え入れられ よき隣人たちに囲まれる そして 躯は土へと返る。
母が死んだ。

事件 いや 事故 銃社会の歪み。
駐車場で銃の乱射に巻き込まれ… 逃げまどい 的の様に幾発もの銃弾を受けて手折れた。
母は手術を受ける事もなく いや 既に受ける事が出来る様な状態ではなく
オレがベット脇に駆けつける事を待って 意識を失くした。

オレの顔を見て ずっと待っていた と頬を濡らし…
オレの手を握り 愛していると呟き いい子だね いい子だねと微笑み。

誰を ずっと待っていたのですか 誰を愛していたのですか。
母の意識は混濁して 混濁… いや混濁ではない オレの望み通り 夢の住人のまま旅だったのだろうか… 


「あなたの半分を 遺伝子を尋ねなさい。」 
此の言葉が 母の最後の言葉になった。

母の死に拠って オレが頑ななままに アメリカ人であろうとした理由が消えた。
オレは… 父への憎しみに拠って日本人である事を否定していたのではなく 
母への愛でアメリカ人であろうとしていた。
そう オレは感情のままに アメリカ人であった。

当たり前すぎて 感じる事もなかった 暖かで安全な外套に包まれ抱き締められていた。
その外套を剥ぎ取られて 頬を切り裂き 体温を奪い去っていく寒風に 薄っぺらいシャツ一枚で立ち尽くす。
自由だと 気が狂いそうなほど自由だと 立ち尽くし そして叫ぶ。
死と引き換えの自由だとしても。

オレは母の死に伴う 諸々の手続きを済ませ 生活に困らないだけの保険金を手に入れた。
オレの立場は 世間の同情を引き出し 正義と偽善が大好きな国民の関心を買い…

オレは疲れ切ってしまった。 
大学の籍は残しているが 既に行く当てもなく 唯 無為に時が流れ落ちていた。


「あなたの半分を 遺伝子を尋ねなさい。」 
オレは 母の最後の言葉を唇に乗せ ゆっくりと声にだし呟いてみる。

母は 本当に オレの望み通り夢の住民だったのだろうか…
オレが壊れてしまわない様に オレがアメリカ人で在る為の理由となる為に 敢えて夢に生きたのだろうか…
今は 既に 全てが憶測でしかない。

オレは 部屋の書物を紐で纏め 家具に埃除けの布を被せて 
母の件で 精力的に事務処理に駆けずり回ってくれた弁護士事務所に依頼を出した。
此の家の そして 母の墓の管理を

オレは 遺伝子の半分を 日本を 父を尋ねる。
スポンサーサイト



category: 美しい世界 美しい時代

tb: 0   cm: 9

コメント

お早う御座います。
ウーム。。
うちの子が読んだら少しは何か感じるかも・・。
日本人同士の間の子だけど、遺伝子の半分は「父」のを受け継いでいるからね。

私自身としては、子供の中に「父親」を見る時がありますね。
なんで、ほとんど一緒じゃあなかったのに「此処に居るんだ」ろうかって。
それを口に出して言ってしまう事もあったかな・・。
向こうは、どう思ってその言葉を聴いているのか解んないですね。

まあ、物語と関係ない事書いてゴメンナサイね★
しかし、14歳の少年の感性ってこんなに複雑なの〜〜?
ウゾさんには何も言えないじゃないのーーー。
まあ、これはウゾさんの一面なんでしょうけどね・・。
こういう面も「尊敬」ですねー。カワイイ面も大好きですよー♡
ではでは・・。

URL | ペチュニア #-
2014/01/03 08:22 | edit

ペチュニアさん へ

 こんにちは。
うん 知らず知らずに遺伝子に支配されていたりするのですよね。

僕は 幼い頃に父を亡くしましたからね 姿形は おぼろげながら覚えていても それ以上の事は知らないのですよ。
でも 母が言うには ふっとした仕草が似ていたりするらしいです。
其の度事に 遺伝子って恐ろしいと思っているとか。

おそらく 子供も大人も感じる事は似ていて… 大人は 其の感じた事を上手く言葉に置き換え 昇華する術を持っている。
子供は 感じても 表す術がなく 此のモヤモヤしたモノは何なのだろうってなるのではと思える。
唯単に 僕の感覚が成長していないのかも知れませんけどね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2014/01/03 15:05 | edit

たしか、この青年はジーンという名でしたよね。
彼が得たのは、自由だったのかどうか・・。
もしかしたら、また別の束縛なのかもしれませんね。
本当の気持ちを、聞けないまま、置き去りにされてしまっただけなのかも。後悔という束縛はキツイです。
ジーン。ついに旅立ちますか。日本に。
求める先に何があるのか、見たいです。

