FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

寓話 断片  

P1300026.jpg


まぁ 少し… 寓話っぽいモノを書いてみたくて…


興味のある方は 下記からどうぞ



 其の吟遊詩人は 既に失われた古語で 一つの水底に沈んだ都の物語を紡ぐ。
神と人と そして 一輪の薔薇の物語を。


 栄華を誇り 
 煌びやかな人々と 瀟洒な建物 夜な夜な贅沢な宴が繰り広げられ
 人々の心は慈悲を忘れ 着飾った獣の様に醜悪だった。

 神は 頬杖をつき 一つの言葉を告げる。
 此の都は 水底に沈めてしまおう 私から離れてしまった都は見たくないと…

 其の都の守護天使が 残酷な神へ慈悲を願い出る。
 如何か 如何か と…

 神は 一つの賭けを指し示し お前に出来るのかと微笑を浮かべる。
 都で一番美しく 一番傲慢な王女が何らかの形を表したのならば 暫しの猶予を与えようと…

 守護天使は喜び勇んで青年の姿で 王女の元へと行き 願いを乞う。
 貴女の庭に咲き乱れる薔薇を一輪 其の白い指先で 私の為に手折って頂けないだろうか と…

 王女は 一つの提案を示す。
 丘の上の教会にある 大理石の天使像の羽根を私の為に取ってきてくれたら 考えましょうと…

 守護天使は喜び 自分の背中を覆う 大きな翼から真珠色に輝く羽根を一枚引き抜き そして 王女に示す。
 王女は せせら笑い 嘘つきと罵り…

 守護天使は また羽根をむしり 王女に示し…
 背中が傷付き 血が滲み… 

 王女は…

 神は やはり無理だったかと溜息を一つ吐き 都を水底に沈める。
 守護天使も羽根をむしり 飛び立つ事が出来なくて 都と共に水底に。

此れが 此の湖に沈んだ都の物語 湖の真ん中に残された教会の物語。   
  
 
スポンサーサイト



category: ファンタジー

コメント

こんばんは

傲慢で疑心に満ちた王女様は
偶像と本物の見分けも付かなくなっていたのですね。
滅びるべくして滅んだ都・・
守護天使が憐れですね。見る目が無かったのでしょうか。
ちょっと悲しげな感じがまたイイですね。
しかし、なんだか神様が社長で
女王が傲慢なワンマン女性管理職
守護天使はエリアマネージャー
で・・実際ありそうだなーなんて思ってしまうのは
サラリーマンの悲しい性ですかね(笑

URL | かぜっぷ #-
2014/02/08 05:02 | edit

神様の裏の顔

 こんにちは。
 この神様は唯一神なんでしょうかね。そんな気がします。
 となると、全能であるはずの神は何故人を堕落させたのでしょうか。堕落するまで放っておいたのでしょうか。何故労無く善良な人間にできる力を使わないのでしょうか。実は一番傲慢なのは神自身なんじゃないかな。
 そこでふと思った事。神の裏の顔は悪魔なのではないだろうか。そしてそのどちらもが真実の姿と考えれば腑に落ちたりする。
 普通なら女王の傲慢を非難すべきなんでしょうが、私、ちょっとひねてます。
 それにしても可哀そうなのは守護天使。彼が神様だったら、彼が女王だったら、きっと世界はとても美しかったろうと思うのですわ。

URL | miss.key #eRuZ.D2c
2014/02/08 07:00 | edit

かぜっぷさん へ

 おはよう御座います。
おおっーーいいですね 地域担当の天使!!! 
スーツを着て名刺を持って 天使同士が 居酒屋 「エデンの園」で林檎酒でもあたりは飲んで愚痴っている。
差し詰め 四大天使あたりは まとめ役とか…

此の神様は 元々この都を救う気がないのですよねーー
と言うか… 救うと言う事自体 傲慢ですね。
守護天使は… 純粋に人を信じていたのでしょうね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/02/08 08:41 | edit

miss.key さん へ

 おはよう御座います。
神にとって人は 如何でもいい存在なのでしょうね。
愛しいモノではなく 何となく大量にいる…って感じで
傲慢と言うか 残虐…
神って 唯一神って独裁者ですよ 其れも世代交代のない永遠の独裁者。
自身を崇める者には優しい顔をみせるが 自身に背くものには 残酷な顔を見せる。
王女は 単にこの都の代表の様なモノですからね。
ある意味 王女も守護天使も神に利用されただけなのですよね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/02/08 08:48 | edit

