FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

大概で… 25  

P8020031.jpg



そして…
読者皆無でも 一向に辞める気配がない NN…… まだ 続きます。

興味のある方は… 下記からどうぞ。




俺は 極々 普通に生きてきた そう 普通にだ。

俺は 俺には 生まれ乍らに 具わるとかほざかれる 魔力に心当たりがない。
友人 知人どもは 其の様な筈はない 魔力はある筈だと煩く語るのだが
俺には 心当たりがなく しかし 別に 之と言った不都合が有る訳でもなく 極々 普通に生きてきた。

其れなのに 如何やら俺は 何か厄介事に 巻き込まれた様だ。
否応無しに 避けては通れない様だと…
俺の勘は 確信を持って 此れは秘密だけどねと 語りやがる。

ナカは 何処か掴み処のない 思考を読ませない曖昧な表情を浮かべ 其の双眸に 少年を捉える。

カーヤ… かぁ
自身を 殆ど 語らない少年 

大概 物好きだな 何に 首を突っ込んでしまったのだろうか。
おそらく 一筋縄ではいかない。

 そう 解っていた 虚しい足掻きだと理解していた。
其れでも カーヤは 自身の予想が外れる事を 望んでいた。

落ち着いた 穏やかな色彩 そして 柔らかな植物が幽かな馨を 漂わせる。
静謐で 安全で 安らぎに満ちた ミュージアム。
あの 巨大な研究施設の経歴 研究内容が 対外向けに説明 公開されている。
そう あくまでも 対外向け 真実 事実 其の様なモノは…

 … 其の崇高なる理念 信条を
   我々 研究員一同は 生活の向上 そして 自然への…

理想的な空間 計算され尽くした… 
言葉では表現できない 本能が 感覚が 警戒を示す 掴み処のない 鎖された檻。

 鈍く光る 床に カーヤの足音が 響く。

そう 解っていた。
廃されし地 封印されし地から 旅立つと 既に 予め…
其の時に 周到に 念入りに 用意された 偶然。

カーヤは ゆっくりと溜息を吐き出し 一つの展示物を見詰める。

 … やっと 辿り着いたよ 言葉。

カーヤのよく知る所の 顔が 
そう 一人の 白衣の男が 紹介されていた。

 … 時間と空間の相互作用 及び 歪み の関係性
   不可逆的な 時間への干渉 その理論的仕組みを……

キーが クルクルと踊り 音程の狂った声音を響かせる。

 … オーウァー 此の男です。
   我を恐怖に落し入れ 嘘に満ちた 哀しい言葉の音が
   鳴り止みません。小生は耐えられない 狂った音。

言葉は 此の研究施設にいた。
そして 時間と空間 そして歪みを 研究していた。 

私は 唯 魔力と運命から 解放された世界を自由に生き 自由に死ぬ事が出来る世界を 見てみたかった
唯 其れだけだ…

私は アルカ ロイドと言う名の あどけない少年を被検体として 臨床実験を繰り返した。

そう 此の少年には 幽かにだが 天の鏡 古き伝説に記された 異形の民の能力が備わっていた。
魔力ではない 予知と言う 天の鏡特有の能力。
外見的には 取り立てて 語る程のモノを持ち合わせていない幼い少年でしかなく…

悪意ある 周到に仕組まれた偶然に拠り 私は 此のアルカ ロイドを拾う 捨て猫を拾う様に…

そして 私の 此の鮮烈に 苛烈な 無慈悲な… 魔力に拠り
此の巨大な研究施設に置いは あらゆる優遇措置を与えられる。

私だけの 特別な 懐中時計を模した端末を寄与され…
そう 此の 端末だけは 電子空間の奥底 深くに横たわるmother を 目覚めさせる。 

スポンサーサイト



category: NN

tb: 0   cm: 2

コメント

こんな長いお話、お勉強の合間に書くのね。
意外と、頭の中でまとまっていたりすると一気に書けるのかもね。
  ↑
内容理解していないので「形式」でコメントしてみる★

青空ですね。こちらも良い天気だったわ。
花も喜んでいたと思うわ♡

URL | ペチュニア #-
2014/01/29 23:10 | edit

ペチュニアさん へ

 おはよう御座います。
うん この話実は… 別の処である程度まで書いていたのですよ でも 中断してしまったから…
最後まで書きたいなぁと 其の為 此処に載せているのですよ。

元々があるモノなので 手直しを加えて載せているだけなので 実は楽だったりするのです。

久しぶりに 青空ですねーーー もうすぐ節分だし 春はすぐそこかなぁ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/01/30 06:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/893-4904c86c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)