FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

最愛… いえ 苦悩の始まりですよ。  

P1190014_201401200916225f6.jpg


此のスズメ 妙にオッサンくさい様な気がして…

最近 交流のあるブログさんで流行っているのが… 最愛のオリジナルキャラと言うバトンなのですが…

そーいえば 僕の最愛の人物って誰だろう…
三年前なら答えられた。別の場所で書いていた長編小説の登場人物の 主人公ではないが鍵となる人物。
敢えて言えば 探偵と貯金箱を混ぜた様な… 陰険で慇懃無礼で…孤独で… 精神的に凄く脆い…

コメディー色が強い時は 凄く書くのが楽しく スラスラと書けるが 一転 シリアスになると…
凄まじく書きにくい人物だった。
精神的に引き摺られる… こちらまで ウツウツとしてしまう感じだった。

今 此のブログで書いていて 精神的に引き摺られると思うのは… ワタリガラスの男。
此の人物は 定住の場所がなく 鞄一つでフラフラと旅を続ける。
僕にとって やってみたいが 現実的には途方もなく難しい その憧れでしょうね。

最愛… うーーん 難しい…
処で 気が付いたのですが… 僕の作品って 妙にオッサンの含有率高いですね。
其れも 粋で洒落モノの紳士ではなく むさ苦しいオッサン…
おそらく 僕って… 曲者 酔狂 其の類を書くのが好きなのですね。

でも 女性は… アリアさんのような 元気で大雑把で 少し気が強い 
こーゆータイプが一番 書いていて楽しいかな。


 
スポンサーサイト



category: 雑記

tb: 0   cm: 8

コメント

こんばんはー☆
ウゾさんの小説、3分の1も読んでいないかしら・・・?
でも、ウゾさんの描く妙におっさんくさいキャラは、みんなの中にも
有るキャラなんだろうな・・。
だから、なんかこう・・良いんだろうなあ〜☆

URL | ペチュニア #-
2014/01/24 00:10 | edit

ペチュニアさん へ

 おはよう御座います。
僕の小説は… 読み難いのが多々ありなので 読みやすい 取っ付きの良いモノだけで十分ですよ。
読んで頂けるだけで ありがたいと言った感じですね。

そうなんですよーー 自分の小説を振り返って… 妙に むさ苦しいオッサンが多い。
でも別に オバサンは… 殆どいない…
妖艶で可愛いオバサンの小説 今度書こうかなぁ 「オバサンと猫とあの頃の歌」とか…
いやいや!!!!!! 登場人物の平均年齢を下げよう!!!!

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/01/24 06:45 | edit

こんばんは。

最愛か。
ウゾさんの小説に出てくる人物で考えると「ナツ」
こんな男の人がいたら好きになるね(^^)

すずめもかわいいね。
さいきんはセキレイばっかり見かけるよ。
道路をちょろちょろ歩いてる・・・。

URL | チビmomo #-
2014/01/24 23:57 | edit

なんとなく、ウゾさんはキャラクターを溺愛するという感じではないような気がしますね。
書きながら、一緒にその物語や世界を彷徨ったり、その人物を通して体感したり。そんなイメージがあります。
あるいは、人形遣いのような。
とても冷静に自分の作品を俯瞰で眺めておられるような気がします。
私なんかでも、ついつい主人公に感情移入して、子供のように愛情を感じてしまうのですが、小説を書く上で、それがいいのか悪いのか・・・。
私は尊敬する作家さんは、「書き終れば、忘れてしまいます」とインタビューでおっしゃってましたけど・・・いや、違う、と見た(笑)大事に思ってるのが、言葉の端々に見えました。
ウゾさんもきっと、とてもいいバランスでキャラと距離を取りながら、ちゃんと大事に思ってらっしゃるんですよ。
愛情・・・というより、もしかしたら友情、同志愛なのかもしれませんよね^^
やはり、小説を書く原動力は愛だと思うのです。

URL | lime #GCA3nAmE
2014/01/25 01:20 | edit

チビmomo さん へ

 おはよう御座います。
あははっーー ナツですか 僕も好きですよ。
彼はバランスいいですよね 少しシャイで武骨な優しさがあって オッサンとしての大人の理性もあるし。
きっと 家族とかできると 凄く大切にするだろうな。

セキレイ 確かに多いですねーーー
個々 数年で増えた????? あの鳥 動きが早すぎて 写真に撮れないですよ!!!!

