FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

美しい世界 美しい時代 母の思いを歩む頃  

P4030130.jpg


尋青年 遂に父と直接対決です。
此のシリーズも 後 二回で終わりかなぁ。

興味のある方は 下記からどうぞ。


    美しい世界 美しい時代 母の思いを歩む頃

 … 一か月後に 父との約束の時がくる。

オレが此の時の為にアメリカから持ち込んだ たった一つの箱を取りだす。
きらびやかに飾り立てられ 華やかに結ばれたリボンを解き…

 … きっと 喜んでくれるはず と 
少女の様に 無邪気な微笑を浮かべた母の面影が 眼球の奥底に焼き付いている。

二個のグローブと一つのボール 母の夢 母の… 破れた夢 母の願い。
父とキャッチボールをする事が 大好きな小さな子供のオレの為に 母が毎年毎年 贈り続けたクリスマスプレゼント。

オレは… 自分が 妙に感傷的である事 自嘲的に口の端を 思わずゆがめてしまった。


見晴らしのいい公園には 既に盛りを過ぎた桜が散り急ぐ。
ソメイヨシノ 同じ遺伝子を持つクローンの植物 同じ弱さを持つ植物たち。
地面は熱を帯び すえた様な 爛れ腐っていくかのような… 桜が喰らう魂が発しているのだろうか。 

父は 約束通り 一人で表れた。
オレは無言で グローグを投げ渡し 無言でボールを投げる。
今更 母の日常 母の最期を語りたいとは思えない 唯 尋ねる 何故と。


 今でも 罪の意識に苛まれている。と 父は口重く 言葉を発した。

 一緒にアメリカに来て欲しいと アメリカで一緒に新しい生活を始めて欲しいと懇願された時
 決断できなかった。

 ズルズルと 
 お前の母とお前を捨てる事も 日本を捨てる事も 何方も出来なくて…
 何も決断が出来なくて…
 全ては 時間切れとなり このような結果となってしまった 優柔不断でしかなかったと…
 愛していた。

オレは 笑うしかなかった。

オレは 父がはっきりとした意志を持って 非情に母とオレを捨て 日本人である事を選んだのであれば
オレは父に感謝できると思っていた。
父の強い意志に感謝できると… 
貴方の強い意志を刻んだ遺伝子を オレに与えてくれて 嬉しいと言えると思っていた。

父は 愛してると言った。
オレが父から受け取ったのは 弱く優しい意志だけで 
父の 母とオレへの態度は 恰も オレの… 母を傷つけたくないと 夢の住民として生きる母を 其の儘に
治療を捨て置いた オレの様で…

笑うしかなかった 感謝はしない だが 理解できると 許せると感じた。

母の弱い遺伝子と 父の弱い遺伝子… 其れを受け取ったのが オレだった。

オレは 遺伝子を尋ねた。


スポンサーサイト



category: 美しい世界 美しい時代

tb: 0   cm: 9

コメント

こんばんはー。
とても私には書けない尋青年の心情が、少し胸が痛みました。
きっと、お父さんの「済まないね」っていう言葉は、本当に心からの「詫び」
だったと思います。
若い時のお父さんの気持ち的には、そうするしかなかったとしてもね。

でも、まだ若くて青い尋青年には、お父さんの気持ちを汲み取る「広さ」が
持てなかった?のかな・・なんて。

でも、もっと年齢が行ったら、お父さんの気持ちも解ると思うのよ。
結局、お父さんも自分も同じような葛藤をしてるのかな・・なんてね。
  ↑
ウーム・・・。お若くてね、洞察力のあるウゾさんの「結末」とはかなり
ずれるかもしれないけど・・ね。

URL | ペチュニア #-
2014/03/26 21:27 | edit

ペチュニアさん へ

 こんばんは。
うん 尋青年は 父の弱さの中に 自分が重なって見えてしまうのですよね。
母を愛していて でも 日本を捨てる事も出来なくて 何方も捨てる事が出来ない 父の優柔不断さが 母を夢の中の住民として 治療を躊躇っていた自分と重なる。

出来れば 父には きっぱりと 日本を愛していたから お前たちを捨てたと 強い意志で選択したと言われたかった。
そうであったならば 自分にも 強い意志を 強い意志を刻んだ遺伝子を父から受け継いだと 思えて 感謝できると考えていたのですよね。