ウゾさん、お父さんを亡くされているのですね。知りませんでした。
あの旅先での写真は、ウゾさんの大切な想い出なのですね。

うん、中学生って、本当に、言葉や文章にするのが得意でないだけで、大人よりも苦悩し、繊細に世の中や大人を見ているのかもしれません。私も、中学生の時は親が手を焼くほど反抗していましたが(笑)感情が溢れすぎて、コントロールできなかったんですよね。
だから、私は中学生くらいの少年少女の物語を書くのが、なんとなく好きです。あの危うい時代を、描きたい><
ウゾさんは、その感覚を、ちゃんと言葉に置き換えることができる稀有な才能を持った人なんだと思います。

URL | lime #GCA3nAmE
2014/01/03 17:17 | edit

limeさん へ

 こんばんは。
そうです 此の青年の名前はジーンです
アメリカではジーン 遺伝子の意味を持つ名前で呼ばれ… 日本ではジン 尋の文字をあてている。
そう ある意味楽だったのですよね 行動理由はすべて 母の為であり 行動理由を考える必要がなかった。
感情で行動していたのですよね。
それが 母の死により 意味を失くしてしまい 初めて考えるのですよ 自身とは 自分はどうしたいのかと…

彼は… 母がいる限り日本に行く事は ありえない事だったのですよ。
彼は身の回りを整理して 旅立ちます 春 満開の桜咲く日本に 母と自分を捨てた父に会いに行きます。

おそらく 大人と子供って知識や経験と言う絶対に追いつけないモノはありますが 大人と子供って似ていますよ。
小学生高学年から中学生程度の女性って 妖しいというか… 妙に現実味のない不思議な時代だなと感じますね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/01/03 18:11 | edit

すんごい雪が降ってるね!
風邪ひどくなったの?
大丈夫?
無理しないでね、ウゾさん。

URL | チビmomo #-
2014/01/03 23:06 | edit

チビmomo さん へ

 おはよう御座います。
うん 動けないって程ではないのですが… 体調悪化です。
ああっーー 月曜日から学校再開なのに…

雪 凄く降って うっすら積もったのに… 地面が暖かいのかすぐに融けてしまった。
雪の上をザックザックと歩くのは もっと寒くならないと無理なのかな。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/01/04 08:11 | edit

新年のご挨拶は別にします

しみじみと拝読いたしました。
アイデンティティを求める旅路、と言ってしまったらそれまでですが、その旅路をより複雑で重い形でたどらなければならない人たちがいる、それをこの作品から感じます。世の中には出生の時から複雑な人って、本当におられるんですよね。
でも、それをプラスの方向に変えるのは自分自身しかいない。
ただ、自分の中のマイナスの部分(あるいは、自分がマイナスと思っている部分)をきちんと見つめなければ、プラスには変えられない。その旅路にこれから向かっていくのですね。
大事に思っていた、自分を帰結すると考えていた国では銃という大きな問題があって、ここに所属すると思っていた国のあり方のために大事な人を失ってしまった……かといって、日本に行くということはまた別の苦しみとの出会いかもしれない。
彼自身が信じる彼の居場所がどこなのか、国の問題ではないのかもしれませんが、いつかたどり着く場所を静かに見守りたいです。

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2014/01/04 16:56 | edit

大海彩洋さん へ

 明けましておめでとうございます。
此の尋青年は まだ 何も決めてなくて 結論を先送りにして逃げ道を残している。
其の為 家も処分しないし 大学に籍も残している。
取り敢えず 母と自分を捨てた父を そして 父が何故 自分たちを捨ててまで日本に残ったのか そーゆー処を確かめたい。
そして 何よりも 母の最後の言葉が心の拠り所になっている。

そうなんですよーーー 尋青年は 今までは 見たくない事には蓋をして 見ないふりをしてきた。
真面目に 考えた事がないのですよ 
何となく 此のまま アメリカ人として一生を過ごすだろうと考えていた処に 二十一歳までに国籍を選択しろと突きつけられ 
そして 母の死によって アメリカ人である理由を失くしてしまった。
そう 取り敢えず 尋青年旅立ちます。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/01/04 19:12 | edit

06:49に拍手コメント頂いた方 へ

 おはよう御座います。
大丈夫ですよ。
咳と鼻づまりですから… 風邪としては楽な症状ですからね。
でも 咽喉が痛かったせいなのか 妙に長引きました 今回の風邪。
ありがとね 大概で治すね。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/01/06 09:05 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/866-c54a68ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)