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/01/25 07:54 | edit

lime さん へ

 おはよう御座います。
そうなんですよーーー以前は 完璧に人形遣い的な書き方していたのですよ。
ストーリーをガッチガッチに決めて… 必要な処に必要な人物を配置する。
僕が この方法で書くと… 人物が薄っぺらくなってしまって 其の登場人物を使って 別の話を書こうとすると 書けないのですよ。其れで 書き方変えましたね。

うーん 別の作家さんかな… 僕の好きな作家さんは 「週末にでも アハハッ あー面白かったと読んでもらって 月曜日には元気になって 現実に戻る 読者には二日 三日程度で忘れられる。そんな小説が書きたい。」と…
この小説のありかた いいなぁと思ったのですよね。

何となくなのですが…
登場人物を愛する方は 長編を書く事多い様な…
短編を書く方は 登場人物よりも 小説の仕掛けが好きなのかなぁと…
確かに 特に 長編は愛がないと 書けないですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/01/25 08:07 | edit

オッサンの含有率(*^_^*)

これでしばらく笑えました(*^_^*)
いやいや確かに、ウゾさんが「青春小説」というと違和感があるのに(いえ、読みたいんですよ、ウゾさんの青春小説……^m^)、オッサン小説だと違和感がないのはなぜなんだろう?????
でも、私も若い頃(?)、やたらとオッサンの出てくる番組を好み(藤田まことさんとか)、小説もおっさん率が高かったです。ウゾさんはその上手をいっていますが。

う~ん、そうですね、愛情ってやっぱり「時間が必要」と思うのです。ある程度の時間、そいつとじっくり付き合ってみて、それが愛情になっていく。現実世界もそうですし。
だからウゾさんのおっしゃる通り、愛情が生まれると必然的に長編になりますし、逆に長編にならないと愛情にならないという気もします。
愛情というよりも、愛着でしょうか。しばしば執着にもなるのが問題ですけれど。

小説とキャラの在り方って、きっと十人十色。じっくり向かい合うこともあるし、袖擦り合うも他生の縁、みたいなこともあるし。キャラを小説の小道具にすることもあるし、キャラがあってこそストーリーになることもあるし。
以前ストーリーが先かキャラが先かって考えたことがあるけれど、両輪ですものね。多少のアンバランスはあるかもしれませんが……

でも、ウゾさんのお話、短くてもキャラたちの魅力を引き出すきっかけを上手くばら撒いておられるように思いますよ。全体的に物語のワールドのイメージを優先させる小説ですけれど、その中で動く人が世界の一部となっていて、人もそうでないものも、世界を作る一要素として動いている、そういう形も素敵だと思います。
でも、これから「最愛キャラ」が登場するのかもしれませんね。
なにしろ、「愛に時間を」ですから(*^_^*)

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2014/01/25 08:46 | edit

大海彩洋さん へ

 こんにちは。
ほんとに オッサン含有率高いのですよねーーーー 
うん オッサン小説… 違和感ないですね 確かに 自分でも思ってしまう…
今度… 思いっきり青春とている様な小説を… 書ける自信ないなぁ。

確かに 長編にならないと と言うよりも 愛情が湧くと長編になってしまうのでしょうね。
それが 執着になってしまうと… 小説をダラダラと長引かせて 終わりを引き延ばしてしまう。
愛着程度でしておかないと 大変ですね。

そうですねーーー ミステリー系は どうしても ストーリー優先だし 今流行のラノベ系はキャラ優先だし 何を書きたいかによって 変わってきますよね。
小説の内容に拠り 書き手の癖により キャラとストーリーの割合が変わってくるのかな。

そーですね 最愛キャラ 欲しいですねーーーー
僕は どんな人物を最愛とするのか… 今はまだ 想像出来ないのですよ。
ああっーーー オッサンキャラだったら どうしょう…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/01/25 13:58 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/890-d8d926a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)