でも 父の弱さに 自分の弱さが重なって 同じ遺伝子を見てしまう。

うん 後 二回程度で終わります。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/03/26 21:45 | edit

なるほどなぁ

親子葛藤の中で、ずっと自分より強くて大きくて、強大な敵のように思えていた親が、実は自分と同じように、やっぱり弱くて何もできないただの一人の人だと思ったとき、子どもは納得するのか、がっかりするのか、というのがありますよね。どちらか一方ということはないのじゃないか、と思ったりします。
私は、十代の頃、30代や40代の人はすごいのだと思っていましたが、自分がそういう歳になってくると、なんだ、大したことね~なぁ、と思います。それは半分安心でもあり、半分がっかりでもあり、そして、まだこれからだと思えるさらに未来への期待でもありますね……いくつになっても、どんな人でも、実は大したことないのかも。いい意味でも、悪い意味でも。
尋くんも、過度な期待をせず、諦めるのでもなく、また別の形で何かが見えてきたらいいですね。
親子にしても、ひとりの人の子どもから老人までの時間にしても、「巡るもの」なのですねぇ。

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2014/03/26 22:36 | edit

大海彩洋さん へ

 こんばんは。
尋青年にとっては 母と自分を捨てて 母を不幸にした元凶のような存在と思っていた父が 自分と同じような 弱さを持っていて…
其の弱さは 愛しているが故だと 自分と同じために いやでも理解してしまう。
また 自分と父が重なって見えるが為に 父の愛していると言う言葉が 嘘ではなく誠実な言葉だと理解してしまう…

此の時… 父は大人を演じるべきだったのか… でも 其れもできなくて 自身を晒してしまう。

後 二回で終わる予定です。
尋君は遺伝子から 解き放たれるのか どのような選択をするのかですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/03/27 18:32 | edit

23:00に拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
うん 花が散って 地面一面白っぽくなっていた。
こちらも 昨日は雨だったよ 今日は 昼頃から晴れてきて 暖かい一日だったよ。
桜が かなり咲いてきたよ。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/03/27 18:36 | edit

お父さんに、しっかりとした意思があったら、許すことが出来るという子持ち、よくわかります。
大人の男としての決断があったのなら、同じ男として認めてあげられたのにね。
でも、そんな弱さを許すことが出来た時、また尋君は大人に近づくんでしょう。
許すことって、恨むことよりも大変な作業ですもんね。

父親と息子の関係って、複雑なんでしょうね。
やっぱり父親には偉大であってほしいと願うものでしょうから。そのうえで、超えたいと・・・。
尋君の旅が、どこで終わるのか、はたまた続くのか、楽しみにしています。

URL | lime #GCA3nAmE
2014/03/27 18:56 | edit

・・・。
・・・・。
・・・・・。
時間切れも一つの選択肢なんですけどね。
穏やかなる終焉を望むという答えも一つの答えなんですよね。
それも一興。・・という性格には私はなれそうもないのであれなのですが。

URL | LandM #-
2014/03/27 19:45 | edit

limeさん へ

 おはよう御座います。
そうですねーーー 父が強固な意志によって 母を捨てたのであれば 其の強さ その強い意志を刻んだ遺伝子を受け継ぐことに感謝できる。
でも 実際の父は弱くて…
其の弱さが 母の治療を拒んで優柔不断で そして 母を銃社会の犠牲としてしまい なすすべもなく失ってしまった 自分の弱さと重なる。
父の弱さは 痛いほど理解できる 父の愛していると言う言葉が嘘で無い事も 理解できる。
だから 感謝はしないが 許せると感じる訳ですね。

後 二回です。
此の尋青年の話だけでも 終わらせてから 次ぎに取り掛かりたいのですよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/03/28 07:45 | edit

LandMさん へ

 おはよう御座います。
そうですねーーー 敢えて 時間切れを待ったのであれば 其れも 一つの選択なのですが
此の人物は 結局何も選べなかった 優柔不断さゆえの時間切れですからね。
単に 優しくて弱い人物なのですよねーー

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/03/28 07:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/934-7b208752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)