うわあ~、なんて美しくて悲しい寓話。
もしかしたら小さなころから読んできたどの寓話よりも切なくて美しいかも。

これはいいですよ。本当に素敵。
神の傲慢さ、守護天使の清純と献身、何も気づいていない王女の愚かさ、・・・。うん、いい。
なんかこれが世界の縮図なのかも…とか思ってしまいました。
私にもう少し画力があったら、この守護天使描いてみたいなあ、なんて思ってしまいました。
素敵なお話、ありがとうございました。

URL | lime #GCA3nAmE
2014/02/08 13:05 | edit

07:20に拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
寒いですねーーーー 朝起きると 一面真っ白ですよーー
此の冬初めてですね 雪積もったの。
醤油が じっーーーと雪が降っている様子 眺めていました。

炬燵に入ると 動けなくなっています。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/02/08 18:08 | edit

lime さん へ

 こんばんは。
何と言いますか 思い付きだけの断片で… 物語にもなっていないのですが せっかく書いたのだし 載せようと…
何となく 天使って世間知らずで 瞳をウルウルさせて泣いているイメージと神の戦士として戦っているイメージと 色々あるのですが 今回は 純粋な感じにしてみました。

あっ そうそう lime さんの例のイラストで掌編書いてみました。
あのまま あらすじで放置するのも忍びないので…
火曜日か水曜日に載せますね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/02/08 18:15 | edit

わー、守護天使も一緒に水没してしまうという結末が、なんか訴えるものがありますね。
必ずしも、優しさや純粋さが「支持」される訳ではないという世の中の性質がさりげなく描かれているようですね。

それにしてもこの王女様は冷たいですね。
血の出るような優しさを理解できないのですね。
かわいそうです。
そんな王女様に自分の命ともいうべき羽根を捧げ続ける天使は、優しいけど「おろか」ですね。
こんな関係って世の中にゴロゴロ有るとは思いまする。

URL | ペチュニア #-
2014/02/08 21:28 | edit

ペチュニアさん へ

 こんばんは。
まぁ 神にしてみたら… 都を水没させる=守護天使もいらないって感じでしょうか。
此の守護天使にとっては 善意には善意が返ってくる 好意には好意がと単純に信じているのですよね。

王女はおろかと言うか… 何も信じていない 何も見えていない状態でしようね。
そうですねーーー 中々人の誠実さが通じない 誤解される事の多い世の中ですね…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/02/08 22:38 | edit

うん。

miss.keyさんのコメントに私も同感な部分もあり。
そうそう、唯一神というものは、こんな感じで力を示すのですね。
でも、ここまで放っておいたんですもんね。水に流しちゃったらいいのかって話で……それならもう少しそこまで行く前にそっちも何とかしてよって思ったりもしますよね。
(警察の方へ……一方通行の道の中で張るのはやめて。一通だって気が付かなかったんだから! 市民を守るなら、一通の入り口で注意してよ! って、そんな話じゃない?)

でも、そもそも神は無慈悲ですからね。
いえ、神というのは自然のことなのでしょうか。自然の世界に、こんな風に意味づけをするのは人間だけなんでしょうね…・・実際には、自然はその当たり前の在り方自体が「無情(情がないということではなくて、そもそもそういう感情があるものではないという意味)」なんですよね。
そういうことなのかなぁと思いながら拝読しました。

この守護天使さんのような「とりなし」をしてくれる存在、キリスト教ではとりなしの聖母、なのでしょうけれど、つまり「母」の愛ですよね。
無償で、見返りを求めない、自分を傷つけてでも守ろうとする、そういう愛。だからこそ、一緒に沈んだんだろうな。
素敵なお話、ありがとうございました(*^_^*)

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2014/02/09 11:04 | edit

大海彩洋さん へ

 こんばんは。
一神教は… 絶対的な力を持つ唯一の神を生み出すのは 砂漠とか自然環境が厳しい地が多いですからね。
其の厳しい環境に対抗できる 絶対的な力を欲して 傲慢でも何でもいい 対抗できる力をとなるのでしようね。

神は… 自分を信仰してくれる人の前では神でも 自分を信仰しない人の前で無慈悲で残虐で…
また 人も異国の神は神として認めなくて 邪教の悪魔として扱ったり…
一神教は人と神の関係が 弱肉強食の様にみえてきます。

うん 此の守護天使も神からしたら 自分の意向に逆らった 水底に沈んでいくべきモノでしかなく…
救う気なかったのでしようね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/02/09 11:31 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/900-0aa69c18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)