FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

かなり楽になったよ!!!! 28  

P2210061.jpg


取り敢えず NN です。

興味のある方は 下記からどうぞ。




「お久し振りです 今は言葉と称せられていると 聞き及んでおります。」
マイが流麗に 挨拶を口に乗せる。

「ええっ マイ、知っている人なの。」
ジュズは 驚きを隠さない。

「ええっ 以前に ほんの短い間でしたが。」
マイは 綺麗に微笑を浮かべ 応える。

ジュズは 廃されし地の主が住まう 幾世紀も経た様な古色蒼然たる屋敷を 訪問していた。
カーヤが此の地を離れて以来 言葉 唯 一人が…

魂が 膿み爛れ堕ちる 其の時を待つ為に 無為に 唯 時が過ぎ去る事を 待ち侘びていた。

「あなたは 確か…。」
言葉が口篭り…
「私を覚えていらっしゃらない事は 詮無いかと 数多にいた 被検体の一人ですから。」
マイは 優しく微笑を浮かべ 言葉に過去を投げ付けた。  

 「貴方は 生き続けて下さい。貴方の傲慢な 不遜な夢の為に何を踏み躙ったのか…。」

マイは 丁寧に一礼を表し 其の 時の止まった屋敷を後にする

「マイ いいのか。」
「ええっ勿論です ジュズ様、あの男を赦すのは 私ではない。
私は 唯 言葉を受け入れてはいけない 其れが 言葉の望み」
マイの表情が柔かく ジョズは 理解が出来ず 驚く。

「マイ 何故 そんなに 優しいの 酷い過去があるのでは無いのか。」
「ええ 口にする事を 憚る様な 其れでも 見せ掛けの優しさであろうとも 言葉は… 先生の手は 暖かかった。」

ラミエは 深く溜息を吐き出し嘯く 人の深淵は 中々儘ならないか…

スポンサーサイト



category: NN

tb: 0   cm: 6

コメント

ミケランジェロの「ピエタ」ですね。
直に見られてお写真ですね。
本当に素晴らしい作品です。
6歳くらいの頃、ダ・ヴィンチに興味を持って、伝記を読んだ時、
ミケランジェロは「かなり性格のきつい」人物に描かれていました。
作品見ていると、洞察力の深い天才だと思うんですけどね。
いつかイタリアで私も直に見たいですね♡

URL | ペチュニア #-
2014/03/21 08:09 | edit

ペチュニアさん へ

 こんばんは。
ほんとに 無造作にぽつんと置かれているのですよ。
写真でも解る様に ガラスケースに入っている訳でもなく 人混みに囲まれている訳でもなく
凄く 贅沢な状態で見る事できますね。

ミケランジェロは 確かにね… 最後のピエタ像は視力を失っても 手探りで掘り続けたり 意志の強い人でしょうね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/03/21 19:02 | edit

NN、ウゾさんの書く小説の中で実は一番好きだったりします。
ウゾさんの文体と相まって世界観に引き込まれるというか、何というか......

とにかく、次の更新も楽しみにしていますね。

URL | 日出瀬菜 #-
2014/03/21 20:17 | edit

日出瀬菜さん へ

 おはよう御座います。
おおっーーー 読んで下さったのですかーー 此のNN は既に 読者皆無状態なので 貴重で希少な読者の方です ありがとね。

此の小説 予定では 剣と魔法の世界のような もっと王道ファンタジーの予定だったのです… 其れが すっかり ダークが付く方のファンタジーになってしまった。
元凶は… 言葉のオッサンの存在かぁ!!!!!

うん ありがと 此の小説は 途中でこっそりと更新を止めても 誰も気付かないだろうと思っていたので…
待ってくれている方がいる 凄く嬉しいです。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/03/22 08:54 | edit

NNの大特徴は一つ一つの文章に熱意を感じるんですよね。
そこが大好きです。あまり読んでいないですけど、それはちゃんと伝わっております。独特の文体と願いが込められているのが良いですね。

URL | LandM #-
2014/03/23 19:36 | edit

LandMさん へ

 こんばんは。
NN って 実は書き始めたのは三年ほど前で 此のブログを立ち上げる前から書いているモノなのですよね。
中学一年程度で書き始めて 卒業までには終わらしたかったのですが 終わらなかった…
其れでも ピリオドを打ちたいために 足掻いている作品なのですよ。
うん 自分の書きたい物がごった煮的に入っている作品ですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/03/23 20:59 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/932-ac7ecfa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)